転生して進化したら最強になって無双します

hatuki

24話 初代国王からの手紙

なろうの方にこちらの作品(少し改良)の全ての話数出てますのでぜひどうぞ




あれから数日後国王に呼ばれいつもの部屋に来た

(なにか見せたいものあるって言ってたけどなんだろう)

コンコン
「入るぞ」

「はい」

国王が入ってきて対面の椅子に座った

「すまんな、待たせて、鬱陶しい奴が話に来て長引いてな」

「いえ、大丈夫ですよ」

「そうか、では本題に入ろうか」

「はい」

「本題だが、これだ」

そう言って、机に1つの箱と鍵を置いた

「これは?」

「これは、初代国王様が残したものなんだ」

「そうなんですか、それで中身は?」

「それがな、まだ分からないんだ」

「どうしてですか?」

「この箱はな、転移者か転生者しか開けられなくなっていて開けれないんだよ」

「そうなんですかで、開けて欲しいと」

「そうなんだ」

「分かりました、やってみます」

そして箱の鍵穴に鍵を成し込むと日本語の文字とキーボードが出てきた、文字は
初代国王の名前を入力せよ
だった

「どうだ?」

「まだですね、初代国王様の名前は?」

「どうしてそんなことを?」

「ここに書かれている文字に初代国王様の名前を入力せよって書いてるので」

「そうなのか、初代国王様の名前は、如月千斗きさらきせんとだよ」

「ありがとうございます」

そしてベルはキーボードで初代国王の名前を入力した

ガチャ

そして箱の鍵が空いた

「開きましたね」

「そうか、それで中身は?」

ベルは箱を開けて中身を見た、そこには1枚の日本語で書かれた紙と写真が入っていた

「この紙と写真ですね」

「それにはなんと?」

「読むでで少し待っててください」

「わかった」

その紙に書かれていたのはこうだ

初めまして、俺は初代国王をやってた如月千斗だ、俺は勇者召喚でこの世界に転移したんだ、君はどっちかな?聞く方法は無いけどね、とりあいず、俺と一緒に召喚された仲間を紹介しよう、勇者はゆうまでもなく俺だ、次は聖女は、政宗実政宗実まさむねみのりだ、そして賢者の、政宗拓美まさむねたくみだ、この手紙が読まれてる時には英雄にでもなってるのかな?まーどっちでも俺には関係ないけどね、この手紙が読まれた時のマーベルド王国の国王にこう言っておいてくれ、今国王の人へ、この国をもし滅ぼすことがあっり滅んだら僕が呪って上げるから覚悟しといてね?、とねまー僕は多分死ぬことがないから、直接殴り込んでもいいけどめんどくさいしね、とりあいず、今手紙を読んでる人、今の国王をできるだけサポートしてあげてね、じゃあまたね

で、手紙が終わった、そして写真を見ると初代国王の千斗さん?と実と拓美の3人が写っていた

「で、なんと?」

「国王に、伝言がありました」

「なんと?」

「この国をもし滅ぼすことがあっり滅んだら僕が呪って上げるから覚悟しといてね?、だそうです」

「なんて人だ初代国王は」

「ところでこの真ん中の人がその初代国王ですか?」

ベルは国王に写真を見せた
写り方は真ん中に初代国王、その右に聖女、左に賢者という感じて写っている

「あぁ、そうだ、この人だよ」

「そうなんですか」

「あと二人は名前しか分からないがね」

「実はですね、聖女と賢者は僕の日本にいた頃の両親です」

「なんだと?!どういう事だ?」

「それは、僕が日本にいる時の、7歳の頃突然行方不明になったんですよ、そして僕はお爺さん達の所に引き取られましたが」

「そんな事があったのか」

「はい、まさか転生した先に両親が転移していたとわ」

「そうだな、今は多分無くなっていると思うが、生きていたら逢いに行くのか?勇者と聖女と賢者として召喚されたら寿命の凱旋がなくなると言われているから、殺られてなければ会えるかも知れんぞ?」

「そうですね、会えるなら会いたいですが、どこにいるかも分かりませんからね」

「その辺は儂も手伝うぞ、将来は息子になるからな」

「ありがとうございます、今は会いに行く予定はないですが、行く時になったら伝えますので情報収集などお願いします」

「わかった、またいつでも来いよ」

「はい、あとひとつ聞きたいのですがいいですか?」

「なんだ?」

「先日、婚約者の皆のためにネックレスを作ったのですが、ハイパージャッジと言う効果がつきまして」

「なんだその効果は」

「それが、一定上限を満たすと出来る進化あるじゃないですか?」

「うん、あるな」

「それをなんの上限なしで1回付けると1回だけ進化する効果みたいです」

「そ、それまた凄いのを」

「それを、テレス達に渡しても良いのでしょうかと聞きたかったんです」

「いいよ、テレス達は強く居てもらわないといけないからな、その位は許そう」

「他にも、効果はありますが、分かりました、また後日渡しておきますね」

「そのハイパージャッジとやらの他にも効果があるのか、凄いな」

「この服よりは、弱いですがね」

「その服も効果がついてるのか?」

「はい、一応」

「一応、僕専用で作ったので、簡単に言うと、ほぼ無敵ですね」

「な、なるほど、ちなみにどうなったらその装甲を敗れるんだ?」

「そうですね、無理やり剥ぎ取る他ないですかね?剥ぎ取ったところで、僕の体の方が丈夫ですので意味無いですが、多分」

「じゃあ、その装備いるのか?」

「いりませんね、せっかくなら強くしようとした結果ですが」

「もーいい、お前の相手をしてると疲れる、またな」

「はい、さよなら」

そしてベルは家に帰った

《ねぇ、ピクシー?》

《はい、なんですか?》

《このネックレス、いつ渡そう》

《しょうがないマスターですね、でしたらデートにでも誘って渡したらどうですか?》

《そうだね、ありがとうピクシーがいると助かるよ》

《えへへ、ありがとうございますマスター》



ルビの使い方をようやく理解した笑
まさかそんな使い方とわね笑
なろうの方に投稿してなかったら知らなかった

「転生して進化したら最強になって無双します」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ましゃや

    いや、なんかもう親のこととか完全に異世界貴族の冒険録すぎて無理www見すぎだろまじでキモイwww

    0
  • ノベルバユーザー354375

    初代国王がキラキラネームって、キモッ!!

    0
コメントを書く