異世界生活研修所~ワルキューレ嫁と英雄譚~

まきノ助

69 エリナの悩み

 エリナは悩んでいた。

「どうして私はこうなったの?」

 確かにチートなスキルを持ってるけど、お兄ちゃんみたいにヤラカシテ無いよね。
 学校が休みのときに異世界に来て、ルミちゃん(スクルド)とコスとポーズを決めてただけなのに。
 少女にされて、魔法学院に通って、大人しく平民の振りをしないといけないなんて。
(エリナは自らアルフヘイムを訪れ、自分から【イズンの林檎】を食べている)

 ロッテちゃん(シャルロッテ)は皆から注目されてるけど。私の方が魔力が高いのに、【認識阻害】のお陰で誰も私に注目してくれないし、覚えてくれないし。

 は~っ、コミケに参加したいな~。
 衣装はいっぱいあるけど。大人サイズで着れないしな~。
 暇だから、とりあえず少女サイズに、お直しするかな~。
 目立っちゃいけないって、辛いな~。
 授業も実習以外はつまらないしな~。
 学院に通ってる平凡な女生徒か~。

 ……プチキュン(魔法少女アニメ)みたいに活躍したら楽しいだろうな~。
 年齢もちょうどアニメと同じぐらいなんだけど~。
 はっ、顔バレしないようにコスプレすれば……。
 えへへへへ。

「エリナちゃん?」
 隣の席のユキ(ブリュンヒルデ)が声を掛けた。
「お姉ちゃんとお兄ちゃんの分も作っとくね~」

「何を?」
「プチキュンのコスチューム」
「まぁ」




 エリナは学院の授業が終わると、トイレからフォレブ草原の研修所に【転移】した。
 エリナは地下の創作部屋でプチキュンのコスチュームをお直しする。


 シュイーーーンッ!

「おっ、ちびっ子。コミケの衣装か?」
 転移してきたヤマちゃん(オーディン)が声を掛けてきた。

「本当のちびっ子になっちゃったんで、年齢制限でコミケに出れませ~ん!」
「うんっ! サークル参加以外は大丈夫じゃぞ。 コスプレも参加出来るはずじゃ」
「そうなの~? じゃあ、【転移】して参加してもいいんですか~?」
「勿論じゃ。もう罰を受けたのだから、何でも自由にするが良い」

「え~、平民として大人しくしてなくてもいいの~?」
「はははっ、その姿じゃ誰だか分からんじゃろう。ゼロからのスタートだと思えば良いのじゃ。ワシだってラグナロク後に、好き勝手しておるぞ」
「なんだ~、いいんだ~」

「ふむ、一応ワシの様に顔を変えるとか、隠すとかした方が良いかもな。又、貴族にされても困るじゃろう。
ユウリとユキも赤の他人として活動して、貴族に取り立てられぬ様にすれば構わぬ。ゼロから始める異世界生活じゃ」

「それじゃあ、プチキュンになって、『チートでわたしツエ~』って言ってもいいの~?」
「オッケーじゃあ。ただし、人族の支配者層に取り込まれない様にするのじゃぞ」
「は~い。
 それと~、今度のコミケでコスプレする時は、保護者になってくださ~い」
「分かった、それもオッケーじゃあ。一緒に【異世界転移】しようぞい」
「ヤマちゃん、大好き~。チュッ!」
 エリナはヤマちゃんのホッペにキスをした。





「と言う事だから、お兄ちゃん」
「俺達は子供の事が心配だから、当分は今のままでいいよ」

「そうなの~。でも衣装を作ったから、インベントリーに収納しておいてね」
「うん、ありがとう」

「お姉ちゃんもね~。子供のピンチの時は、変身して助けて上げれるでしょう」
「そうですね、ありがとう」

 そこは、ノルマンド公爵邸の私室でお兄ちゃん家族が揃ってる。

「カール、ロッテ。貴方達のコスチュームも作ったからインベントリーに入れて置きなさい。人並み以上の力を使う時は、変身しなさいね」

「おば様、インベントリーって?」
「ロッテ! おば様って呼ばないでっ!」
「あっ、ご免なさい。異世界一綺麗なエリナお姉様」
「まぁ、お上手ね。うふふ、お世辞でも嬉しいわ。……インベントリーは無限収納箱の事よ。二人供持ってるわ」

「お姉様は私達のステータスを見れるのですね?」
「そうよ、自分や相手のレベルとスキルにも拠りますが【鑑定】スキルで見る事が出来るのよ。自分自身を【鑑定】してごらんなさい」

「自分を【鑑定】」


シャルロッテ・ノルマンド
Lv2
職業 魔法学院生徒
種族 人間
HP100 MP100

[パッシブスキル]
ステータスウインドウ
レーダーマップ
インベントリーボックス
物理耐性 魔力耐性
状態異常耐性
体力回復 魔力回復
状態回復
詠唱省略 魔法遅延省略
魔力消費減 経験値倍
成長速度倍 限定解除
気配感知 危険察知

[スキル]
鑑定Lv1
生活魔法Lv2

光魔法Lv1 火魔法Lv2
水魔法Lv1 風魔法Lv1
土魔法Lv1
空間魔法Lv1 時空魔法Lv1

剣術Lv2 弓術Lv2
盾術Lv2



「入学したばかりなのに、沢山のスキルがあります。[パッシブスキル]って、なんでしょう?」
「[パッシブスキル]は、常時発動してるスキルね」

「ステータスウインドウ? あっ、鑑定しなくても、大きな表示が見えますわ」

「どれどれ、うん。お兄ちゃんと同じパッシブスキルね。私とも一緒、はっきり言ってチートね」

「チート?」
「人間離れしてるって事。……ユキお姉様、『異能の力』は見えないけど?」
「『異能の力』は人智を超える力なので、無いほうがいいのです」

「『幻麗流、紅一閃』も表示されてませんわ」
「それは、私のステータスにもありませんね」

「ふ~ん、表示されない物もあるんだ~」
「そうですね」



「ロッテ、変身する時は、今着てる服を収納して、同時にコスチュームを装着するのです。出来れば、決めゼリフを発して、ポーズを決めるのよ」
「……難しそうですね」

「私が見せて上げるから、よ~く観察するのよ」
「はい……」

「ちょっと待った~!」
 部屋の壁際の空間が裂ける。

 バリバリバリッ!

 ルミナ(スクルド)が空間をこじ開けて現われた。

「エリちゃん、変身する時は私も一緒よ」
「ロッテに見せるだけだから。……でもコミケの練習になるから、一緒にやろ~ね」
「それじゃあ、イクヨ~」


 エリナとルミナは壁際に並んで、コッチを向いた。

「「ダブル・クレセント・ライトニング!」」

 眩しい光が二人の後ろか溢れ広がり、光が二人を包み見えなくなる。
 そして、変身したフェアリークレストが現われた。

「月の天使!クレストオレンジ!」

「月の天使!クレストピンク!」

「「ふたりはフェアリークレスト!」」

「「闇の力の魔物たちよ!」」

「「さっさとお宅に帰りなさい!」」


「ルミナ・キラリン・フォーリンスター!」

 ルミナが更に変身する。

「光る命!キラリンルミナ!」
「天使の心と月の意志、ミンナをひとつにするために!」


「まぁ素敵。お姉様達、美しくて綺麗でカッコいいですぅ」
 シャルロッテは初めて見る変身シーンに感動して、目がウルウルしてる。

「ルミちゃん、キラリンルミナのポーズを練習したんだ~」
「そうよ、エリちゃんがコミケに参加するって、オーディン様に聞いたから練習してたの」
「ふわふわのツインテールが可愛いね」
「うふふ、ありがとう」

「分かったかしら。後ろから【フラッシュ】と【ライト】の魔法を照らすのがコツね」
「はい」

「あとは、コスチュームを出す時に、直接体に装着する事ね」
「はい。やってみていいですか?」
「バンバン、やっていいよ~。私と一緒にやろうね~」
「はい」


 シャルロッテとエリナは壁際に並んで、コッチを向いた。

「「ダブル・クレセント・ライトニング!」」

 眩しい光が二人の後ろか溢れ広がり、光が二人を包み見えなくなる。
 そして、変身したフェアリークレストが現われた。

「月の天使!クレストオレンジ!」

「月の天使!クレストピンク!」

「「ふたりはフェアリークレスト!」」

「「闇の力の魔物たちよ!」」

「「さっさとお宅に帰りなさい!」」


「キャッ、キャッ、キャッ、楽し~い。上手くできたかしら」
「ジョウズジョウズ! 楽しいでしょう、テンション上がるでしょう」
「はい、とっても」

「じゃあ、ロッテも夏コミに一緒に出る~?」
「エリちゃん、ちょっと待って下さい」
 今迄黙って見てたユキが口を挟んだ。

「ユキお姉様、夏休みだから日本に行ってもいいでしょう?」
 エリナが聞く。
「娘のコスプレはダメなのかしら?」
 ルミナが聞く。

「いいえ、私も練習したいです。教えて下さい」

 ブウウウゥゥゥッ!

 ユウリが紅茶を吹き出した。

「いいの~!」
「あら、コスチュームを貰ったんだから、変身を練習しませんと。貴方もね」

「「ワタシタチモ~?」」
 シャルロッテの妹達二人も真似したいらしい。

「そうね。 エリちゃん、この子達にも衣装を作って下さいね」
「は~い。じゃあプチキュンオールスターみたいにしようね~」

「異世界生活研修所~ワルキューレ嫁と英雄譚~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く