内気なメイドさんはヒミツだらけ

差等キダイ

メイドさんは右から来たものを左へ受け流す

「なあ、幸人。もうそろそろ歓迎会やろうぜ」
「え?」
「え?じゃないよ。霜月さんの歓迎会、やろうぜ」
「……ああ。そうだった」

 そもそも同居がいきなりだったから、歓迎会とか完全に忘れてた。何なら、あまりの毒舌で傍若無人なメイドっぷりに、歓迎ムードなぞなくなりそうだ。むしろ、そろそろ上下関係をきっちり叩き込むまである。無理だけど。

「……もしかして、何も考えてなかったのか?」
「そ、そんなわけないじゃん?いつやろうか、常々考えてたし?」
「……ま、まあいい。じゃあ霜月さんにも話しといてくれよ」
「おう。わかった」

 歓迎会か……まあ確かにいいかもしれない。
 まだ俺も霜月さんの事、よくわからないし。

 *******

 帰り道、さっそく霜月さんに話す事にした。
 予想どおり、彼女はきょとんと目を丸くした。ちなみに、車道を挟んで向こう側にいるサラリーマンは、霜月さんのメイド姿を見て、目を丸くしていた。

「歓迎会……ですか?」
「ああ、クラスメイトと企画したんだけど……」
「そ、そうなんですか……でも、クラスメイトと企画したんだけどって言ってましたけど、間違いなく御主人様の提案ではないですよね」
「ぎくっ!ま、まあ、それは置いときましょう」
「わかりました……でも、いいんですか?わ、私、ただのメイドなんですけど……」
「まあ、別にいいんじゃないですか。俺にとっちゃメイドでも、クラスの奴からしたら、変わったクラスメイトだし」

 まあ、普通のメイドとは違うけど。いや、そもそも普通のメイドとは?これは中々奥が深いな。今度考える必要がありそうだ。

「あ、あの、御主人様……くだらない事を考えている最中申し訳ありませんが、ちょっといいですか?」
「失礼だな、オイ!」
「あわわ……ごめんなさいっ、それより、場所は……ど、どこでやるんですか?い、い、居酒屋ですか?」
「いきなりそこチョイスするんですか……いや、居酒屋はないですよ。俺達未成年ですから」
「そ、そうですね……ふぅ」
「ていうか、こういう時って、『メイドの意地を見せます!』とか言って、はりきって料理するんじゃないんですか?」
「え?何言ってるんですか?頭おかしいんですか?私、時間外労働はしない主義なんですけど」
「…………」

 うわあ……言ってることは悪くはないのに、ドヤ顔が無性に腹立つ。しかも、こういう時だけオドオドが減るのも腹立つ。
 あと未成年の癖に、酒飲めないのが残念そうなのは何でだよ……。

「そ、そ、そういえば、御主人様……」
「?」
「さっき……私がクラスの皆さんから、変わったクラスメイトと思われてるとか言ってましたけど……ほ、本当ですか?」
「はい」
「そ、即答ですか!?」
「そりゃあ、クラスどころか、学校全体で」
「……がっでむ」
「やめい、はしたない。ていうか当たり前でしょうが。理由はあえて言いませんが」
「……あの、どうすればいいんでしょうか?このままでは、私も御主人様みたいに変人扱いされてしまいます」
「さらっと失礼な事いってんじゃねえ!!……でも、そう考えると俺達って変人コンビなのか……」
「ふぅ、ま、まあ仕方ないですね。あまり気にしないようにします。それに、じ……実は、単純に私にモテ期がきたのかもしれません」
「ポジティブになるの早いですね。てか何すか、その無駄にデカイ自信。ありえないでしょ」
「……うぅ……ご、御主人様のいじわる」

 何でこの人との会話はいちいち脇道に逸れるんだろうな。もうだいぶ慣れてきたけど……慣れたくない。

 *******

 その日の夜……。

「御主人様、少しよろしいですか?」
「はい?どうかしましたか?」
「あの、よろしかったら……い、一緒に……」

 頬を染めて、モジモジと恥じらう姿からは、同い年とは思えない色気が漂ってくる。
 ……うわっ、なんかエロっ。この前も思ったんだけど、ちょいちょいこういう姿見せるんだよな。
 ……い、いかん。危うく毒舌メイドに欲情するとこだったぜ……。
 ここは主人とメイドの間柄を保つべく、毅然と振る舞わねば。

「あ、あの……本当にいいんですか」
「はい……こ、攻略してください」

 おっと、自分からヒロイン宣言してくるとは。

「……どうしても、ですか?」
「……はい。私、もう我慢できないんです」

 もう発情していらっしゃるとは!これはこれは!

「私、こういうの初めてで……」

 俺も初めてですよ!心配しないで!一緒に勉強していけばいいじゃないか!

「だから……お願いします」
「わかりました」
「このゲーム、途中まで攻略してください!」
「…………」

 いや、もちろんわかってましたよ?気づかなかったのは読者くらいのもんじゃないですか?だって手にゲーム機持ってるし。

「まあいいですけど……ていうか、攻略しちゃっていいんですか?」
「よろしくお願いします……」
「いや、言い直します。アレを倒してしまって構わんのだな?」
「……滑ってますよ?で、でも、応援してます……御主人様の数少ない特技を見せてください」
「やかましいわ!まだ他にも色々あるだろうが!」
「えっと……右から来たものを左へ受け流すくらい、でしょうか?」
「…………」

 ……ちょっと懐かしいネタ出してんじゃねえよ。
 てか、俺の話を右から左へ受け流してんのはアンタじゃねえか。

「内気なメイドさんはヒミツだらけ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く