龍神の子と人の子の恋 男サイド

DDRR・DDDD・SSS・U

第一話 出会いと始まり

説明文(あらすじと同じ)
 ここは、“魔神学園(ましんがくえん)”魔の者 神の者 人の者 様々な種族が混在している。その中でも最も数が少ないのが“龍神”である。これは、その龍神の少年と人間の少女の恋の物語である。
プロローグ(第一話)
 俺の名は、リュウキ 龍神である。親は、明るく元気な子って意味でつけたみたいだけど… 俺は、龍の騎士みたいな安直な名前だと思ってる。まぁ名前の意味なんてどうでもいい。今日は、人間の転校生が来るらしい。正直言って、人間に興味ない。が、今回の転校生は、かわいい女子らしいから、どんな奴か気になる。
(チャイムが鳴る)
先生が入って来た。先生は、少し話しをした後 転校生がいると言った。先生が転校生を呼び、転校生が入って来た。転校生が軽く自己紹介した。
「私は、ハルカと言います。よろしくお願いします。」
以外とかわいい見た目と声してんなぁ。
「ハルカさんの席は、4号車の1番後ろの席だね」と先生が言った。
席は、男女ペアで並んでいる。4号車の1番後ろと言うと俺の隣りである。転校生が隣りに座った。
「私 ハルカ よろしくね。貴方の名前は?」
「あぁ よろしく 俺は、リュウキだ。」
「リュウキって言うんだ いい名前だね。」
「おう ありがと」
ん?名前褒められたの 初めてだな…。
「LHRは、転校生と親交を深める時間にするから、よろしなぁ。」と言って先生は、教室から出て行った。
俺は、めんどくさいと思ったから寝た。
LHRがどうなったかは、知らない。

 起きたら休み時間になる少し前だった。
「ねぇリュウキ君、学校の案内してくれない?」と隣りに座っているハルカさん?に言われた俺は、眠い中「いいよ。あと呼び捨てでいいよ。」と答えた。そしたら「私も ハルカ でいいよ。」と言われた。俺は「わかった」と返した。
(チャイムが鳴る)
休み時間になり俺は、ハルカに学校のあちこちを3回に分けて案内した。

 案内が終わり授業が終わって俺は、お昼を食べようと思い、いつも通り屋上に向かった。そしたらハルカがついてきて「お昼 一緒に食べよう?」と言ったので「いいよ」と返した。お昼を食べててて気になった事があるから聞いてみた。「なんで俺と一緒にいるの?」そしたら「隣りの席の人?だし、リュウキが私の気になってる種族かもしれないから」と返ってきた。「気になってる種族って何」と聞いたら「龍神だよ」と言われて噎せた。そしたら質問された「リュウキって龍神なの?」と だから素直に「そうだ」と返したら「リュウキって彼女いるの?」と聞かれたから「いない そっちは?」と言って返したら、ハルカは、顔を赤らめて「いないよ」と返してきたから「そうか」と返した。どうして龍神が気になったのかとかそういうのは、聞かないでおいてあげようと思った。

そして時は、進み下校時間 家に帰ろうとしたら、先生が「リュウキ 今日からハルカと一緒に住んでもらう事になる」と耳元で言ってきた。俺は、驚いて「ゑっ!」と大声で言ってしまった。そしたら先生が「お前 規約読んだろ 席のペアと一緒に住む事になるって」と言ってきて 俺は、規約を思い出していた。そして思い出して俺は「わかりました」と返した。そしたら「リュウキ待ってぇ!」とハルカが言ってきた。そして俺は、部屋片してない部屋片してない部屋片してない部屋片してない部屋片してない部屋片してない部屋片してないとずーっと考えながら帰っていたがよく良く考えれば業者の人も用のある部屋しか入らないよなと思い帰ってきた。
 俺は、家に入り手洗いうがいをして部屋で着替え晩飯の作り始めた。キャベツにんじんピーマンもやしで野菜炒め 卵で卵焼き 豆腐ワカメ味噌お湯でみそ汁 あと米だな。多いかなぁ…いや余ってもいくつかは、保存して明日食べればいいか。よし野菜炒め 卵焼き完成 みそ汁は、弱火でじっくりと あとは、米が出来るまでに洗い物を済ませてっと。そうだ 明日からは、ハルカの要望も聞いて作ろう。(ピピーッピピーッと炊飯器がなった。)おっ いいタイミングで米も出来た。
「あっハルカの箸とお椀とお茶碗がないなぁ…」と口に出してしまった。まぁ俺の予備でいいかな?「ハルカー!ご飯出来たぞー!」と言ってハルカを呼んだら、ハルカが階段を駆け下りて来て「ホント?!」と言ってきたから「嘘言ってなんになるんだよ」と返した。こたつになるテーブルに向かい合うように座って「いただきます」と言ったら声が重なった。ハルカは、箸とお椀とお茶碗が気になったのか聞いてきた「この箸とお椀とお茶碗 どうしたの?」と だから「ハルカの無いから、俺の予備」と返した。そしたらハルカは、顔を少し赤らめて黙々とご飯を食べた。俺は、食器などを片して風呂に入ろうとしたら「リュウキ…一緒に入らない?」とハルカに言われて俺は「何があっても俺は、責任を取らないそれでもいいならいいぞ」と返した。ハルカは「わかった」と返してきた。俺が入ったのを確認して入ろうとしてたのでタオルを巻いたのか確認を含めて「タオル巻けよ」と言ったら巻いてなかったのか「ありがとう」と返してきた。そして少ししてから入って来た。俺は、思った事を聞いてみた「なぁハルカ なんで俺と一緒に風呂に入ろうと思ったんだ?」そしたら「リュウキの事が 好き だからかな?」と返ってきて俺の思考は、停止した。俺は、5分位 思考停止していたようだ。俺は、少し恥ずかしくなり ハルカを風呂場から追い出した。そして俺は、えっ どうしようどうしよう 会ってまだ半日位しか経ってないのに、好きって言われたんだけど。これは、異性として好きなのかそれとも種族として好きなのか どっちなんだ?そんな事を考えながら髪や体を洗って風呂から出て、服を着て自分の部屋に行き3分で部屋を片して寝る準備を始めた。寝る準備をしていたら「ねぇリュウキ 一緒に寝てくれない?」とハルカに聞かれたから「なんで?」と返したら「ベットが無いから」と返ってきたので「俺に襲われても、文句言うなよ」と言ったら「う、うん」と返ってきた。ベットに入ったら「おやすみ」とハルカに言われたので「あぁ おやすみ」と返した。ハルカは、すぐに寝てしたったが俺は、中々寝る事が出来ずにいた。寝言だろうが「リュウキ…大好き…」と聞こえるし俺は、壁を見て寝てるんだが…背中に何かすごく柔らかいものが当たってるし逃げようにもハルカの腕が俺を捕まえてて逃げられない…。そして俺は、諦めて寝た。

「龍神の子と人の子の恋 男サイド」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く