初級技能者の執行者~クラスメイトの皆はチート職業だが、俺は初期スキルのみで世界を救う!~

出無川 でむこ

第29話 クレナVSドラゴン、食べ物の恨みは恐ろしい。の話

「ヨウイチ!!手出しは無用です!!!」


クレナは自分の両腕を刃に変えてドラゴンに睨みつける。
しかし、ドラゴンは余裕があるのか鼻をフンッ鳴らしながら、
人差し指らしき爪で「かかって来いよ」と言わんばかりに挑発し始める。


その姿を見て、クレナの怒りのボルテージが上がっていく。
クレナの腕の刃を更に鋭さを増したような気がする。


「この!メスドラゴンめ!!!私を誰だと思って!!」


メスだったの!?
というか、よくメスだと分かったな!?
あんな、ごつい見た目してるのに・・・。


クレナはドラゴンに向って突進していく。
ドラゴンは突進していくクレナ向って、蒼い火球を口から放つ
クレナはその火球をもろともせず、腕の刃で切り刻む。
そして、ドラゴンを切り刻もうとするが、ドラゴンは短い腕で刃を掴む。
ドラゴンの鱗はクレナと同じぐらいに堅いようだった。


「な!?」


ドラゴンはそのまま、クレナを地面に叩きつけて、尻尾で円を描くように叩きつけ追撃する。
ドラゴンで鼻で笑うようにクレナを見ていた。


「クレナ!?」


すると、尻尾に動きがあった。
そこには腕でガードをするクレナがいた。
クレナはこちらを見て話す。


「大丈夫です!このメスドラゴンは任せてください!」


なんとも、頼もしい・・・。
まぁ、今の俺が戦っても勝てるかどうか分からないからな…。


ドラゴンはクレナに気づいたのか、そのままブレスを吐こうしたのだが。
既にその場にはいなかった。
ブレスを放つ瞬間、クレナは目の前に現れて・・・。


ドラゴンの顎に目掛けて、一回転しながらジャンプアッパーを放つ
やべぇ、その攻撃どっかで見たことあるような気がするんだが、俺は気にしないでおくことにした。


そのアッパー綺麗に決まった。
放たれたアッパーは、吐こうとしてたブレスは口の中で暴発して、鼻から蒼い炎がでていた。
ドラゴンは悶えるように転がる、しばらくして勢いよく立ち上がった。
余程、クレナの攻撃が聞いたのか、顎を手で痛そうに抑えてた。


お互いに目が合い、火花を散らす。
食べ物の恨みは恐ろしい・・・。
俺はこの戦いが終わった後、クレナに食事を用意してあげようと誓った。


二人の攻防は更に激しさを増した。
ドラゴンは鋭い爪を伸ばして、攻撃をする。
しかし、クレナはその爪を切り捨てた。
反撃をしようとクレナは腕の刃で攻撃する。
だが、ドラゴンの爪は直ぐに再生して、伸ばした爪で攻撃をする。
クレナは素早く防御する、ドラゴンはその隙を見逃さなかった。
ドラゴンはゼロ距離でブレスを放つ。
その瞬間、ブレスを受けたクレナは"消えた"のだった。
ドラゴンは「また、つまらぬものを燃やしてしまった」との感じでニヤリと笑っていた。


「なーにが!またつまらぬものを燃やしてしまったよーだ!私は燃えて何かないわ!」


俺の隣にはクレナが立っていた。
というか、本当に言ってたのかよ、ていうか言葉も分かるのかよ。
どうやら、クレナはドラゴンの言葉も分かるようだ。


クレナは黒姫ノ影を使ってこっちに帰ってきたようだ。


「ばーか、ばーか!カッコつけて外してやんの!うわ、恥ずかしいー!私なら穴に潜ってるわぁ」


クレナはものすごい勢いでドラゴンを煽る。
おっと、ドラゴンの額に青筋が・・・。


その瞬間、ドラゴンは今までの比べ物にならない位の咆哮を放つ。
肌がピリピリする、周りの魔素が震えるている。
ドラゴンの鱗が一つ一つずつ煌めくように蒼く燃える。
その姿は綺麗だった。


「やっと、本気出しましたわね!!」


すると、クレナの刃も燃え始める。
右腕に紅く燃える炎、左腕は蒼く燃える炎
二つの色は真逆な色なのだか、不思議と綺麗だった。


「っくっくっく・・・私のエタナール・フレイム・ソードを食らうがいいわ!」


クレナは決め顔で言うのだった。
だっさ!!なんだその、斬ったら死ぬ見たいな名前は!?
というか、そのネーミングセンスはハグレの譲りなのか?
おい、ドラゴン!何それカッコいいって顔をするな!


最初に動き出したのは、ドラゴンだった。
先ほどの比べ物にならない位の速さで突進をする。
クレナは刃を構えて防御をする、その衝撃は凄まじく地面を削り、後ろにある岩を砕きながらクレナに突進し続ける。


「この!!メスドラゴン!!!」


クレナは腕を燃やしながら腕の刃を解除して、ドラゴンの頭を掴んで、そのまま地面に向けて叩きつける。
突進の勢いもあって、地面をガリガリと頭から削って、そのまま転がって岩盤に激突する。
自分の攻撃をそのまま受けたんだ、ドラゴンと言えども只じゃ済まないだろう。


このままじゃ、地殻変動しそうだ。
俺は何とかする方法はないかを考える。
そして、思いついた。
俺はその方法を実行する。


そして、二人の戦闘は2時間が立った。


「やるわね!」


「ガフゥ!」


「なに?貴方もね?」


そして、二人は互いに自分の最大の奥義を放とうした。
すると、鉄で同士で叩く音が聞こえた。
振り向くと、黒杉がフライパンとお玉で叩く音だった。


「おーい、昼ご飯にするぞ。」


そこには、白いルーにお肉とお野菜など色々入った物、シチューだ。
ドラゴンとクレナは目を輝かせてこちらに向って来る。


「こら!ちゃんと手を洗いなさい!」


この二人?はシュンとして手を洗いに行く。
どうやら、戦いは収まったようだ。
二人?は水辺で手を洗って、こちらに戻ってきた。


「ごはん!ごはん!」


「がるる!がるる!」


お前ら、本当は仲がいいのでは?
二人はリズム良く歌うようにごはんを連呼した。


しかし、ドラゴンは待てないのか鍋ごと食らおうしたが、注意をする。


「こら!そんなことしたら食べさせないよ!」


ドラゴンはビクッとなり落ち込む
クレナはその姿を見てケラケラと笑う。


「やーい!怒られてやんの!!」


「こら、クレナも煽るんじゃない、ごはん抜きにするよ!!」


「そ、そんなぁ!」


流石に、クレナもやりすぎな所もあった。
俺は反省するように注意する。


「しかしなぁ」


俺はドラゴンは俺の方を見て、どうしたの?って感じで見つめ返してくる。


「いや、お前でかいから、お前の胃を満たすような量を作るのは大変なんだよな。
せめて、人間ぐらい小さければなぁ。」


と呟くと、ドラゴンは何か納得するかのように頷いた。
すると、ドラゴンが光り出し、巨大なドラゴンの体がみるみる縮む
光が止むとそこには、少女が立っていた、青髪と髪の先はメラメラと燃えていた、
耳っぽい髪の毛はピコピコさせてた。


「ご主人・・・!ごはんが食べたいのだ・・・!」


第一声はそれかよ!
というか、ご主人になった覚えはないぞ!


「メスドラゴン!お前は人間になれたのか!!」


「メスドラゴンっていうな!!」


少女は、クレナの名前の呼び方に怒っていた。
俺はため息をしてはなす。


「じゃぁ、お前の名前はなんていうんだ。」


「え、えっとー・・・」


少女は戸惑いながら、口を開く。


「名前はないのだ・・・」


成る程、名前なかったのか
俺はしばらく考えて、思いついたのが。


「じゃあ、ファフニーはどうだ?」


北米神話の伝説の竜からとった名前だ。
先ほどの戦いを見た感じだと、それに相応しい名前を与えたかった。


「ファフニー・・・、ファフニー!!えへへ」


ファフニーと名付けた少女は、嬉しそうにしてた。
ファフニーは鼻歌を歌い始めた、そんなに気に入ったのか?


「今日からファフニーは主人の仲間になる!」


「まじかよ・・・」


そう言って少女は笑顔でシチューを食べ始めるのだった。


かくして、黒杉は思いがけないところで仲間をゲットしたのだった。








          

「初級技能者の執行者~クラスメイトの皆はチート職業だが、俺は初期スキルのみで世界を救う!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く