その電車から、降りてはいけない

ザクロ・ラスト・オデン

目が覚めれば

あれから、どれほどの時間が経っただろう
何も思い出せない。だが、目が覚めた
ここは、病院だ
横の椅子に座っていた両親が、泣きながら私の手を握った
何が起こっているのか全然わからない


「おかえり、やっと目が覚めたんだね」
「お母さん、私、何が起こったの?」
するとお母さんは「何も覚えてないのね」とつぶやいた
「あなたは、静岡県の駅で発見されたの。椅子に座って、眠ったような状態だったらしいわ。でも、脳に何か大きなダメージがかかってたみたいで、もう目は覚めないかもしれないって、お医者さんが言ってたの。


それから、8年も経ったのよ」


あの時16歳だった私は、24歳になっていた
ずっとずっと眠っていたらしい


私はお母さんに頼んで、私のあの時のスマホはないかと聞いてみた
するとお母さんは、バックからスマホを出した。私は8年ぶりにツイッターを開いた
つぶやきを見るからして、夢じゃなかったみたいだ。本当に私は体験したんだ
そして私は帰って来れたんだ、現実世界に帰ってきたんだ!!


「私、帰って来れた、やっと帰って来れたんだ。お母さん、お父さん!!」


そう言って、私がスマホから顔を上げ、両親を見た時だった
そこに、両親はいなかった
そして私は気づいた


あの日、あの場所で、眠ってしまって、二度と目覚められなくなって


これは、私が見ている、理想の世界の夢なのだと、気づいた


スマホの画面に表示されてるのは「圏外」の文字
外に広がるのは、どこまでも続く真っ暗な闇
ふっと、スマホの電源が落ちた。電池が切れたみたいだ


真っ白の病院のベッドの上、私はただ「帰りたい」と泣き続けていた


「あーあ、だからあれだけ忠告しといたのに、欲望に負けちゃったか、やっぱり人間って、雑魚だな
その電車からは、降りてはいけなかったんだよ
また一人、人間がこっちの世界に増えた、ただそれだけのことだ
ようこそ、異世界へ」


どこからともなく聞こえたその声は、あのフォロー外の人のように聞こえた




その電車から、降りてはいけない




「その電車から、降りてはいけない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く