非リア充の俺がまともに恋なんてできるはずがないと思った

ハルト

デートをすることに!?今カノと元カノ

彼女、早川千遥は、オタクの成弥に告白をしたその状況が教室で行われていた。
「どうして? 」
「 まぁ成弥のこと高一の時から見てきたけどなんか趣味で生きていてなにあいつって思ったんだけど……最初は、なんか気になって変な事してるやばいやつだなぁと思ったんだけど……どんどんこの気持ちが大きくなっていって告白したってわけ」
「…… 」
成弥は、早川の気持ちがどれだけのものか分かった為言葉を失った。
「だから成弥私と付き合って 」
頭の中が真っ白になってしまった。
彼女の気持ちと、いきなりの告白に何かを言うことなどできなかった。
「えっと…… 」
なんと返事をしたのだろうかそこからの記憶が無かった。

家に帰りつくと、母親がご飯の準備をしていた。
ご飯と風呂を済ませ多分そのまま寝た。
目が覚めるといつもの天井があり部屋中には、キャラクターのフィギアがありベットの上には、抱き枕が置かれていて、昨日のことは、夢だと自分で言い聞かせた。
今日は、土曜日学校も無く一日中アニメを見る。

成弥
だよなあの早川さんがな……無いわゆめだよな

携帯を取り出しまずゲームをログインする。
朝に10時にフレンドのnamiさんがログインをしていた。
でも流石に朝からゲームする気は、無かったためログインだけにしてゲームを閉じアニメアプリを開きオススメを見ることにした。
すると、家のチャイムが鳴った。
「誰だろう? ……そっか母さんいなかったんだ父さんもいないし俺が出らないと行けないのか」
2回に下がり原価のドアを開けると……。
薄い茶色のジャケットを着ていて中には、ピンク色の服を着ていて、赤いスカートを着ていて、黒いタイツを着ていて、オシャレをしていた早川が立っていた。

「ど、どうして、は、早川さんが? 」
「 デート誘いに来たんだけど」
「で、で、で、で、で、デート!? そ、それにどうやって家に来たの? 」
そこが1番重要だ。家がここだと教えたことが無い。
「成弥のお母さんに聞いたから。電話は、連絡網で、知った 」
「 母さん!」
自分の親を呆れてしまった。
「それで……寝起き? 」
「 は、は、いげ、玄関で待ってて」
「 わ、分かった玄関で待ってるから着替えてデートしよ」
大慌てで服を着替えるが……。

成弥
てか、どうして早川さんがで、デートなんかに?……しまったキャラクター服しか持ってないどうしよ……。
キャラクター服なんかで行ったら早川さん怒るだろうなそれに俺だったら恥ずかしい。……あっ金あったけ?

サイフの中身を見ると夏休みにバイトして、手に入れた10万円の半分5万円が入っていた。

成弥
これだけあればいいか。

服も仕方なく1ヶ月前に母親が勝手に買ってきた黒の無地の服を着て、上からパーカーを着た。紺のジーンズを着て歯磨きを済ませ斜めカバンを持ち玄関に向かった。
「お、お待たせ 」
「な、成弥ってオタクだからアニメのキャラクター服着てくると思った 」
「 い、いや流石にデートでそれは……ってキャラクター服あるの知ってたんだ」
「 うん。弟が欲しがってるから。それに成弥って以外にそういう服着るとかっこいいじゃん」
真っ赤に頬染めてしまった。

成弥
正直嬉しいなぁ。

「 早川さんい、行こう」
「 うん」
家には、妹がいるから鍵を閉める必要も無く成弥と早川は、出かけた。
「ど、どこ行くの? 」
「 私昔から行きたかったケーキ屋があるんだけど行っていい?」
「 大丈夫だよ」

成弥
こんな可愛い早川さんが俺の彼女だなんて夢みたいだな。

「え、えっと、早川さんじ、じつは俺、田中先輩の告白の時聞いてたんだ。図書室いたら、き、聞こえてきて 」
「そーなんだ。でも私は、成弥が好きだから関係ないけどね 」
「……は、恥ずかしい 」

会話しながら電車に乗り目的のケーキ屋さんに着いた。

「ここ? 」
「 うん。……ご、ごめんねまさかこんなに女性の方が多くて」
「い、いや、仕方ないよ、ケーキは、女性の方がよく食べるし、人気もあるし、ほ、ほらカップルいるみたいだし…… 」
「私達もカップルに見えるかな? 」

成弥
それは、見える人には見えるかもしれない。でも、俺がこんなんだから見えないかもしれない。

列も長く30分待たなければならない。
「成弥……あれ見て、カップルだと普通の値段より安くなるらしいよ 」
「ほ、本当だ 」

成弥
ここから30分間早川さんと会話しなければならないのか。大丈夫かな

「 早川さんずっと立ちっぱなしだけど足とか痛くない?」
「全然 」
早川とは、前貸した本の内容をはなしていた。そんな会話をしている最中に突然後ろから声をかけられた。
「成弥だよね?やっぱりそーだ 」
制服を着ていて、髪も黒く背中ぐらいまでありまさに可愛いが早川さんの方が可愛い。
「ねぇ成弥この方は、誰? 」
「あ、えっと中学の時の同級生で、比留間由香里さん。で、由香里こちらが早川千遥さん俺のその、か、彼女 」
「うわまじ?成弥まさか彼女出来たの?しかも以外にも可愛いじゃん良かったじゃん」
肩をバンバン叩いてくる由香里。
早川は、むっと頬を膨らませ成弥を引き寄せる。
「 な、成弥近い」
「す、すみません 」
「ラブラブじゃん付き合って何年?それとも何ヶ月? 」
こんなに余裕に聞いてくる由香里に圧倒されながら会話を続ける。
「昨日からなんだけど 」
「 な、なるほど」
「成弥、由香里さんとは、どういう関係?こんなに仲良かったらただの同級生じゃないよね? 」
「 え、えっと……」
「 元カノで〜す」
「 も、も、元カノ!?」

成弥
それを言いたくなかったのになぁ

「 元カノ言ってないの?成弥だから反応がおかしかったのかあと、これ言っちゃぁまずかったやつ?」
「 ごめん早川さん」
早川は、そのまま店に入っていき席を取った。
由香里とは、話を終え早川の元に向かった。早川との間に何か壁を感じる。
「早川さん怒ってる? 」
「 べ、べつに……ただ聞きたいことがある」
「だ、だろうね 」
「まず、由香里さんとは、どこまでしたの? 」
「どこまでって? 」
「色々、例えばエッチなこととか 」
その単語を早川から、聞きたくなかった。
「 いや、それがなにも、してないんだよね。手を繋いだりその、き、キスしたりとかしてないんだよね。デートは、したけど……」
「うっ……良かった。あと、何ヶ月付き合ったの?中学の時何年から?なんで黙ってたの? 」
「 2年の時だけど、3ヶ月でも、由香里俺がオタクでも文句一つ言わないし、黙ってたのは、まず早川さんと付き合うって前提じゃなかったし……」
「付き合う前提じゃなくても付き合ったんだから言ってくれればいいのに 」
「ごめん 」
それからは二人とも口を開けることなくケーキを食べた。
皿にフォークを置く。

成弥
やはり俺がまともにラブコメなんて出来ないのかな

なんてことを考えてしまった。
「 まぁいいや成弥との初めてのデートだしでも、これからは、隠し事なしだよ。あと、由香里さんとは、LINEやってるの?私は、まだ成弥とは、LINEやってないから交換しない?」
「 由香里とは、LINEやってない。そ、それに俺も交換し、したかった」
スマホをバックから取り出しパスワードを解きLINEを開いて、LINE交換をした。

成弥
早川さんと、LINE交換出来るなんて嬉しい。

「成弥写真撮ろ 」
「は、早川さん!しゃ、写真ってえっと…… 」
「 早く早く」
無理矢理にも俺をカメラの方まで引っ張り写真を撮った。
ピースをしている成弥と早川の写真をLINEで送ってきた。
「 これ、ホーム画面にしよっと」
壁紙を2人の写真に変えた。
「 成弥次の店行こう」

こうして、成弥と早川のデートは楽しそうに幕を閉じた。

「非リア充の俺がまともに恋なんてできるはずがないと思った」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • 大根おろし

    おもろいです応援してます!

    1
  • ハルト

    いいねありがとうございます

    1
  • ハルト

    いいねありがとうございます

    1
コメントを書く