非リア充の俺がまともに恋なんてできるはずがないと思った

ハルト

こうして花火大会は楽しそうに幕を開く

期末の成績もそこそこ良く成弥と早川は、夏休みを楽しく過ごすことが出来る。
そして、花火大会前日。
今までバイトした分の2万円を持っていくことにした。それに何があるのかも一応全て把握しておく必要がある。
明日の天気も調べたところ晴れだと言っていたし多分楽しく過ごせるだろうが……恐怖だってある。
まさにクラスメイトである晴海から俺は、目を付けられえいる。
花火大会明日来るんだろうなぁとかも考えている。
とりあえず明日の花火大会に向けてぐっすり寝ることにした。



花火大会が今日の17時30分からあるため先にお風呂入ったり今回は、浴衣がなかった為に私服で行くがどうしても似合わない服を着るのが気が引けた。
花火大会まであと8時間30もある。
それまでゆっくりとと身体を休めた。
毎年この花火大会は、人が思ったより多かったりする。
妹からの要望もあるから考えながら使わないといけない。
まぁ2万円も使うことは、ないだろうが。
とりあえず時間がくるまで寝ることにした。
元非リアの成弥。いつも学校で、花火大会の話をしている連中がいると睨みつけていた成弥がなんと花火大会に行けるだなんてきっと成弥自身も分からない出来事なのだろう。
ものすごく興奮している。

そして待ち合わせ時間になり早川が待っているであろう花火会場の入口に向かった。

着くと早川が1人寂しそうにしていた。
成弥は悪いことをしたと思い近寄って声をかけた。
まぁ5分も遅れたのは成弥が悪い。

「早川さんお待たせ」
「成弥……遅いよ凄い待ったじゃん」
と、文句を言う早川をみて成弥は少し可愛いなと思った。
すぐさま会場の中に入り売られているものを早速何か買う事にしているらしい早川は成弥の手をひっそりと自分の手と重ね買いたいものに向かった。
つまり手を繋いだ。

手汗も気になるが今はそれどころじゃない。
妹達から頼まれた買い物は全て終わりあとは早川に何かを買ってあげるだけになった。
「早川さん何か欲しいものない?」
「えっ?奢ってくれるの?ならりんご飴でも奢ってもらおうかな」
「いいけどそんなのでいいの?」
「いいの」
早速りんご飴を買ってあげた。
それからというものまた色んなところに回った。
「早川さん何かご飯食べない?」
そう問いながら振り向くと早川の姿がなかった。辺りを見回しても一切姿が見受けられない。
早川とはぐれたのだ。

早川……。
「どうしよう成弥がいなくなった。っていうか私が迷子になったのか」
早川も周りを見回したがやはり成弥の姿が見当たらない。

成弥……。
「とりあえず探そう」
歩いて来た道をまた折り返した。しかし人混みのせいで見えるはずなんてない。
これから探すなんて無理難題。
「あぁ、吉井。みーつけた」
そう成弥の名前を呼ぶ。声の主の方に振り向くと見たことある顔があった。
「ち、ち、はるみさん!?」
「あんたここで何やってんの?」
「早川さんとはぐれました」
成弥がそう告げるとはるみの目はゴミを見るような目をしていた。
「あんた何やってんの!?馬鹿なの?死ぬの?本当呆れた!」
そんな事言われても成弥に反論なんて出来ない。
「すみません」
「とりあえず電話するから」
そう言いながらスマホを耳に当て電話をし始めた。
はるみの顔はかなり焦っていた。
「繋がらない」
その一言はかなりの重みがある。繋がらない=居場所が分からない。
成弥はどうしてもっと気を張っていなかったのか後悔している最中。
「後悔しても始まらないとりあえず探すわよ」
成弥ははるみと分かれ早川を探した。隅々まで。
だが一向に見つからない。それに一周してはるみと出会ってしまった。
「どうだった?」
「見つからない。あのごめんなさい」
成弥は泣きそうになっていた。
「泣いても始まらないもう一度探すわよ」
さっきとは真逆に探し始めた。何か見落としがないのだろうかと。
30分探したやはり見つからない。どこかで休憩しているのだろうか。
そんなことを思っている突然空から大きなドーン!!!っと言う音が聞こえた。
空を見上げると鮮やかに赤い色がバラバラ花びらのように散っていた。
花火が始まった。

「おーいはるっち!」
花火の中誰かが晴海に声を掛けてきた。
ツインテールが似合う彼女は同級生の崎宮七。
「七、ちはる見なかった?」
「ちはっちなら神社のところで見かけたよ声かけたし。なんか彼氏さんとはぐれたみたいだけど大丈夫なのかな?」
「ありがとう七……行くわよゴミよし」
本当に嫌われているのが目を見たらわかる。

神社に向かうと早川が座って退屈そうにしていた。
「良かったいたよ」
成弥がそう言いながら振り向くと晴海は行け!という顔をしていた。
何故か早川に近づくことを避けているようだ。

成弥は早川に近づいた。

「はるっち優しいね」
「そんなんじゃないからゴミよしは本当にクズだから」
「本当にそう思ってるなら普通ならちはっちに近づくはずだよね」

花火が大きく音を立てながら綺麗に咲いていく中成弥は早川に声をかけた。
「早川さんごめんなさい」
謝った。これで許して貰えるなんて思っていないが謝らないよりはいいはずだ。
「成弥私も悪いよだから私こそごめんなさい」
成弥は自然に隣に座った。
「スマホの充電切れてて」
「だから繋がらなかったんだね」
一安心しつつ空を見上げた。
「花火綺麗だね」
「そうだね。ところでさ早川さん……俺早川さんに似合わないかもしれない。今回の件で分かったんだ。どんだけ自分がダメなのかだから……」
成弥が続きを話そうとした時だった軽く人差し指が口を抑え口を閉じさせた。
「成弥っていっつもそうだよね。なんか自分がかっこ悪いって思ってる?成弥が思う程成弥はかっこ悪くなんかないよ」
その言葉にドキッ!としてしまった。
「成弥」
早川に呼ばれて振り向くと早川は顔を真っ赤にしながら「花火の方見て」と指をさした。
成弥の脳内では?マークが着いている。
そんな成弥に早川は顔を近づけ唇を頬に当てた。

キスをした……。

「早川さん!?」
成弥も突然の事で反応が変になってしまった。
「成弥また来ようね」
早川の顔がまともに見れなかったが縦に首を振った。

こうして花火大会は幕を閉じた。

「非リア充の俺がまともに恋なんてできるはずがないと思った」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く