花飾らない恋

ノベルバユーザー312049

舞台は高校

この世界に住む人類には、能力が備わっている、その能力は人によって変わっていて、性別や出身などの能力の規則性はない。この能力のことを発見したのが日本の「八咫やた珠花たまか」博士だ、世界中にあるこの能力だが発見が日本の博士だったため、能力の名前は博士の名前から取られて呼ばれている。


先生「この能力の名前を、えーそしたら、七星ななせ、起きてるか」

少年は眠っている、授業中に、気持ちよさそうに


先生「七星、おい、七星!!」

海「っ、はい!」

先生「お前聞いてなかったろ」

海「いえ、聞いてました!!」

先生「おう、じゃあ答えてみろ」

海「え、と、「花」です」

先生「お、おう、正解だ」

 おー、と、クラスに小さい歓声が起こる、

先生「あー静かに、これは一般常識だぞ、テストにも出るし、みんなも覚えておくように」

先生はみんなに注意する、だけど完全に寝てたのに答えられるなんて普通は出来ない

珠璃「ねぇ海ちゃん、なんでわかったの」

海「わかんない、なんか、わかった」

 そう、この世界には「花」と呼ばれる能力が存在する、彼の能力は「嘘無き」、嘘をなかったことにする能力だが、強い能力ほど制約がある、能力は人を選ぶが人は能力を選べない、能力の強さは使用者に依存し、上手く扱える者もいれば、能力についていけない者もいる、この話はいい人と言われる少年の話。

「花飾らない恋」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く