初級技能者の執行者~クラスメイトの皆はチート職業だが、俺は初期スキルのみで世界を救う!~

出無川 でむこ

第3話 訓練と国の話

僕達は走り込みをした後に、各自職業に合った武器を選びに行く
僕の武器は基本的、村人だから何を使っても同じらしい
じゃあ、軽い武器がいいなと思い、短刀を選ぶ
他には、石投げのスキルがあるのポケットに石を3、4個入れることにした。
どうやら、石以外の物を投げると威力が下がるらしい。
石投げの上位互換では投擲というスキルがあるらしいが、本来覚えられるはずの物が
覚えられないという、なぜ僕だけが...僕は落胆する。


さて、各自武器を選んだ後、訓練する相手を兵士長が選んだ。
そして、僕は相手は板野だった。
最悪だ、日頃の色々からかってくるアイツだ。
絶対に、容赦しないであろう、既にアイツの顔怖いし
良からぬことを考えてる顔だ。


「よぉ!陽一くんじゃないかぁ!君と手合わせできるなんて光栄だなぁ!」
板野は剣を構える、こいつやる気満々だな。
板野の職業は剣士だ、相手が村人なら勝負にもならんだろう
しかし、それを知ってて戦うわけだ。
どこまでも、嫌な奴だと心の中で思った。


「訓練始め!!」
アルバートの合図と同時に板野は突進してくる、板野は剣を思いっきり振って
僕に向って攻撃してくる。


「っく...」
早い!いくらステータスの差があってもこれはないだろう!?
僕は辛うじて、短刀で受け止めそのまま右に受け流す。
こんな攻撃を何度も受け止めたら短刀なんて持つはずがない。
僕は咄嗟に距離を取った。
悔しいけど、板野には勝てそうにない。
これが職業の差だと改めて感じさせる。


「くっくっく...、楊一くんねぇ!避けてばっかりだと俺には勝てないよぉ?」
「クソッ...」


すっごい、うぜぇ!!
めっちゃうざい顔で挑発してくるし、なんだコイツ!?
相手は村人だぞ!?
そう思っていると二回目の攻撃をしてくる。
板野は構えて叫ぶ。


「スラッシュ!」
板野の刃が光った、僕は短刀で受け止めるが
ピシッ、嫌な音が聞こえた。
短刀にヒビが入る、あと一撃食らえば壊れそうだ。
短刀で受け止めてる間、板野は腹に向ってヤクザ蹴りで攻撃した。


「カハッ!?」
僕は3、4m程吹き飛んだ。
板野の奴、容赦なく蹴りやがったな...
僕は意識が朦朧しながら、ポケットに入っている石を取り出し
板野に向って、投げた
完全に不意打ちだ、これなら当たるだろう...
しかし、それを予想していたがの様に剣ではじく


「なっ...!?」
「なんだい、今の攻撃は?不意打ちのつもりだったのか?クク残念だったな、剣士使いの効果だよ」


剣士使いの効果は普通より剣がうまく使えるようになるのとある程度予想ができるようになる効果だった。
そして、板野は少しずつ近づく
僕に前まで近づいて剣を振りかざそうとした瞬間
僕は恐怖で目をつむった、しかし攻撃は来なかった。
ガリガリッと音が聞こえた金属音同士で当たる音が聞こえる
僕は前を見た、一樹が目の前に立っていたのだ。


「おい、板野テメェはやり過ぎだ。」
一樹は鉄腕甲で剣を受け止めていたのだ。
そして、そのまま剣を押し返し、板野は後退する。


「あん?山崎なんだおめぇ?今、楊一くんと楽しい訓練してんだよ?邪魔すんじゃねぇよ」
「何が、訓練だよ。お前がやってるのは、ただの弱いものいじめだというのがわからねぇのか?」


一樹は目つきが悪くなる、こえぇー...
板野は剣先を一樹に向ける、同時に一樹も構えた。
一樹は後ろにいる、僕に声を掛けた。


「楊一、大丈夫か?ちょっと後ろに下がってろ」
「う、うん!ありがとう」


僕は一樹に言われた通りに下がった
後ろに下がると、なんだなんだ?って言わんばかりに
生徒たちが集まっていた、騒ぎを聞きつけたんだろう。
下がると、佐野と美空が近づいてくる


「楊一!」
「楊一くん!大丈夫!?」


佐野はそう言って、蹴られたお腹にスキルを使った。
ヒールだった、神官の初級スキルだった。


「佐野...、ありがとう」
「いいのいいの!!それよりも安静にして!」
そう言って、佐野に無理やり横にされたのだった。


一方、一樹とはいうと


「ハアァァァ!!!」
「ハァッ!」


板野と戦っていた!凄まじい攻防だ。
板野は剣で連撃を仕掛けるが、一樹はそれをすべて受け流しいる。
一樹は攻撃をすべて受け止めた後、スキルを発動した。


「連打撃!」
「っく...小賢しい!」


一樹は、素早い殴りを繰り出した。それは目にも止まらない攻撃だった
それを防御できる板野も正直すごかった。
板野はそのまま、スキルを発動する


「スラッシュ!」
板野のスキルが発動した瞬間、一樹の目が一瞬だけ鋭く光ったのだ
一樹は板野の攻撃を避け、同時に攻撃を仕掛けたのだ。
その攻撃は板野の攻撃を利用するかのように、溝に深い一撃を放つ
あれは一樹のスキルのカウンターだった、板野は一樹の一撃をくらい、吹き飛んだ。


「ぐはぁ!?」
板野はまだ意識があった、あのカウンター受けてても意識あるのがやばい
しぶとさだけは天下一品だな。
立ち上がろうとする板野に、一樹はパンチを板野の顔面を寸止めで止めた。
そこでアルバートの声が聞こえたのだ。


「そこまでだ!!」
アルバートは勝負を見ていたのだ。
その力強い声で一瞬びっくりしたが、二人は武器を下げた。


「実に良い訓練だった!お主らよくあそこまでスキルを使えたものだな!」


アルバートは豪快に笑い、満足そうだった
スキルを使いこなすには鍛錬必要不可欠らしい、スキルといっても練度というものがある
同じスキルでも練度よっては威力は変わるという説明される。
確かに、一樹の攻撃は凄まじかった
一樹は日本でいたときには色々格闘技をしてたらしいから、それの影響でもあったのだろう。
板野は鬱々しく、舌打ちしてどっかに行った。


今日の訓練はここまでらしい
そう言って僕たちは部屋に戻って、夕飯の支度をするのだった。



―――――夕食


僕たちは、いつも通り一緒に食事をとった
メンバーは僕、一樹、美空、佐野だ。
いつも通りに、談話しながら食事をしていた。


「そういや、フィルネル王国ってどういう国なのかなぁ?」
佐野の質問に、僕たちは確かにと思い頷く。
僕達は勇者達の話はされたが、国の事は何も知らなかった。


「良いでしょう!私が、この私が教えてあげましょう!!!」
「うお!?びっくりしたぁ!?」


一樹の後ろに急に現れたのは同じクラス、前島 情地
皆からは通称:ジョージって言われいる。


ジョージの職業は忍者らしく、昨日こっそり図書室みたいな所で色々調べ物してたらしい。
ジョージ曰く、このフィルネル王国はこの世界で一番でかく栄えている王国だとか
確かに、この城を見ればすごい立派に見える。


世界の中央にあり、各国から色々物資を調達したり、技術を交換をしてるだとか。
フィルネル王国を入れて、大きな国は5つあるらしい。


北には雪の都士スノーガーデン王国
東には大森林と軍の国のグリーンパール帝国
西には砂漠と技術の国のカラスカ聖都市
南は海と食料の国のカナバスカル王国
それを全て治めるのがこの全統一国家のフィルネル王国である。


昔、40年前に全ての国が大戦争が起きた。
フィルネル王国は場所的にも4ヶ国に集中攻撃されるのだが
それを全て防いで見せたのだ。
その勝利を導いたのが、現国王のヨハン=ザムジード
彼は長く続いた戦争を終わらせ、大英雄になった男だった。
彼の強さはすさまじかった、剣を振れば大地を割く
他にも国王にも仲間もいたらしいが、争いを無くすため
各国の国王として君臨している
そして、人々は戦争がなくなったのだが。
10年前に魔王が復活して、今はそれを対策すべく
この国で中心で指揮をしているそうだ。


前島は一晩で調べてくれたそうだ。
忍者だけでもあって、有能だった


そうして、僕たちは夕飯を食べ終わって各部屋に戻ることになった。

「初級技能者の執行者~クラスメイトの皆はチート職業だが、俺は初期スキルのみで世界を救う!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く