禍羽根の王 〜序列0位の超級魔法士は、優雅なる潜入調査の日々を楽しむ〜

supico

襲撃と離反者①



 外は、思った以上に様子を伺う住人で溢れていた。

「やっぱり南の巣窟だ……っ!」
「……最近、『聖遺物』を闇ルートに流してるって噂の……」
「この前の襲撃も、ゴロツキ共が寝ぐらにしていた、藁葺きの小屋だったよな……?」
「もひとつ前だって似たようなもんさ。バチが当たったんだわ……」
「そんなこと言ったって、こっちにも被害が出てるじゃないかっ!」
「おーい、女子供は早めに逃せよー!」

 皆、逃げるための準備はしているが、いつどこへ逃げるのか、タイミングを図りかねているのだろう。ノクスロスの動き次第という、不動的な対応が必要だから仕方ない。

 誰もが不安げに見つめる道の先では、白い砂煙が立ち上り、大きく崩れている建物が何箇所か見える。人の叫び声も遠くに聞こえ、その場所がノクスロスの発生地点なのだろうと容易に想像できた。

「すぐそこまで来てるぞ……」

 顔を引き締めて、騒ぎの中心へと目を向ける魔法士の2人。さすがに戦いの場を前にして、フザけた言動はしないようだ。

 一方、同じように現場を見つめる累の双眸は、異形の暴れる様を鮮やかに捉えていた。
 目を凝らしたり、近付いたりするまでもない。
 累の中の魔力が、大きな獲物を見逃すはずがないのだから。

 美味しそうに育ったノクスロスに、魔力が鼓動を打つように、その力を昂らせ始める。

「おい、見習い。どうとでも勝手にすればいいが……戦闘時の原則は、覚えているな」
「自分の身は自分で守る、ですよね。大丈夫です」

 平静なまま言葉を返すと、もう片方の魔法士が小さく鼻を鳴らした。

「ふん、勝手にしろよ……おら、行くぞっ!」
「お、おい、魔法士様、俺たちは……」
「お前ら地元民は逃げとけよ。ここから先は、魔法士の領分だからな」

 そう言って威丈高に手を払い、グレド達を下がらせると、軽く腕を鳴らしながら走り出す2人。

 心配そうにこちらを見るグレドに頷き、累も続く。

 先陣を切って走るこの2人が、本当にこのノクスロスを殲滅できるなら良いが、万一の場合には自分が出るつもりだった。
 このタイミングで現れたということは、紺碧師団が手を焼いているノクスロスの可能性が高い。願っても無い好機だ。

 人の流れに逆らって駆けていく3人。

 気ままに暴れるノクスロスの気配が、近くなるほどに濃くなってゆく。

 身体から溢れる魔力が、空気中に漂う微細なノクスロスを捕食し、その力を増幅させていくのがわかった。

 これだけ走っているのに、足も軽く、息も全く乱れない。
 穢れに満ちたこの空間が、累に過剰なまでの生気を運んで来てくれているのだ。

 気味の悪い黒い霧が漂う場所で、炯炯と双眸を光らせる累。
 滑らかな白磁の肌は、まるで血が通っていないかのように無機質にも見えるのに、唇だけは、紅をはいたような血色。

 さっきまでの、酔った地元民に絡まれる大人しい学生、という印象なんて、完全に払拭されている。
 魔性、という言葉に誰かを当てはめるならば、今の累は完全にそれだった。もしも2人の魔法士が今、真正面から累と対峙したならば、その異質な存在感に息を飲んだことだろう。

 しかし幸いにも、2人の意識は、見え始めたノクスロスの断片に向けられていた。

「いたぞっ、アレだ!」
「くそ、1人喰ってるな……!」

 黒い霧が濃く立ち込める現場に着くと、その中心に、一際真っ黒な塊が蠢いていた。

 一見して、4足歩行の獣とは異なっている。
 しかし、2足歩行の影というには、異様な形状であることは間違いなかった。

 元は建物があったであろう瓦礫の中で、明確な輪郭を持たない黒い霧が、足元の何かに夢中になっている。

 色の褪せた木材に滴る、赤い液体。
 その流れを辿る先に、脱げた靴が見えた。

 いや、靴じゃない。
 誰かの足だ。

 足、だったのだ。

 靴の中に、足首が見えている。
 ただし、そこから先は何もない。

 切断された、誰かの足なのだ。

「お前はそっちからアレの動きを止めておいてくれ。俺が斬る」
「オーケー、最後の掃討は任せろ」

 よく使う戦法があるのか、簡単な言葉だけで動き出した2人。
 懐から、特殊な形状をしたナイフを取り出しながら、左右に広がるように展開していく。
 ノクスロスの両側からアプローチを仕掛けるらしい。

 ガタリガタリと、瓦礫を踏む足音と、何かを食むような咀嚼音だけが聞こえる、緊迫した空気。
 住人全員の避難が済んでいるのか、累たち3人以外の、生きている人間の気配はない。

 魔法士2人が、口の中だけで呪文を唱え始めた。

 緩やかな旋律が風に乗り、微かな燐光がその手に現れる。

 ナイフを構えた1人が、燐光を纏った指先でナイフをなぞり、その魔力を刃にのせた。

 ——そして。

「……っおい!? 消えたぞ!?」

 3人の目の前で、突如ノクスロスが形を崩したのだ。

 黒い砂の城が、ぐしゃりと潰れるように瓦解したかと思えば、溶けるように色を失くしていく。

「嘘だろ? まさか、これだけで消えるなんてことは……」
「探せ! 油断するなよっ!」

 姿を消した対象。
 どこから狙われるのかわからない焦燥に、360度視線を巡らせながら警戒を強める2人。

 しかし面食らったのは累も同じだった。

 ——これが、消失するノクスロスか。

 昂ぶる身の内の魔力が、獲物を失って行き場をなくしている。

 冷静に周囲を確認するが、残滓が霧散していくだけで、本体の気配はもうどこにもない。

 出現から消失まで、限りなく短かった。
 まるで理性があるかのように、狙った獲物を捕食した後は、次の機会まで息を潜めるとでもいうのだろうか。

 手強いわけだ……。

 これから魔法士部隊が到着したところで、襲撃の残骸が確認できるだけ。なんの意味もないだろう。

 つめていた息を吐き、額にかかった髪を直す。

 黒い霧が消えた後には、無残に転がされた人の姿だけが残った。
 四肢は不全で、どう考えても手遅れだ。ノクスロスに喰い散らかされた最期は、獣に襲われたそれと似ている。

 周囲に飛び散る血と肉片が、凄まじい惨状を物語っていた。

「……本当に、消えたのか……?」

 累の緩んだ空気に触発されたように、魔法士2人も警戒を解き、怪訝そうに顔を見合わせた。
 そして同じように周囲を見渡す累を見る。

「おい見習い。念のために聞くが……お前も消えたと思うか?」
「……消えましたね」
「おいおい、見習いに聞いてどーすんだよ、お前」
「念のためっつったろ。魔法の適正は色々あるんだし」

 すっかり雑談モードに戻った2人。
 手に持っていたナイフを小さく振り、燐光の消えたそれを懐へとしまう。

「消えたんだから、それでいいだろ? 報酬もらってさっさとトンズラだな」
「ま、そうだな。楽に稼げてラッキーってとこか……」

 脱力し、笑いながら踵を返す2人。

「おい見習い、お前も運がいいなぁ。マジの戦闘になってたら、どうするつもりだったんだ?」
「ははっ、ほんとたぜ。実地訓練と違って、フォローしてくれる師団員なんていねぇからなぁ」
「……本当ですね。面倒はおかけしないように…………って、何をしているんですか……?」

「禍羽根の王 〜序列0位の超級魔法士は、優雅なる潜入調査の日々を楽しむ〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く