初級技能者の執行者~クラスメイトの皆はチート職業だが、俺は初期スキルのみで世界を救う!~

出無川 でむこ

第16話 脱ぎ癖と王国が襲来されるの話

昨日は、修業が終わって。
疲れて、そのままベットの上で寝たのは良いのだが・・・。


「あのー、アイリスさーん?」
「うーん…。もうちょっと」


時間は朝の7時半を過ぎていた。
俺は起きようとすると、何か暖かいなと感じて、そっと布団を捲った。
そこには、全裸になっているアイリスが抱き着いて寝ていた。
前から思ったけど、この子は脱ぎ癖あるのか?
いやまさかな・・・。
俺はアイリスを揺さぶって起こす。


「いい加減起きてくれ。
後、服を着てくれ・・・。」


アイリスはゆっくり瞼を開ける。
まだ、少し眠そうだ。
アイリスはあくびをして話した。


「昨日は激しかったね」
「何もしてないだろ!!?」


俺は本当に何もしていない、してないよな?
自分の服を見たが、乱れてはいない。
アイリスは頬を膨らませる。


「ヨウイチ・・・、ノリが悪い。」
「いや、ノリとか冗談とかの問題じゃねぇぞ?
てか、なんで脱いでるんだよ」
「誘惑・・・」


確かに、魅力的だが…、やめてくれ!俺だって理性があるんだからな!?
まったく、もうちょっと自分の事を大切にしてほしいものだ。
俺は壁側の方を見るが、チラりとアイリスを見てしまう。
綺麗な銀髪、白い肌、紅い瞳・・・。
布越しだが、胸が少し見える。
小さくもないが、大きくもない。


アイリスは黒杉の視線を気づいたのが、少しにやにやしていた。
そうすると、アイリスは黒杉を追い込むように近づいてくる。
そうすると、アイリスは話す。


「ヨウイチ・・・、私・・・魅力ない?」
そう言って、どんどん顔を近づいてくる。
逃げ場がない・・・、その距離わずか3cmだった。
その時の事だった。


―――ウィーン


自動ドアが開く音だった。


音に気付いた、黒杉とアイリスはドアの方を見る。
そこにはユキが立っていた。


「・・・・ごゆっくり」


何かを察したのか、自動ドアから離れようとした。


「まてまてまてまて!!誤解だぁ!!!!」
「誤解じゃない・・・」
「アイリス!貴方はちょっと静かに!」
「むー・・・」


むー・・・!じゃありません!
俺は、必死にユキに弁解をした。
ユキは「わかったから・・・訓練所に集合、・・・変態」って言って訓練所に向かうのだった。
どうやら、乙女の敵として認識されてしまった。


その後、アイリスは自分の部屋に戻って私服に着替えた。
俺も制服に着替えて、訓練所に向った。
訓練所に行くと、メンバー達が集まってた。
何かがあったのか?
そう思って、俺はアイリスと一緒に後ろに並んだ。


しばらくすると、アクレアさんが皆の前に出てきた。
深刻そうな顔をして、礼を話し始めた。


「皆様に報告があります。
3時45分にてフヴェズルングのリーダーの月ノ城 羽咲の反応が無くなりました。」


急な報告で、会場が騒めく。
アクレアさんがそのまま話はじめる。


「お静かに、現状リーダーがいない以上は私、セヌーア、シルク、タチバナが仕切ることになりました。」


現今までの月ノ城さんが全部仕切ってたらしいから混乱するのは無理もない。
今回は4人がリーダーになって仕切るって事でその場は収まった。


「既に、2課の者が既に向かっているので結果が分かり次第、皆に伝えていきます。」


そう言って不穏な空気のまま解散するのであった。


月ノ城さん・・・、大丈夫であろうか?
あんな強い人が、いなくなるなんて・・・何かでかい事件に巻き込まれているのだろうか?
そんな時、俺はふと思い出す。


「美空、一樹・・・アイツら変なことに巻き込まれてなきゃいいんだが・・・。」
「ヨウイチ?大丈夫?」


俺の顔が不安そうだったのか、心配するアイリスがいた。


「あ、あぁ大丈夫だ!今日も修業しにいくぞ!」
「うん」


俺達は訓練を始めた。



―――――――――――王国「フィルネル」



「ま、魔物だぁああああ!」


突如、王国に魔物が現れ、町の人たちを襲う。
大体、30匹程の目撃情報を聞いた。


「おかーさーん!!うああああん!」


幼い少女が母親とはぐれたようだ、それに気づいたのか魔物が少しずつ近づいてくる。


「うあああああん!」


恐怖でその場で動けなかった。
そして、魔物が少女に襲い掛かる。


「ッヒ!?」


少女は目を閉じた、もう駄目かもしれない。
しかし、そのダメという思いは訪れなかった。
目を開けた、そこには鎧を着た騎士がいた。


「大丈夫?立てるかしら?」


女性の人だった。


「う、うん!」
「お母さんとはぐれちゃったのかな?」
「う、うん・・・」


後ろを向いてて気づいていなかったのか、魔物が襲い掛かる。


「お、お姉ちゃん後ろ!」
「ッ・・・!」


騎士に襲い掛かる魔物達。


「破山砲!!!」


しかし襲い掛かる魔物達は全て吹き飛んだ。
吹き飛んだ魔物は壁にめり込んで絶命した。


「おいおい!美空さんよ!気を抜くなよな!」
「ごめん!一樹」


そう二人は一樹と美空だった。


「七海!この子の手当てをしてあげて!」
「あいよー!」


そう言って、七海が呪文を唱えた後に少女は光に包まれる。


「ゆうしゃさまですか?」


少女が話しかけた。


「まぁ、そんな感じかな?」


美空はちょっと浮かない顔をしてたが、少女の期待を応える様に話した。
すると奥の方から少女のお母さんらしき人が走ってくる。


「ミカー!!」
「お母さん!!お母さん!!」


少女は母親に抱き着いた。


「怪我はない?大丈夫?」
「うん!ゆうしゃのおねえちゃんたちに守ってもらった!」
「ゆ、勇者様!?」


母親は驚いて、すぐさまにお礼を言う。


「勇者様!娘の命を救ってもらってありがとうございます!」
「い、いえ・・・勇者だなんて・・そんな」
「おねえちゃんありがと!これあげる!」


そう言って、少女は一輪の綺麗な白い花を渡す。


「わぁ!綺麗な花ね!ありがと!」
「お姉ちゃんみたいで綺麗でしょ?」
「まぁ、褒めるの上手だね」
「えへへー」


そう言われると嬉しそうに髪の毛に花を付けた。
美空は母親に話しかける。


「早く、避難に向ってください」
「はい!ありがとうございます!」
「ばいばい、おねえちゃん!」
「うん、またね」


挨拶をして、母親と少女は避難所に向うのであった。


「しかし、ここんところ魔物の出現率上がってないか?」


疑問に思う、一樹だった。
この一週間、町に魔物の出現増えてきたのだった。
その度に強くなっているような気もする。


「そうね、なんでかしら・・・」


そう考えていると、背中から悪寒を感じだ。
美空はすぐ様に後ろに振り向く。
そこには、フードを深く被った、黒コートに身を包んだ人が立っていた。


「ッ・・!」


美空は本能的に後ろに下がった。
コイツはやばい、この世界にはこんな人がいるの?
それは佐野と一樹もわかってた。
これ程の"殺意"を向けられたのは初めてだった。


その殺意に興奮したのか、魔物が黒コートの人に襲い掛かる。
しかし、時間が止まったように魔物が動かなくなった。
いや、動かなくなったんじゃない、既に死んでいた。
その証拠に・・・


ボトリと音が聞こえる。
魔物首がゆっくりと落ちるのが見えたのだから・・・。


黒コートは一歩、また一歩近づく。
残り3mぐらいで止まった。
ハッキリとは見えないが、男の人だとわかる。
殺意を向けてくる、紅い瞳は自分たちの心臓を鷲掴みされる気分になった。


「・・・勇者か?」


男は話しかけてくる。
私達は驚いた、どうやら意思疎通ができるようだ。


「えぇ、だからどうしたの?」


私は向けられた殺意に押しつぶされないように気を強く出た。


「なら、魔獣を倒すはやめとけ」
「どうして?」


魔獣を倒さないと世界を滅ぶんでしょ?
なら、断るしかないじゃない


「答える必要はない」
「じゃあ、交渉決裂ね。」
「そうか・・・、じゃあ死ね」


そう言って、目の前の男が消えた。
後ろにいた、一樹が叫ぶ


「美空!後ろだ!!!」
「ッ!!!」


私は一樹の一声で盾でガードをする
盾と金属音の鈍い音が聞こえる
ガードをしたのはいいけれど、その衝撃で腕がダメになるのが分かった。


「う・・ぐ!!」
「やるな・・・良く防いだ、だが・・・」


男はまた目の前から消えて、先ほどの位置に戻った。


「死んでたまるもんですか!私はまたあの人に会わなきゃいけないんだからね」
「あの人・・・?恋人か?」
「ち、ちがうわよ!」


違うわよ!違う!楊一はそ、そんなじゃ・・・!


「まぁ、二度と会うことはないけどな」
「うっさい!私は楊一にもう一度会うんだから!」


男は楊一の名前を出した瞬間、一瞬動きが止まった気がした。
何かしってるの?


「一瞬、反応したけど何かしってるの?」
「さぁな、答えるつもりはない・・・っぐ!」


男は突如、胸を押さえ苦しみ始める。
美空達は突然の事で驚く。


「な、なに?」
「っく・・・、今回は見逃してやる
次にはもっと強くなってる事だな」


そう言って、男はその場で消えていなくなった。


「いったい何だったんだ・・・」
「わからない、でも一つ分かったことあるわ」


そう美空は確信した。


「楊一は生きてる。」
「あぁ、さっきの男の話を聞いてみるとそうみたいだな。」
「ヨウイチくん・・・生きてたんだ、良かった・・」


予想外の出来事だったけど、今日の一番の収穫だった。
そして、3人はこの事を希望にして魔物退治の続けた。



――――――――基地「フヴェズルング」


「うぉおおおおおおお!!」


黒杉は強化した石を岩に向って投げた。
その石は激しい回転によって岩を徐々に削っていく
そして、今までにない爆発が岩を襲う
砂煙で前がみえない、しばらくすると晴れる
そして・・・


岩が砕けた


「よっしゃ!」
「ヨウイチ!やったね!」
「ヨウイチ・・・おめでとう・・・第一関門突破・・・」


これで第一関門か…、先が長いぜ・・・。


「フゥーハッハッハッハ!!!」
「な、なにやつ!」


声は上からだった。
上をみると、スポットライトに照らされる人影が見えた。


「あれは誰だ?鳥か?猫か?いや、私だ!」


そういって、ジャンプしてスタイリッシュに降りてくる、一体・・・何シルクなんだ・・・。


「好きな言葉は猫まっしぐら!」
「なんだよ!その言葉!?」


思わず、突っ込んでしまった・・・、悔しい。


「キャットうーにゃん惨状!!!」
ドーン!


後ろに爆発音が聞こえた気がするけど気にしないでおこう。


「呼んだな、金貨2枚だ」
「呼んでねぇよ!」


また、突っ込んでしまった…、何故だ・・・!
ペースが完全に相手に持っていかれる!


「・・シルル」
「あ!ユキ姉!指導お疲れ様です!」
「じゃあ、次お願い・・・」
「はーい!」


そう言って、猫みたいな、仮〇ライダーのスーツを解除して
元の姿に戻った。
てか、どうなってんだその服・・・。


「ヨウイチさん!次は私の番です!よろしくお願いします!」
「あ、あぁ…、頼む」
「ヨウイチ・・・」


アイリスが服の裾を引っ張る


「どうした?アイリス」
「私も変身したい…」
「しなくてもいい!!」


頼むから、俺の胃をこれ以上は痛い思いをさせないでくれ・・・。
そういって、キリキリする胃を抑えながら、修業を始める黒杉だった。

「初級技能者の執行者~クラスメイトの皆はチート職業だが、俺は初期スキルのみで世界を救う!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く