錬金術師の転生無双 ~異世界で勇者になった錬金術師は【魔法錬金】で万能無双~

蒼月幸二

第9話:錬金術師は修復する

 エルゼの盾は粉々に打ち砕かれた。
 俺の魔法が、勇者の盾に勝ったのだ。決闘のルールに則り、勝利が確定した。
 リーゼとの約束を守ることができた。
 勝利の充実感はとても心地よいものだ。

 そんな俺とは対照的に、エルゼは粉々になった盾を見て絶句していた。
 まさか最強の盾が壊れるなんて想定していなかったのだろう。だから俺の提案に簡単に乗ってくれたのだが、いまだに現実を受け入れられないのか、固まったままだ。

「――勝者、シュン・サトウ。決闘終了」

 審判のエレナの声で、決闘終了を告げられる。
 俺たちの決闘を見守っていたリーゼとエレナの二人が、大急ぎで駆け寄ってくる。

「まさかエルゼの盾が壊されるなんて……一体どれほどの威力があったのかしら」

「シュンは流石としか言いようがありませんが……これからどうしましょう」

 二人が駆け寄ってきたタイミングで、固まったままだったエルゼも意識を取り戻し始める。
 エルゼは立ち上がると、俺に握手を求めてきた。
 俺はその手を取り、握手を受け入れる。

「さすがだったよ、シュン・サトウ。まさか私の盾が貫かれる日がこようとはな」

「エルゼさんの方こそ、さすが勇者だなって思いました。最初はどうなるかと思いましたよ」

 自身の負けを受け入れ、勝者に握手を求めるとはな。さすがは勇者、人間が出来ている。メンタルも相当なものだ。

 エルゼは足元に散らばったままの盾の破片を見て、遠い目をした。

「しかし……勇者武器が無くなってしまっては、もう引退するしかないだろうな」

「そ、そんな……エルゼが!」

 リーゼが心配そうにエルゼを見る。
 もしかしてこの盾は替えが効かないのか? だとしたら、俺もしかしてとんでもないことやっちゃったんじゃ……。

「そんな目をするな、シュン。貴様が悪いのではない。貴様の攻撃を受け止めきれなかった私が敗者であり、全てを受け入れる責任がある。私には剣の技もある。今後は剣術の家庭教師をやれば生きてはいけるさ」

 ……それはあまりに可哀想だ。この一戦が結果として彼女の将来を大きく変えてしまった。俺はリーゼとの約束を守るのに必死だった。でも、エルゼさんだって決して悪い人ではないと思う。なんとかしてあげたい。

「エルゼに家庭教師なんて無理よ。だって子どもを相手にするのが苦手でしょう?」

「な、何を言うかエレナ! 私は断じて子どもが苦手なのではない! 子どもがなぜか私を避けるのだ」

「同じことよ。仕事がなくてはこの先生活できないわ」

「ふん、剣術を学びたいのはなにも子どもだけではない。リタイアした時間に余裕のある大人だって学びたいのだ。私は誰であっても教えるつもりだ」

「……剣意外の仕事に就くつもりはないのかしら?」

「ふん、あるわけがない」

 二人のやりとりを聞いていると、胸が痛くなってくる。エルゼは気にするなと言っていた。でも、気にしないなんてできるはずがない。盾が本職の彼女に、これからは剣だけで生きろと告げるなんて、酷すぎる。
 俺が迂闊だった。この世界がゲームみたいだから、壊してもなんとかなるんだろうと勝手に考えていた。でも、どうにもならないこともあるのだ。

 何か……何か手はないのか?

 その時、ふと頭をよぎる。
 不可能を可能にするだけの可能性を俺は持っているんじゃないか?
 戦ったことなんてなかった俺がダイヤモンドスライムに勝ち、その後エルゼさんとの決闘に勝てた理由。それはスキルだ。
 エルゼさんの盾をどうにかするスキルがあるかもしれない。

 俺はシステムウィンドウを呼び出し、ワード検索をかける。
 修復……あった!

 【リペアイクイプメント】

 説明を読むと、このスキルは壊れた装備の情報体を時空を越えて取得し、修復する効果がある。今回は破片が残っているが、仮になかったとしても修復は可能だということだ。
 この状況にドンピシャのスキルがあったことに軽く感動する。このスキルライブラリーを使ってできないことなんて多分ないのだろう。

 俺はスキルポイントを1使って、取得する。
 心中でリペアイクイプペントと唱える。

 すると、俺の身体から魔力が吸い取られるいく感覚を覚えた。
 かなりの魔力を吸われている。
 【魔力無限】が無ければ、廃人になっていたかもしれない量の魔力だ。魔力とは精神と密接に関係している。生命力が完全に無くなれば動けなくなってしまうように、魔力がなくなると意識が遠のき、自分を保てなくなる。誰からも説明を受けたわけではないが、そう直感した。

 壊れた盾の破片が空中に集合していく。
 その異様な光景に、俺以外の三人も気づいた。

「シュン、貴様は一体何を……なっ、盾が!」

 またたく間に破片は盾の形を取り、パズルのように組み合わさっていく。
 全てのピースが揃った盾はまだ部品が集まっただけ。継ぎ接ぎの盾だ。

 さらに膨大な魔力が吸われていく――。
 継ぎ接ぎはだんだんと結合し、滑らかになっていく。そして、全ての修復が完了した。

 空中に浮かんでいた盾が地面に落下する。

「エルゼさん、あなたの盾はここに戻りました。引退するなんて言わないでください。あなたが持つべきものは、この盾です」

 エルゼは口を半開きにさせたまま、盾を持ち上げて撫でる。

「ほ、本当に私の盾だ……こんな修復術、聞いたことがない! 国中の鍛冶職人を集めてもできないだろう……ありがとう……本当にありがとう!」

 エルゼは俺に抱き着いてくる。
 俺の顔に顔をうずめる彼女は、少し泣いているようだ。我慢していたのかもしれない。

 エルゼが顔を上げる。照れているのか、頬が赤くなっている。気づけば耳まで真っ赤だ。そしてその真っ赤な顔には、はちきれんばかりの笑顔が浮かんでいる。

「シュン、貴様は勇者になるべきだ! 私と一緒に魔王を倒そう!」

 ……え?

「錬金術師の転生無双 ~異世界で勇者になった錬金術師は【魔法錬金】で万能無双~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く