内気なメイドさんはヒミツだらけ

差等キダイ

内気なメイドさんは馴染んできた

 帰り道、まさかメイドさんと一緒に帰ることに、こんなに早く慣れるとは思わなかった。人がチラチラこっちを見ていようが気にならない!むしろ、もしかして……あの人俺の事好きなんじゃね?くらいに思えてくるわ!
 ……ふぅ。もう考えないようにしよう。
 俺は、右斜め後ろをトコトコ歩く霜月さんに目をやった。
 すると、ばっちり目が合う。
 その気まずさを紛らすように、ひとまず口を開いた。

「そういや、もうだいぶクラスに馴染んでるみたいですね。友達もいるみたいだし」
「あ、ご、ごめんなさい……」

 何故謝るのか。

「いや、別に謝らなくてもいいんですけど……」
「だって……御主人様より、メイドの私のほうが……と、友達が多いだなんて、御主人様に恥をかかせてしまいます……」
「いや、アンタ何言ってんの?」

 このメイド、ちょっと友達ができたからって調子に乗ってやがる。
 相手してやるのも面倒くさいが、とりあえず反論しておくか。

「霜月さん。さすがに失礼ですよ。転校して日が浅い霜月さんより友達が少ないとか、どんな冗談ですか」
「ええっ!?ち、ちち、違うんですかっ!?」
「またやけに驚き方派手ですね。どんだけ信じられないんだよ……」
「えと、あの……だって、御主人様……教室では横田さんと話してるところしか見ていないのですが……」
「……気のせいだ」
「えっ?あ、ああ、ごめんなさい。忘れていました……二言三言くらいは話してましたよね。でもあまり親しげではありませんでした。会話の内容や距離感からは、友達とはいえないような気がします」
「何でそういう時だけ饒舌になるんだよ……いや、待て。そもそも会話内容とか聞いてたの?」
「はい。ね、念のために……ちなみに、次の授業は何かとか、宿題の内容しか話さないだけの関係を友達というのは……」
「やめろやめろやめてくださいおねがい!なんかとんでもない事実を突きつけられてる気がしますから!」
「あっ、御主人様……きょ、今日は御主人様の好きな物をお作りしますよ。ね?」
「ね?じゃねえよ!何急に優しく慰めようとしてるんですか!ていうか、そのテンションムカつく!」
「あわわ……も、申し訳ないございません。た、多分悪気はないんです」
「多分って言いましたよね!?今、多分て言いましたよね!?」
「あっ、流れ星……」
「いやいや、誤魔化し方下手すぎか!あっ、今度は耳栓付けやがった!」

 とまあ、こんな感じで賑やかで楽しい帰り道です。

 *******

 翌日のお昼休み……。
 ここからはほんの少しだけ私目線になります。皆さん、お待たせしました。霜月あいです。美女メイドのお姉さんです。
 あっ、さすがにモノローグでは噛みませんよ?当たり前です。
 しかし、いいのでしょうか?私目線なんて……。
 これでまた御主人様の影が薄くなったら、目も当てられないのですが……。
 いえ、私はメイド。御主人様のメイドなのです。
 メイドは御主人様を陰ながら支えるものなのです。なので、メイドらしく、こっそり私目線で物語を展開していきます。

「ねえねえ、霜月さ~ん」
「は、はい……」

 おっと、いきなり声をかけられました。人気者は忙しいですね。
 目を向けると、クラスメイトのA子さんとB子さんがいました。すいません。まだ名前覚えていないんです。べ、別に、興味ないとかじゃないんだからねっ、です。まだ余裕がないだけです……色々と。
 A子さんは、何か面白そうに私の顔を覗き込んでいます。何でしょう?

「霜月さんってさ、ぶっちゃけ……どうなの?」
「はあ……メ、メイドですが」
「ち、違うよ!そういうのが聞きたいんじゃなくて!彼とはどうなの?」
「え?え?彼、とは?」
「そりゃあ、あなたの御主人様よ」
「そうそう、稲本君!……だっけ?」

 御主人様……名前すら覚えてもらってないなんて……哀れな。
 でも安心してください、御主人様。私はしっかり覚えてますから。

「そんな……ご、御主人様はただの御主人様です。それ以上でも以下でもありません」
「そうなんだ。あっ、じゃあ稲本君からアプローチとかは?」
「……よくありますが、すべてお断りしています。あうっ」

 頭に衝撃が走ったので振り向くと、御主人様が立っていた。あれ?怒ってる?何故でしょうか?

「人が目を離した隙に、何嘘をばらまいてんですか」
「えっ?ご、御主人様……私の事、ほ、本当は好きだったんじゃ……」
「まだそのくだりかよ!アンタ本当に好きだな!」
「い、いえ、その……私は、別に、御主人様の事は好きじゃ……」
「……話してるとこっちが頭おかしくなりそうなんだが……とりあえず、何度も言ってるように、霜月さんに対する特別な好意とかないから」
「そんな……御主人様、私に押し入れで寝ていいって……い、言ったじゃないですか」
「ちょっ……」
「はぁっ!?稲本君、霜月さんを押し入れで寝かせてるの!?」
「さいってー!」
「いや、違うって。これには色々深いワケがありまして……」
「…………」

 どうやら押し入れの件は言ってはいけない事のようでした。なるほど。学びました。
 さて、じゃあこの場をさりげなく離れましょう。

「あっ、霜月さん、逃げないでくださいよ!」

 こうして私は、また一つ学校生活に……人としての穏やかな生活に馴染んでいくのでした。

「だから纏めんなー!!」

「内気なメイドさんはヒミツだらけ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く