話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

俺はどこでもモブ扱い

海ネズミ

第4話 夢みた異世界生活はこんなのじゃない

「おい、見ねえ顔だな。誰だ貴様は。」
「俺か?俺はみちる。佐倉みちるだ。」
「違うぞリーネ。お前はカヌトリーネのリーネだぞ。」
「ち、違うわい。」
「違くないぞ。お前はリーネェ〜〜いてゃあいいたてゃあい。」

俺たちはギルドに来ていた。
登録なども済ませたいがなんせ情報が少ない。俺はこういう所はイカちいおっちゃんに話したくなる。異世界に来たならそういう冒険者的なものに憧れるからだ。
それなのに・・・
「いいかカミュー、俺はみちるを名乗る。ってか俺は今までもこれからもみちるだ!」
「ちがうのだ!リーネはリーネなのだ!!」
「おい…兄妹喧嘩なら他でやれよ」
『兄妹じゃない(のだ!)!』
俺とカミューは息ぴったりにこんなことを言ってしまった。そんな様子を見ていたおっちゃんが、
「いや、兄妹にしか見えんぞ…」
俺たちは登録する前に話し合う必要があると思った。

「なんでお前が兄なのじゃ!」
「はぁ〜っ?逆になんでお前の兄になんかならなくちゃいけないんだよ。」
「そうなのだ!私の方がお姉ちゃんなのだ。」
「そもそも俺とおま・・・今なんて?」
「何度でも言うのだ。私の方がお姉ちゃんなのだ!」
「いやいやいや無理があるだろ。」
「私の方が大人だからお姉ちゃんなのだ。」
そうか。こいつは兄妹じゃなくて妹ってところにキレていたのか。

メンドクセ〜…

「わかったよ。お前がお姉ちゃんな。」
「わかってくれて嬉しいのだ。」
こいつの扱い方がわかってきた気がする。
「なぁ。」
「なんだよ?」
「お前ではなくカミュー様と読んで欲しいのだ。」
「じゃあな。」
「わかったカミューでいいから置いていかないでー!」
涙目になりながら俺を追っかけてきた。
お姉ちゃんね〜…
「・・・フッ」
「なんなのだ!」
「なんでもないなんでもない」
またもめるのも面倒くさい。俺は適当に流すことにした。
「なぁカミュー。今からギルドに登録して冒険者としての一歩を歩むわけだが…っておい、何食ってんだよ。」
「んぐんぐ…ぷはぁ〜んまい!」
「んまい!じゃねえよ。お姉ちゃんになりたいんだろ。ならもっと…」
「なりたいじゃないぞリーネ。もうなっているじゃないか。」
こいつ…
「とりあえずギルドに加入しにいくぞ。」
「うん。」
俺はギルドの受付で1番美人の人の所に行った。

「カヌトリーネさんですね?登録完了しました。今後の活躍に期待していますね。」
「はい!」
最後の一言はおそらくマニュアルなのだろう。そうと分かっていても、美人なお姉さんに言われるととても嬉しい。
「お次の方ー!・・・妹さんですか?」
「何を言う!!お姉ちゃんなのだ。」
「あ、はいわかりました。」
お姉さんは俺の顔を一度見て何かを察したのだろう。
「カミューさんでよろしいですか?」
「カミュー様なのングググッ・・・」
「はいそうです。」
面倒なことにはしたくなかった俺はカミューの口を急いで塞いだ。何か言いたそうだったが、あとで飯を奢ると言う言葉で機嫌を直してくれた。
「登録完了しました。これから2人の活躍を期待します。そして、登録手数なんですが、金貨4枚です。」
「頑張ります!」
俺は金を出した。
「これからもお願いします!」
俺はとりあえず明日からのクエストに備えて、寝床を確保するためにギルドを後にしようと思っていた。が…
「あのすいません…手数料が1人分足りないのですが」
「はい?」
「妹さんの分がまだ…」
(妹じゃないのだ!お姉ちゃんなのだ!)
カミューはまたギャーギャー言い始めたがそれどころではない。
「おいカミュー、お前金はあるんだろ?ちゃんと払わなきゃダメじゃないか…」
「何を言ってるのだ?金なら全てリーネに渡したぞ?」
やっぱりか・・・
「あの〜…」
ギルドのお姉さんが気まずそうに行ってきた。
「あとで返しにきてくれるのであれば私が立て替えておきますよ?」
かっこ悪い。非常にかっこ悪い。
「じゃそう言うことにしてくれ。」
カミューは勝手にそんなことを言い出した。
「すみませんすみません。」
俺は何度も頭を下げた。
さすがにギルドのお姉さんも、苦笑いだった。
「必ず返しますから。」
「待ってますね。」
お姉さんは優しく微笑んでくれた。この世界にきて初めての癒しだ。
明日から頑張るぞと思いギルドを出ようとした時、ギルドに連接している食堂の人に呼び止められた。
「おい兄ちゃん、そこの妹さんが食った飯代がまだ払ってもらっていないのだが?」
「え?」
カミューは相変わらずギャーギャー言っている。
「金貨22枚なんだが、払えないのか?」
額を聞いた途端にカミューは静かになった。こいつ何食ったらそんな額になるんだよ。
「すみません。必ず返しますから、借金ということで出来ませんかね?」
俺は内心であとでカミューに喝を入れることを決意した。
「んーそうだなぁ、金貨30枚にしてもいいならだな。」
はっきり言って利子が高いと思う。けど選択肢は俺にはない。
「わかった。ありがとう。」
「よし。」

早速借金ができた。金貨32枚。正確にいうと30枚はカミューなのだ。なのにあいつときたら…
「お兄ちゃん・・・カミューのせいで借金しちゃったの?ごめんなさい。」
急に妹を演じやがった。

夢見た異世界生活は、どう見ても10才未満の自称神のロリ っ子が姉と言い張り都合が悪くなると妹になるアンハッピーセットに未だ理解できない「絶対音感」という能力に、借金金貨32枚という夢のない形で始まったのだった。


「俺はどこでもモブ扱い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く