内気なメイドさんはヒミツだらけ

差等キダイ

メイドとの日常は慣れる気はしない

「ご主人様……お、起きてください……」

 肩を優しく揺すられる。
 色々ポンコツな部分が露見した霜月さんではあるが、この起こし方は本当に素晴らしい。
 オドオドしているが、落ち着いた声音が心地よく耳に響き、優しく揺すられると、不思議とパッチリ目が覚める。
 目を開くと、ぼんやりした視界の中に、小さな笑みが見える。
 ふわふわ優しく包まれる感覚が、胸の奥を締めつけた気がした。
 しかし、それは幻だったのか、目の前にあるのは、やたらオドオドした顔だった……っていうか……!

「近っ!!」
「はわっ!」

 慌てて寝返りを打ち、距離をとる。あー、びっくりしたぁ……。てか、睫毛が意外と長かったような……いや、それより……。

「な、何やってるんですか?」
「あ、あの、これは、その……中々起きないから……じ、人工呼吸を……」
「いやいや、しなくていいから!大丈夫だから!ほら、困るじゃん!いざクラスメートとかとキスする展開になった時、『ごめん。俺自分のメイドとファーストキスしちゃったんだ』なんてバレたら……!」
「え?あ、あの、何を……言ってるんですか?ご主人様、朝から……頭おかしいんですか?」
「やかましいわ!あと、おはようございます」
「あ、はい……おはようございます。あの……ちなみに、クラスの中で彼女を作るのは……無理かと」
「いや、朝っぱらから何言ってくれてんですか。適当な事を……」

 突然の発言に苦笑いで返しながら、内心びびっていると、霜月さんは哀しそうな表情でふるふると振った。

「私くらいのメイドになれば、誰がご主人様に好意を抱いているかくらいわかります……ち、ちなみに……クラスの中に、ご主人様に好意を抱いている方は一人もいません」
「えっ?マ、マジですか?」
「は、はい!マジのマジの大マジです!!」

 何でやたら元気に言うのか。朝から元気なのは良いことだけど、こっちはテンションだだ下がりなんだが……。
 本当にチートなのかポンコツなのか、よくわからないメイドさんだと思う。

「そういえば、読心術とかどこで覚えたんですか?」
「っ…………ヒ、ヒミツです」

 あれ?このリアクション……もしかして……。

「……本当に読心術使えるんですか?」
「ほ、ほ、本当ですよ?はい……」
「じゃあ試しに俺の心を読んでもらっていいですか?」
「……はい。じゃあ……読んでみます」

 そう言ってから、彼女は俺の頭を両手で挟み込んだ。何気に痛い。ていうか怖い。この人の力でこんなことされると、命の危険を感じるんだが……。

「…………」
「…………」

 自然と至近距離で見つめ合うことになり、何だか落ち着かない。
 顔は可愛い。
 顔だけは素晴らしい……。
 少し頭のおかしな言動さえなければ……。

「御主人様……前も申し上げましたが、御主人は正直言ってあまりタイプではないといいますか……」
「いや、考えてねーから。とりあえず読心術ができないのはわかりました。あんま変な事ばっか言ってると学校で他人のふりしますよ」
「あうぅ……そ、それは困ります~!そうなったら、わ、わ、私はただの可愛いメイドコスの痛い美少女じゃないですか~!」
「あんた案外自己評価高いな!!」

 *******

 やはりきつい。
 何がって?
 登校中に周りから浴びる視線がだよ。
 この状態が当たり前になる日がくるのを想像できない。ていうか、もしそうなったら、この地域の人達の頭を疑う。

「ご、御主人様……日本は、そ、その……あちこち萌え萌えキュンな、メイドで溢れているというのは、都市伝説に過ぎないのでしょうか?」
「都市伝説どころか、ただの妄想ですよ。誰がそんなおかしな事を言ってたんですか?」
「えと……その……だ、旦那様が……」
「クソ親父~~~~!!!」

 何考えてんだよ、あの父親!
 本当は自分がメイド見たいだけじゃねえのか!?
 いや、だとしたら今の状況はおかしいか……って、何を朝っぱらからくだらない事を考えるのに時間を割いているんだ。
 
「……やれやれですね」
「ていうか、無理せずに本当に脱いでもいいですよ?」
「あわわわ……」
「どうしたんですか?」
「前から言ってるように……」
「いや、もうそのくだりはいりませんから。別に無理矢理着る必要はないですよ……」
「で、でもでも……いきなり……『お前、さっさと脱いで俺を満足させろ!』だなんて……」
「いやいや、耳腐ってるんですか!?ちょっ……あ、違いますよ!」

 近くを通りすぎた若いお姉さんが冷たい目を向けてきたので、慌てて弁解してみたものの、彼女はさっさと走り去ってしまった。

「くっ……また一つ誤解が……」
「あの……ご、御主人様……元気をだしてください。誰にでもそんな日はありますよ」
「ですよね……って、ないですよね!!こんなシチュエーション!!」

 本当にこんな日が慣れるようになるとは思えなかった。
 しかし、こんなのは序の口でしかなかった。

「内気なメイドさんはヒミツだらけ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く