話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

禍羽根の王 〜序列0位の超級魔法士は、優雅なる潜入調査の日々を楽しむ〜

supico

とある教会の話③



 ——何が起こったのか、確認するまでもなかった。



 視界いっぱいに広がる、どこまでも漆黒の霧……。

「ノ、ノクスロス……!?」

 シャオリンの震える声が聞こえたが、何も見えない。
 視界が真っ黒に塗り潰され、金縛りにあったように身動きができなかった。

「シスター! シスター!!」

 動揺するシャオリンを早く遠くへ避難させてあげたいのに、声すら出せずに焦るばかりだ。
 動かない身体は、先ほどまでの熱さが嘘のように、芯まで冷えていた。
 ……熱い、何かのエネルギーが、流れ出た後かのように。

 ぞわり、とした。

 何が、流れ出たのだろう。

 視界には、黒しかない。

 ——早く、逃げてっ!

 心の中で叫ぶ。

 この黒い霧が、異形になってしまう前に。

「いゃぁぁあああっ! 誰かっ! 誰か……シスターが……っ…………!」

 暗黒が急速に収束し、薄靄の中で大きな牙が見えた。

 瞬間、風が吹いたように目の前が一掃され、輪郭の曖昧な獣が、ただ口だけを大きく開けて、立ち竦むシャオリンに喰らいつくのが見えた。

 ぐしゃり、と。

 鋭い牙が、華奢な彼女の身体を深く穿つ。

「っあぁぁああああっシャオリン……っ!!!」

 唐突に、声が出る。

 が、遅い。

 彼女の身体から迸る鮮血が、長い年月をかけて磨かれた廊下を、しとどに染めていく。
 だらりと力の抜けた身体が、黒い獣の牙だけを軸に、ぶらぶらと揺れた。

「————————っ!」

 慟哭に、言葉が出ない。

 愛らしい彼女の顔は真っ白に色を無くし、代わりに真紅の飛沫が頬を伝った。ぼんやりと焦点を失った双眸は、力なく瞼の奥に消える。

 ずずず、と、獣の姿を借りたノクスロスが、シャオリンの命を啜るように、赤く流れ続ける液体を吞み下した。

「ひぃ……っ…………」

 凄惨な光景に、胸が鉛のように重く冷たい。

 だというのに、身体がまた熱いのだ。

 未だに黒い霧が纏わりつく下肢から伝わってくる熱が、冷えたアミナの身体を温めていた。そしてそれは非常に心地よく、この状況で感じることが不謹慎なほどに、充足感を与えるものだった。

 これは一体なんなのだ。

 ゾクゾクと這い上がってくる暖かさが、アミナの身体を満たしていく。
 力が漲ってくるような、例え様のない愉悦に、病み付きになりそうな怖さを感じた。

 視線の先の少女の身体は、もう鮮血が溢れる勢いもなくなっている。それを喰らいつくさんとばかりに、黒い獣が何度も何度も、柔肌に牙を立てていた。

 ——その度に。

 獣の牙が少女を穿つ度に、纏わりつく黒い霧が熱く鼓動する。
 そしてアミナに流れ込んでくる、快感。

 頭の芯がボォっとしてきて、何も考えられなくなってくる。
 恍惚の中で、ただただその場に立ち尽くした。

 ぴちゃり、ぴちゃりと、生々しい音だけが響く教会……。

 と。

「……シスター・アミナ?」

 裏口に繋がる扉から、幼い少女の声がした。教会の養い子の一人だ。
 普段より遅いアミナを心配して探しにきたのだろう、不安そうな声音でそろそろと歩いてくるのがわかった。

 ——ぁぁああ……っ!
 何で、何で裏口の鍵を閉めておかなかったのだろう……!

 先に施錠しておけば、せめて、せめてこの子だけは巻き込まないで済んだのに。

「……まだ祭壇にいるの……?」

 ——来ないでっ!!

 心の中の叫びは声にならず、小さな足音が祭壇へ繋がる廊下を踏み締めた。

 寝間着姿の幼子が、こちらを向いて硬直する。

 黒い霧が、二人目の獲物を見つけ、嬉々として牙を剥いた。

 恐怖に目を見開く養い子。

 覆いかぶさるように少女へ迫る黒い霧を、それ以上見ることが出来ず、ぎゅっと瞳を閉じた——。

「…………っ!」

 しかし。

「……………………?」

 いつまで経っても、衝撃音は聞こえなかった。

「——っぶなー……」

 代わりに聞こえたのは、見知らぬ若い男の声。
 幾分呑気な、この惨状にはあまりに場違いなものだった。


「禍羽根の王 〜序列0位の超級魔法士は、優雅なる潜入調査の日々を楽しむ〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く