初級技能者の執行者~クラスメイトの皆はチート職業だが、俺は初期スキルのみで世界を救う!~

出無川 でむこ

プロローグ 荒れ狂う極寒の都市

現在、スノーガーデンでは数ヶ月前から奇妙な病が流行っていた。


その病は、何処からともなく傷ができる病気でき、傷が防ごうとしても、治る事はなく全身に血が流れ、変死体となって見つかる。


死ぬ直後に患者は口をそろえて言う。


―――――「遠吠えが聞こえる」


そんな中、近いうちに雪の国スノーガーデンの統治してる、王族のヴォルディ家の娘、スカラ=ヴォルディと東の国の王族のニルヴァフとの結婚式を挙げることになった。


傍から見たら、お似合いの二人だった。


しかし、彼女はその結婚を望まなかった、なぜなら既に恋している人がいた。


その名はバルド、平民の男だった。


そんな中、極寒の地に向う黒杉達と13課のフェレシア、アクレアと向かうのだが、彼らに待ち受けていたのは。


麗しき美女、迫りくる影、奇妙な病、荒れ狂う人々だった。


黒杉達はスノーガーデンの問題を解決できるのか?玄武王の媒体は手に入れることができるのか?



「ここで貴方達を殺す」

「ふん、どうやら招いていない客まで来てるようだな。」


「遠吠え?」


「例え仕組まれた結婚だとしても、私は彼女が好きには変わらないんだ。」


「麗しの花嫁の登場だ!!」


「ヨウイチさん!しっかりしてくさい!!」



「「ヨウイチ!!!」」







「俺は執行者だ」



※フェレシアについては11話の自己紹介に閲覧を推奨

「初級技能者の執行者~クラスメイトの皆はチート職業だが、俺は初期スキルのみで世界を救う!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く