非リア充の俺がまともに恋なんてできるはずがないと思った

ハルト

だから由香里の気持ちは届かずに終わる

喧嘩も終わりいつも以上に気を使うようになった成弥。
とりあえず今回の件は、澤野と話し合い解決した。
それにキスもした。
「 成弥今から寄り道しない?」
「いいけどどこに行くの? 」
「まぁ色々買い物かな 」
「分かった 」
帰り道に寄り道なんてアニメグッズを買いに行くぐらいだけだ。
早川とのデートを2回目にしながらワクワクしていた。
校門を出ていつも帰る方向と逆の方向に向かった。
「私ね彼氏と放課後制服デートするのが夢だったんだよね 」
「 そ、そうなんだ。俺も出来るなんて思わなかったけど出来たから嬉しい」
こうやってデートをするなんてありえないと思っていたからだ。







洋服屋に来た。
中に入ると女性ものばかりで男子が入るような店じゃなかった。
「早川さん俺が入るべきじゃない店なんだけど 」
「大丈夫よ。私達カップルなんだから 」
そう言われ強引にも店に入れられた。
女性ものばかりで、店員が少し苦笑いなのが分かってしまった。

成弥
なんだろう、なんか俺だけ場違いのような。

「 あれ、成弥じゃん」
気軽に声を後ろから掛けられふと後ろを見ると、由香里が両手に荷物を持っていた。
「ゆ、由香里。どうしてここに? 」
「いやぁ私しさ中学の友達と遊びに行くんだよね。成弥誘われなかった?だから服買おうかなと。成弥は?ってここ女性ものばかりだけど……あっなるほどね 」

成弥
中学の友達とかいないし。そもそも連絡取ってない。それにこんなところ早川さんに見られたら結構やばいな。

何かを察したのかアハハハハと苦笑いをしていた。
「どうしたの成弥? 」
成弥のところまで来た早川は、ため息をつきながら飽きれたように視線を送ってくる。
「あの、早川さんこれは…… 」
「 成弥」
名前を呼ばれるたんびにぐっと鼓動が早く打ちこの場から逃げ出したくなった。
「えっと、ゆ、由香里さんだっけ?前会いましたよね 」
「 は、はいすみません私邪魔ですよね帰りますね」
何だか微妙な雰囲気になり、察したかのように由香里は、荷物を持ってその場から立ち去ろうとした。
「 待ってください。少し話をしませんか?」
「 えっ?」




成弥
どうしてこうなったの?

何故か2人とも知らないうちに仲良くなっていた。
「 ところで中学の時の成弥ってどんな感じだったの?」
「 う〜んまぁずっとアニメばっかり見てたな。私にずっとオススメしてくるんだけど全く分からなくてさ。でもやっぱり私が困ってる時助けてきて本当にかっこよかったかな」
「うん、それ分かる。私が熱出した時も1番最初に保健室来てくれたし成弥案外カッコイイ 」

成弥
なんか照れるな。んでなんで由香里は、早川さんと仲良くしてるんだろう。普通こういう時アニメじゃあ今カノと元カノって出会ったらなんか変な雰囲気になって終わるところでしょ?おかしいじゃん。

「あっ、由香里さんごめんねもう5時過ぎてたね。成弥帰ろ 」
「 あ、うん。由香里どうするの?」
「私は、一人で帰るよデートだったんでしょ。悪いことしたと思うから。早川さん成弥またね 」
手を振りその場は、解散した。
成弥と早川は、2人で真逆に来た店を引き返し帰って行った。



「成弥どうして由香里さんと別れたの? 」
帰り道に唐突に聞いてきた。
多分早川は、2人が別れた理由を知らないからだ。由香里に聞きたかったんだろうが聞き出せない状況にあったのだろう。
「 えっとそれは、まぁ中2の頃は、大体良かったんだけどある日、ぎくしゃくしてしまって、俺こんな性格だからあまりガって行けないタイプだから由香里が浮気じゃなかったんだけどそれに近いものをしてしまって、それから何となく恋人という関係が消滅してしまったって訳。それから由香里との壁が出来てしまってそのまま高校も別になり連絡も取ること無くなった。由香里は、あんな性格だからあまり気にしてないのかもしれないけど俺は、高校入ってからも気になってた」
何故か横に歩いていた早川は、足を止めオレンジ色の瞳がこちらをしっかりと見つめてくる。
「 なるほどね。私達1度あんなことになって、喧嘩したでしょ。でも仲直り出来た私は、それが成弥に対して本気って事。成弥のこと本気で好きだから」

成弥
やばいやばいやばいやばい心臓が早くなってる。

「 ……うん」
そう言い首を下に向けた。
「 まぁ別れた理由も知れたし私が聞きたいことがなくなった。じゃあ帰ろっか」
「そうだね 」
「 成弥まだ由香里さんに未練あるの?」
「正直はっきりとさせたい気はする」
「そっか 」
早川との分かれ道が来るまで一言もそれから口を開かなかった。




成弥は、近くにあったコンビニによりジュースを買いに行った。
ジュース売り場に向かいジュース選びをしていた。
「成弥なんでここにいるの? 」
隣で由香里がジュースを選んでいた。
「 由香里……。お前こっちだっけ?」
「 うんん。こっちじゃないよ。でも今日姉のところ行くから」
「 なるほど。由香里少しいい?話があるんだけど」
このチャンスを逃しては、ならない無い。
ここでハッキリさせよう。



ジュースを買い近くの公園に来た。
「 話って何?」
「実はさ中2の頃色んなことあって別れたよね。それについてなんだけど 」
「それについてね。私が浮気らしきものをしてから自然消滅したやつでしょ。あの時私実際浮気なんてしてなかった。告白されたけど。友達に相談したら……嫉妬されてその友達の好きな人だっから。それから浮気したよみたいな噂されてさ だから別れることも無かったんだけどあのままだと多分上手くいかなかったから私も何も言わないで自然消滅させた」
「そっか……理由は、分かった。俺もなんか変な感じだったしだからはっきりさせたい 」
「うん分かった。でもその前に1つだけお願いがある 」
黒い瞳がこちらを真剣に見つめてくる。
一旦深呼吸をしてから口を開いた。
「 私実は成弥のことまだ好きなの」
ぐっと両手を握り顔を真っ赤にしながら成弥に、伝えた。
その瞬間時間が止まり公園は、成弥と由香理を抜いて誰もいない。
風がざわざわとざわつきだす。
そして成弥は……
「由香里ごめん俺早川さんが好きだから 」
由香里は、泣くのを我慢しながらうんうんと頷く。
その瞳は、夕日に照らせれ一段と輝いていた。










だから由香里の気持ちは届かずに終わる……。

「非リア充の俺がまともに恋なんてできるはずがないと思った」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く