初恋は先生

夜空星叶

日曜日



日曜日、私は先生の言う通り中央公園にやってきた。


時間を聞いてなかったので、午後に行った。


集合していたベンチに行くと、先生がいた。


「山田先生?」


「おっ、来た!」


「待ちました?」


「ううん、9時に来たばっかり」


「えっ?9時?」


「うん、桜花さんに時間言い忘れて」


「先生、大丈夫ですか?」


「大丈夫ばない、さ、行こう!」


「何処にです?」


「いいから、いいから」


先生は、そう言って私の手を取る。


私より少し大きくて、女の人の手で、優しくて、暖かい。


好きな人と手が繋げるだけでも、こんなに幸せなんだ。


幸せすぎて、もう、ふられてもいいやって思った。





「初恋は先生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く