初級技能者の執行者~クラスメイトの皆はチート職業だが、俺は初期スキルのみで世界を救う!~

出無川 でむこ

第30話 黒焔の禍剣 の話

黒杉がファフニーを仲間にしてた同時刻


広い部屋に、疾嘉とアイリスがいた。


「良い感じなの」


疾嘉は炎に包まれるアイリスを見つめていた。


その炎の中にアイリスは紅く煌めく鮮血の大剣を持っていた。
そう、アイリスが持っていたのは魔剣だった。
何故、アイリスが魔剣を持っているかというと。


疾嘉は力を与えたのだった。


いや、正式には疾嘉はアイリスの隠された力を見抜いたのだった。
それは、疾嘉が生まれ持った魔眼の力だった。


『鑑識の魔眼』


職業が決まった時点で覚えれられる技が確定されている。
しかし、世の中には自分で気づかないと覚えられないスキルもある。
アイリスもその一人だった。
それに気づかない者がこの世界に少なからずいる。


鑑識の魔眼は、膨大な魔力を消費する代わりに対象の潜在能力を調べることができる。
魔力が高い職業の大賢者である疾嘉だからこそ扱えるものだった。
疾嘉がいなければ、シルクの潜在能力は開花されなかったのだから。


そして、アイリスが開花されたのは、魔剣だった。
その魔剣の名は・・・。


『黒焔の禍剣』


それが魔剣の名前だった。
魔剣の凄まじい力を持っている、だが魔剣は人を選ぶのだ。
自分が相応しい、主人かどうかというのを、だがアイリスの魔剣はすんなり受け入れたのだった。
魔剣のきまぐれなのか、それともアイリス自身に何か隠されているのか。
それは疾嘉にも分からなかった。


だが、魔剣は真の力は開放はしていなかった。
その真の力を開放すべくして、疾嘉の指導の下で訓練をしているのだった。


アイリスは大剣を振る、鮮血の大剣は周りの炎によって刃が研ぎ澄まされたように先が光る
炎の中にいるのに、汗は一つも掻いていなかった。
それは、魔剣の効果だろうか、それとも元から炎に対しての適性が高かったのかもしれない。


「じゃあ、もう一度やってみるなの」


「はい」


アイリスは目を閉じ集中する、目を閉じれば何かが聞こえる
水滴の音だ、周りには炎が燃えているというのに、水滴の音が聞こえる。
私は水滴の音を辿る、水滴は赤い波紋を作っていた。
私は何処に向って歩いているのだろう?
アイリスが歩くと、足から赤い波紋が広がる。
同時に落ちる水滴にぶつかり合い、波紋は広がっていく。
私はその波紋を辿った、奥へ、さらに奥へと向かう。


しばらくして辿り着いた、アイリスの前には水滴が落ちていた。
私は上を向いた、そこには何かがいる、"黒い"何かがいるのだ。


「■■■■■■■■――――」


私はいつもここで失敗していた。
何故なら、"彼"の言葉を理解することができなかったのだ。
彼?何故、男だとわかるのか、姿も何も見えない巨大な"黒い者"


何故、見えないの?
なんで?


"黒い者"は訴えるように、手を伸ばす


そこで私は目覚めるた。
私に周りにあった炎は消えていた。
地面をみると、汗が沢山落ちていた。


「大丈夫?」


疾嘉は近づいて、アイリスに水を渡す。
アイリスはいつの間にか、喉が渇いていたのを気づく。
そのまま、水を飲んだ、冷たい水が身体中に冷たさが巡るように伝わる。


「生き返る・・・」


「それは良かったなの」


そういうと、疾嘉はアイリスの隣に座った。
疾嘉は難しい顔をしていた。
しばらくして、アイリスが落ち着いた所で話はじめる。


「また、失敗したなの」


「はい・・・」


その何気ない一言がアイリスに突き刺さる。
アイリスは落ち込んだ。
しかし、それも気にせずに疾嘉は話し続けた。


「アイリスさん、何か掴めましたか?」


私は疾嘉さんの回答を横に首振った。
その後、体育座りで塞ぎこむ。


「私はやはり才能はないのでしょうか?」


「えっ」


疾嘉さんは何言ってるんだコイツって顔してました。
すると、疾嘉さんが話をする。


「むしろ、才能の塊の人が何言ってるんですか?燃やしますよ?」


「し、疾嘉さん?」


疾嘉さんは怖い顔して、手の平から炎を出してきます。
待ってください、私は本当の事なんです
あの、その炎を抑えてください、お願いします!待って!待ってくださああああああい!!


この後、アイリスの叫び声が基地の響き渡るのは言うまでもなかった。


―――――20分後


「まったく、才能があるのに自分が才能がないと思うのは嫌いなの。」


「ず、ずみまぜん」



疾嘉にお仕置きされて、アイリスの服が所々焦げていた。
そして、今は正座で座らされていたのだ。
疾嘉は、ため息をしてアイリスに質問する。


「はぁ、それで魔剣と共鳴させている時、何が見えているの?」


「はい、実はですね。」


アイリスは何があったのかを語る。
赤い波紋、見えない"黒い"何かが見えている、通じない言葉。
疾嘉は大人しくなり、深く考え込んだ。


「本来は、ありえないなの」


「ありえないとは?」


疾嘉は語る、本来の魔の武器はその中にある本質が必ず"見える"事
魔の武器はその中に"者"が宿っているのだ。
アイリスを見た感じだと、共鳴はしていた、だが姿が"見えない"のはおかしい事だった。


では魔の武器はとは何なのか?


それは10000年前に遡る、その時代は神々の時代、通称『神代』までに遡った。
ある時に大規模な戦争があったのだ。
その事を神話戦争と呼び、神、魔神、英神、邪神、自分たちの生存を掛けた、戦いが始まってたのだ。
その戦いに負けた者は欠片となって消えていく、その欠片で出来たのが魔の武器。
今では人工的に魔の武器は作られているが、あくまでもそれは模倣品すぎないのだ。


しかし、本物もあるのだ。
だが、本物の魔の武器は、2000年前の英雄戦争によって殆どの魔の武器は破壊され機能されなくなった。
だから今の時代は魔の武器は自分の中にある"スキル"よって召喚されるか、本当に"何処"かに落ちている魔の武器だった。


それにも問題はあった、2000年前と違って人は退化していたのだ。
退化したことによって、人は魔剣を使いこなすことが難しくなったのだった。
それに伴いで誰もが魔の武器を使えるようになったのが、力の100/1に抑えたのが人工的な魔の武器である。


現在、それは西の技術の国『カラスカ聖都市』により普及されていて、フィルネル王国の学園に授業として使用されていた。


「さて、問題に戻るなの」


「はい」


さて、この魔剣をどうするべきなのか、このまま使っても強いのだが、今後の為に真の力を開放させたい。
考えていると、疾嘉は話す。


「本当に"見えないの"?」


そう言ったのだった。
アイリスは何言ってるか分からなかった。
確かに見えなかったのだ。黒くて見えなかったのだ。


「本当に?」


そうだ、見えないのに"認識"はできたのだ。
私の思考が何かで矛盾している。
私は考えた、答えは実は単純な物ではないか?


たしかに、"黒い者"はいるのだ。
見えないのに認識ができる。
おかしい、本来は"見える"から"認識"しているのだ。


私は汗を拭い、水を飲む
熱くないのに何故なんだろう。


思考を走らせた、答えは既にある筈
私は目を閉じる。


その瞬間、アイリスの周りに炎が出てくる。
いきなりの事でびっくりして、疾嘉はその場から離れる。


「私は知っている」


また、水滴の音が聞こえる。


赤い波紋も見える。


私は歩いた。


水滴が私の頭に落ちる。
次第に私の体は赤く染まって、鮮血の色になっていく。


私は見え上げる。
そこには"黒い者"がいた。
簡単なことだった、見えないんじゃなかった。
既に見えていたんだ。


私は、その『黒い者』の姿を見えて不思議と安心した。
『黒い者』を私は見つめた、この感覚も知ってる。


「■■■■■■■■――――????」


そう、私は知っている。
何故なら、私は"最初"の■■であり、この剣の■■なのだから。


上を向く、姿の見えない『黒い者』はこちらを見ている。
耳を澄ませば、心音が聞こえる。
この『黒い者』の心音だと分かる。
聞いてて、落ち着くのだ。


そして、私は手を上を向けて『黒い者』に言う。


「おいで・・・『スルト』」


『黒い者』は言う。


「―――――やっと呼んでくれたのだな――――」


声は頭に響いた、確かに聞こえた。
『スルト』は黒い何かを私を包み込む。
その黒い何かは心地よかった。


その瞬間、『スルト』の黒い体は燃え上がった。
真紅に光る、熱く、気高く、誇り高き炎を燃え上がる
その炎は全てを焼却させる、強い強い炎だ。
私はその心地よい炎に包まれた。


私はここで目覚めたのだった


目を開けば、そこには炎に包まれた光景を見える。
あぁ、私は戻ってきたんだとようやく実感する。
私は大剣に触れて、そして私は叫んだ。


「黒の支配者よ、全てを焼却せよ!その名は『黒焔の禍剣スルト』!」


大剣は火花を散らしながら激しく燃え上がる、次第に炎は紅と黒が混ざる。
アイリスは大剣の力を開放させた。


「すごい、魔素量なの!いや違うこれは!」


魔の大剣が周りの魔素を吸っていく。
その魔素が炎になって、魔剣を紅く輝かせた。


「綺麗・・・なの」


そう、それは疾嘉が見惚れる程だった。
これが神代の魔剣、いや、それ以上の物だった。
これほどの物を見たのは久しぶりに見た、この力は似た力を持つ武器持っているのは。
ここのリーダーの月ノ城の刀だった。


自分自身も魔の武器は持っているが、ここまでの輝きを持つのはかなりの高貴な神に違いなかった。
アイリスは大剣を振る、大剣は周りの炎を"溶かした"。
炎はなくなり、そこに疾嘉の方へと歩く。


「よくやったなの、今回の修業は終わりなの。」


「はい、疾嘉さん、ありがとうございます。」


アイリスの顔はどことなくスッキリしていた。
それは何故なのか、疾嘉は分からなかった。


こうして、アイリスは新しいスキルを覚えた。



そして、場面が変わって黒杉達はというと・・・。


――――――修業を始めて、2か月後


「オラオラオラオラオラオラッ!!!!!」


俺はファフニーに乗って、何をしているかというと。


「ドラゴンは卑怯だぞ!!」


「ちょっと、なんでドラゴンを仲間にしてるんですかぁ!?」


「ふぇええええええ!!」


3姉妹を追い回していたのだった。



―――――――――


【アイリス】
職業 ■■■■■
LV80
HP90000
MP70000
SP70000


攻撃 70000
防御 17000
魔力 120000
精神 120000
素早さ 50000
器用さ 50000
運  15


スキル
最上級魔法・火、水、風、土、雷、光、闇
上級・火、水、風、土、雷、光、闇
中級・火、水、風、土、雷、光、闇
初級・火、水、風、土、雷、光、闇
古代魔法・創成
起源魔法・創成


魔剣『黒焔の禍剣スルト』


パッシブ

・覇気
・超再生EX
・自動回復EX
・■■
・火神

「初級技能者の執行者~クラスメイトの皆はチート職業だが、俺は初期スキルのみで世界を救う!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く