転生して進化したら最強になって無双します

hatuki

33話 幻の冒険者になるための第1歩

7日から何故か見てくれた回数とお気に入りとかいいねの数がすごい増えた気がする何かあったのかな?
(めっちゃ嬉しい、ありがとうございます)




「とりあえず、中に入ろうかな」

今はギルドの前にいて、中に入った

《すごい注目されるな》

《それはそうでしょう、こんなカッコですから》

《そうだけどさ、注目されすぎじゃない?》

《マスターの目標に近ずけるからいいんじゃないですか?》

《そうだね》

ちなみに今のカッコは性別は女、容姿は白銀色の髪をして腰までストレートで目の色は右翠で左紅目のオッドアイ、顔立ちは美形の美少女、スタイルもよく、胸はベルドが邪魔と言って小さめになっている、身長は元の男の時が約140cm、今の女の時は135cmになっている、服装は和服に腰に刀を下げ、頭にフードを被りマスクで顔を隠している、
理由はベルドが「幻の冒険者が顔を知られてどうする」と言って隠していた

(とりあえず、登録するか)

そして、受付の所に行って、並び自分の番になった

「登録お願いします」

「分かりました、この紙に必要事項の記入をお願いします」

「分かりました、書きたくないところは、書かなくても良かったですよね?」

「はい、大丈夫です」

そしてベルドことハルは必要事項を書いて行った
こんな感じに
名前 ハル
戦闘スタイル オールラウンダー
使う武器 刀
使える魔法 いろいろ

書いたものを受付の人に渡した

「ありがとうございます、確認しますね」

「分かりました」

数秒後

「あの、すいません、使える魔法にいろいろとありますが使えるということでいいんですよね?」

「はい」

「分かりました、では登録しますね」

数分後

「出来ましたよ」

受付の人からギルドカードを受け取った

「ありがとうございます、何かいい依頼ってありますか?」

「早速依頼ですか、そうですね、ランクがDですので、
そこそこ戦えると見て、ゴブリン退治ですかね?」

「分かりました、受けます」

「分かりました、ではギルドカードに依頼を登録しますので、借りてもいいですか?」

「あ、はい」

カードを渡して数秒後

「ありがとうございます、終わりました、ではお気をつけて」

「はい」

そしてゴブリンが出る森に来た

「さて、幻になるために、大量に倒していきますかね」

《前回の倍くらいに倒したらいいんじゃないですか?》

《そうか、分かったじゃあ、2000くらいでいいかな》

《倍とは言いましたが1000なんですよ?私が考えてたのはそのため倍とは多いですが、幻にはなりますかね》

《まーいいじゃん》

《そうですね》

「とりあえず、行きますかね」

《そうですね、倒してる途中で女の子の話し方や女の子について、ベルドしましょうか、そのままの感覚だと違和感が凄いですよ》

《並行思考で勉強するか》

《分かりました》

そして、並行思考で勉強しながら、ゴブリンを倒しまくって行った

「このくらいでいいかな?」

《そうですね、1人の時はいつもの喋り方でいいですが、周りに人がいる時は、しっかり女の子ぽく喋ってくださいね》

《分かったよ、ピクシーと喋る時や1人の時以外は努力します》

《とりあえず、帰りましょうよ》

《そうだね》

そしてギルドへ戻った



短いですがすいません
誤字が多いね、なろうの方で報告がすごく来た笑

「転生して進化したら最強になって無双します」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー269983

    とりあいずではなくとりあえずなんだろうけどね。

    0
  • hatuki

    マジか!全力で何とかします、読んだことあるけど、記憶に無い感じですが

    3
  • ノベルバユーザー243598

    転生貴族のハーレムチート生活と完璧に被ってます

    15
コメントを書く