内気なメイドさんはヒミツだらけ

差等キダイ

夢野さんは突然すぎる

「稲本君、ちょっといい?」
「……誰だっけ?」
「夢野よ!夢野ありす!あんたのメイドから席を強奪された夢野ありすよ!」
「すいませんっしたぁ!!」

 俺は机に頭をぶつける勢いで頭を下げた。
 いかん、すっかり忘れていた!うちのメイドがほんっとうにすいません!
 念の為紹介しておこう。この子は夢野ありす。霜月さんに席を強奪されたクラスメートである。
 霜月さんとは対照的なふわふわした長い茶髪は、触れたら気持ち良さそうだ。絶対やらないけど。
 顔立ちもそこそこ可愛く、スレンダーな体型と美脚が素晴らしい。
 ちなみに、去年同じクラスだったこともあり、そこそこ交流がある。フラグは立っていないが……。
 そんな感じで、謝罪のついでにモノローグで紹介を済ませていると、彼女がやや引いている気配がした。

「ちょっ……そんな大声でやめてよ。皆見てるじゃん……べ、別にいいわよ。気にしてないから……」
「そっか。ならよかった。霜月さんなら、今職員室に呼ばれてるけど、何か用?」
「えっ?職員室って……あの子また何かやらかしたの?」
「いや、メイド服のことで呼ばれてるだけ」
「……ああ、なら納得」

 納得……しちゃうのか。仕方ないか、このクラスはだいぶ感覚が麻痺してるし。
 まあ、もうじき『論破』して帰ってくるだろうな。もしくは腕相撲で撃破してくるだろう。うん、どっちでもいい。俺に迷惑がかからなければ。

「それで、夢野さんは何の用?」
「ああ、忘れるところだったわ。ちょっと今日の放課後付き合ってくれない?」
「……ごめん。今好きな人いるから。」
「そういう意味じゃないわよ!アンタみたいな変態好きになるわけないじゃない!」
「誰が変態だ!誰が!」
「アンタよ!学校にメイドをつれてくるメイドフェチだって評判よ!」
「ぐっ……」

 それに関しては反論できない。かくなるうえは……

「それで、夢野さん。何の用だっけ?」
「気持ちいいくらいの話題転換ね。ま、いいけど。ちょっと買い物付き合ってよ」
「……はあ?何で俺が……」
「荷物持ちしてくれたら、アンタのメイドの件は水に流すわよ」
「了解しました」

 くっ……メイドの失態は主人の責任かもしれないが、何で俺が……!あとで霜月さんに仕返ししてやろう。風呂覗くとか……いや、やめておこう。バレたら間違いなくただの屍にされてしまう。
 すると、ちょうど霜月さんが教室に入ってきた。

「た、ただいま戻りました……御主人様」
「先生から何言われたんですか?」
「……も、問題ありません。論破、してきました」
「…………」

 絶対に嘘だ。何なら今度目の前で論破してもらおう。どんな地獄絵図が展開されるか楽しみだ。
 霜月さんは、俺と夢野さんを交互に見て、不思議そうに首を傾げた。

「御主人様……女の子と話してるなんて、珍しいですね」
「やかましい。ああ、霜月さん。今日俺、放課後用事があるから」
「……御主人様、ご、ご冗談を……」
「いや、冗談じゃねえよ。てなわけで、今日は一人で帰ってください」
「……私も……今日はデート」
「対抗しようとして変なウソつかなくてもいいですから」
「わかりました……では、お気をつけください……夢見さん」
「どういう意味だよ!」
「てかあたしの名前間違ってるわよ!」
「あわわ……!いえ、その……御主人様と二人きりだなんて、夢山さんが心配と言いますか……」
「いい加減、俺を性欲の権化みたいに言うのをやめろ!」
「だから、まだ私の名前間違ってるわよ!」
「あわわ……あっ、チャイムが鳴りましたので、席に……」
「「鳴ってない!」」

 *******

 放課後……。
 俺は夢野さんと並んで、駅前のデパート内を歩いていた。ざわざわと混んではいるものの、その喧騒もどこか遠い。
 いかん。突然のラッキーイベント発生で、授業にまったく身が入らなかったぜ。

「まったく、アンタんとこのメイドはどうなってんのよ」
「夢見さんちのメイドほど優秀じゃあないかもな」
「うちにメイドなんていないわよ!ていうか、アンタまで名前間違わないでよ!」
「失礼、噛みました」
「嘘つき。わざとでしょ……って、このやりとりやめたほうがいいわ。色んな意味で」
「はいはい。それはそうと、買い物ってどこに行くんだ?」
「ついてくればわかるわよ」

 ……やばい。
 これはモテ期に入って、恋が攻めてきたのかもしれん。
 まさかその第一弾が夢野さんとは……悪くない。むしろいい。

「……何ニヤニヤしてんのよ。気持ち悪い」
「いや、ほんのちょっと空想に浸ってニヤニヤしてただけだよ」
「それが気持ち悪いのよ。たまに教室内でもなってるから改めなさい」
「はい」

 マジか。そういうの人から教えられると、滅茶苦茶恥ずかしい!

「てか、そんなの見ないでくれよ。あとその場で教えてくれればいいと思うんですが」
「いやよ。私まで変人扱いされそうだし……あ、着いたわ。ここよ」
「ようやく着いたか……は?」

 目をぱちくりさせ、何度も確認してみるが、現実は変わらない。
 夢野さんが指差したフロア。それは……下着屋だった。

「内気なメイドさんはヒミツだらけ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く