初級技能者の執行者~クラスメイトの皆はチート職業だが、俺は初期スキルのみで世界を救う!~

出無川 でむこ

第26話 血の契約と大聖女は肉弾戦が得意用ですの話

さて、吹っ飛ばされた後
俺は何とか、クレナの黒姫ノ影をを使って逃げることができた。
しかし、魔力感知無しでもすぐに見つけられたことに驚いた。
いったいどうやって見つけたというんだ。
すると、茂みの中で身を潜めていると、声が聞こえた。


「おーい、どこだー。」


紅嘉だ。
勘が良いのか、声からして結構近い。
紅嘉は、ナイフを辺りを振り回して草木を切っている。
いやだから、剣を使えよ!


「ん?そこか?」


すると、こっちに向けてナイフを投げた。
ナイフは俺の頬を掠めた、頬かから血が滴る。
声が出そうになるが、手で口を押えた。


「気のせいか」


紅嘉は反応がなかった事を確認して。
何処からともなく、またナイフを取り出して、通り過ぎて行った。
すると、短刀状態でクレナが話しかける。


「ヨウイチ、大丈夫か?」


クレナは人の状態に戻り、ハンカチを取り出す。
頬に流れた、血を拭き取る。
クレナの手は白く、手に血がふれると赤い血がめだった。
赤く目立ったクレナの白い手は綺麗だった。
しばらくすると、クレナに付着した血は、吸い込まれるように消えていく。


俺は不思議に思っていると、軌光石が光り出す。
新しいスキルを覚えたようだ。


『黒姫ノ契』
黒姫ノ紅と契約した事によって、以下の効果が付与される。
・黒姫ノ紅が自立した、戦闘が可能になになる。
・黒姫ノ紅との視角の共有ができるようになりました。
・黒姫ノ契の効果により、黒姫ノ紅が強化されると、自身の身体能力が向上した。


すると、俺とクレナが蒼いオーラに包まれていた。
どうやら、黒姫ノ契の効果の身体能力の向上のようだ。
実感がないが、ただ包まれた蒼いオーラは綺麗だった。


次に、視角共有をする事ができる。
どうやってできるのであろうか?
すると、クレナが目を閉じると。
自分の目に何か違和感がった、するとクレナが。


「あ!私の顔が見えます!」


「どうやったんだ?」


クレナが言うには、目に魔力を集中させると出来るらしい。
試しにやってみる事にする。
すると、徐々に視界が見えてくる。
俺の姿が見えた、次に片目でもできるかどうかを試した。
答えはできるようだ、ただ視界が変になる。
片目の状態で自分の姿をみると、自分の目が蒼く光っていた。
共有している状態は目が蒼く光るようだ。
クレナの場合は、紅く光るようだ。


強化については、後々調べていくことにした。


すると、また声が聞こえた。


「ふぇえええ、何処に行ったんですかぁ」


どうやら、水嘉のようだ。
俺は、クレナと一緒に茂みの中に隠れた。


「あっぶねぇ」


「戦わないの?」


馬鹿を言うな、パンチでクレーターを出す少女戦うなんて命がいくつあっても足りないわ。
しかし、嫌な予感がした。
俺はふと後ろを見ると、そこには雷嘉がいた。


「みーつーけーたー。」


「うぉあ!?」


雷嘉はその瞬間、剣を振る。
完全に不意打ちだった、これは流石に避けられないと思った。
しかし、俺は斬られなかった。
何故なら、そこには短剣をもったクレナが雷嘉の攻撃を受け止めていた。


「ぬ!貴方は黒杉さんと一緒に下着の状態で寝てた、痴女!!」


「誰が!痴女よ!ヨウイチは私の主人なの!当り前じゃない!!」


ちょっと待て、誤解を生むようなこと言うんじゃない!!
クレナの発言を聞いて、雷嘉は汚物を見るような目で見つめた。
だから、やめろ!誤解だと言っているだろ!


「黒杉さん・・・。」


「いや、誤解だって」


「嘘つき!私をあんな所やこんな所を見ようとしてた癖に!」


「バカ野郎!誤解を招くような発言をするな!あれは解析と分析しただけだろ!」


俺の発言を聞いて、ますます引いたような感じになる、雷嘉
今の発言で間違ったこと言ったのか?
何か、誤解されたまま、雷嘉は話し続けた。


「まぁ、黒杉さんは変態という事はどうでもいいので。」


「良くねえよ!」


俺は思わず、突っ込んでしまった。
この修業が終わったら、後で誤解を解く必要あるな。


「しかし、貴方も戦えたのですね、正直予想外でした。」


「はい、ヨウイチの新しいスキルです。」


雷嘉は興味深そうしていた。
互いの、剣撃が次第に激しさを増した。
クレナがここまで戦えるのは予想外だった。
というか、俺いらなくね?
すると、俺の後ろから攻撃が聞こえる。


「ふぇえええええ!みつけましたぁ!!!」


水嘉がこっちにジャンプして攻撃してくる。
俺はすぐに気づくことができたおかげで、避けることができた。
案の定、地面にはクレーターができてた。
こいつ、大聖女よりも武術家になった方がいいのでは?


「ふえぇ、もう逃げられませんよ」


「っく・・・!」


水嘉は手にグローブをはめる、そのまま何か貯めるように構える。
その瞬間、水嘉が数メートル離れている俺に向ってパンチをする。
放ったパンチは地面を抉るように俺に襲う。
その様子を見た俺は、横に大きく飛び込むように避けた。


避けた所を見ると、抉れた地面と無残に粉々になっている木があった。
お前、大聖女やめた方がいいんじゃないか?
すると雷嘉が話す。


「水嘉は大聖女だけど、回復とかあまりできないのよ、できないわけじゃないけど。」


「大聖女とはいったいなんだったんだ・・・」


「でも水嘉の強いところは、身体強化と自己回復力、ただの大聖女だからあまり動けないだろうと思ったら死ぬわよ。」


やはり、この世界は自分が思っていた常識とは違うようだ。
肉弾戦をする大聖女と、剣聖なのに剣以上に使いこなせているナイフとかどうなってんだ。
つくづく、13課は規格外の人達が多い。

「初級技能者の執行者~クラスメイトの皆はチート職業だが、俺は初期スキルのみで世界を救う!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く