讐志~SHUSHI~

橘 木幡(たちばなの こはた)

序章 一人の死と、1人の心の死。

ザーーーーーーーーー
まだ残暑が残る9月を冷ますかのように雨は勢いよく降っていた。
本来、雨が降れば傘を差すのが当たり前だが
2人は違う。
2人のうちの一人は冷まされた道路と同じように、冷たくなり、
もう1人は横たわる彼女をずっと見つめていた。街灯はそんな悲劇を照らさぬようチカチカと点滅をする。
たっている男は
近上 紀陸(このうえ きりく)。
そして紀陸は心の中で聞いたことも無い
何かが壊れる音がしているの聞いた。
その何かが壊れるのと同じように紀陸は
崩れさるように膝をつき、ただ無表情で見つめていた。
「おい...起きろよ。」
しかし、冷たくなった彼女
笹木 美佳(ささき みか)は起きることは当然なかった。
白いはずの制服の腹部は彼女の血で真っ赤に染まっていくばかりであった。
雨は次第に強くなりこれでもかというくらい
2人を冷やしていくのであった。

「讐志~SHUSHI~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く