初恋は先生

夜空星叶

先生

みんなが体育で走ってる間、私は先生に話しかけた。


「先生って何でそんなに可愛いんですか?」


こう聞いた、先生は少し驚いていた。


「ありがとう、先生が可愛いのは当たり前でしょ?」


私は、そう言うところがもっと可愛いんだなって思った。


「先生って彼氏いるんですか?」


「いないよ?」


「そんなに可愛いのに?」


「男性に興味ないみたいなの」


「そうなんですか、私と一緒ですね」


この話をしている間、先生は寂しそうな悲しそうな顔をしていた。


そんな先生を抱きしめたくなった。


母性本能なのか、先生が好きなのかわかんなかった。


ただ一つわかったこと、先生を抱きしめたい。


それだけだった。


私ってどっかおかしいのかな?


私がそう思い込んでいると、先生が話しかけて来た。


「桜花さん、この事はみんなに内緒にしといてね?」


先生は、ね、で首を傾げる。


その仕草に、心臓が爆発しそうになる。


私が男だったら、先生に思いを告げられていたのかな。


でも、男性に興味ないのか、どちらとも寂しい思いをしなくてはならない。


女でよかったのかな?



「初恋は先生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く