内気なメイドさんはヒミツだらけ

差等キダイ

腹ペコメイドはかなり失礼

 昼食の時間になり、二人で学食に向かったが、正直居心地が悪い。

「おい、あれ……」
「メイド……だよな」
「学校の職員さん?」
「確か転校生らしいよ」

 視線がグサグサ突き刺さっている……霜月さんに。
 彼女は居心地悪そうに身を捩らせながら、大盛りのカレーを頬張っていた。食欲だけはあるあたり、やはり大物なのかもしれない。

「ご、御主人様……さっきから見られてますけど……な、何かしたんですか?」
「霜月さん。現実を見ましょう」

 むしろ俺は二次災害の被害者である。なんか俺がコスプレ強要したみたいになってるし。たまに聞こえてくる「さすいな」とか「変態魔神」の称号が、ガリガリ心を削ってくる。
 ……あれ?これって俺のほうが被害多くね?
 なんだかんだ言って、霜月さんは「可愛い」とか「萌え~」とか言われてるし……。
 霜月さんに目をやると、確かに可愛いのは可愛いと思う。失礼だけど。
 自信なさげな垂れ目も、すらっとした鼻も、形のいい薄紅色の唇も……あれ?改めてじっくり見ると、この人……。
 すると、カレーを平らげた彼女はスプーンを置き、頭を下げた。

「ご、ごめんなさい……」
「は?」

 何だ?何でいきなり謝られるんだ?

「私はメイドですので、御主人様とお付き合いすることはできません……あとタイプじゃないですし」
「うるせえよ!そんな事思ってねえよ!」

 なんて勘違いしてやがるんだ、この人頭おかしいんじゃないか!?

「隣失礼しま~す」

 横田がうどんの載ったお盆を置き、隣に座ってきた。また面倒な予感がする……。

「あのさ、いきなりなんだけど、二人って付き合ってんの?」

 予想はあっさりと的中した。ここまでくると、いっそ清々しいまである。

「違うっての。あと本当にいきなりすぎるわ。もっと前置きとかあんだろ」
「いや、やっぱり気になってな。それで、霜月さんはどうなの?」
「だ、断じて違います……御主人様の気持ちは嬉しいですが」
「おい」

 いや、気持ちも何もないんだが……。

「あはははっ!!残念だったな、幸人!!ふられたな……!」
「…………」

 ああもう、こいつらうぜえぇ!!

 *******

 今日の授業は全て終了した。
 教室内には弛緩した空気が漂い、その心地よい空間の中で、ぼんやりと放課後どうするかだとか、これから部活だとか、クラスメートが会話を交わすのが聞こえてくる。
 しかし、今の俺にそのほんわかした空気を楽しむ余裕はなかった。
 俺は隣の席に目をやる。
 すると、隣に座っている霜月は、ビクッと姿勢を正した。

「……ご、ご主人様、そろそろ帰りましょうか、はい」
「待てい」

 何がはいだよ。一人で納得してんなよ。
 俺は溜め息を吐き、瞑目し、今日の授業を振り返る。
 しかし、すぐに頭が疲れてオーバーヒートを起こしそうだったので、かぶりを振って中断する。
 まさか、彼女がこれほどまでとは思わなかった。
 これほど…………おバカだとは。
 一限目の現代文の時間はまだよかった。
 数学なんて、教科書を開いた途端寝やがった。そりゃあもう安らかな寝息をたてながら。先生がほっこりした笑顔で起こしても……

『ふふっ、霜月さん。起きなさい』
『ね、寝てません……』
『…………』

 などとのたまう始末。しかも、後で俺が廊下に呼び出されて怒られる始末。どうなってるんだ。いや、仕方ないのか。てか、メイド服は普通に受け入れられるんだな……自由な校風、素晴らしい。
 まあ、とにかく……これを放っておく訳にはいかない。

「あ、あの……私、部活に行かなくては……」
「…………」

 あまりにも大胆すぎる嘘に言葉を失う。何だこのメイド。その嘘大胆すぎるだろ。どうして通じると思ったんだ。
 俺は彼女の前の席に腰かけ、彼女と向き合った。 

「よし。とりあえず復習くらいはして帰るか」
「えぇっ……!?」
「いや、霜月さんは今日の感じだと、ここでしっかりやっとかないと、一年後にはやばいことになりそうな気がする。面倒なのはわかるけど」
「あっ、面倒とかではなくて!」
「?」
「そ、その……失礼ですが、ご主人様は私より頭が……はい……」
「本当に失礼だな!!!」
「えと……その……悪い意味じゃなくて、キャラ的に……」
「より失礼だよ!えっ?ていうか、俺そんなにバカキャラですか?」
「はい」
「…………」

 まさかこんな時だけ即答されるとは思わなかった。しかもふざけて言ってる気配がまったくない。ガチの感想。
 とりあえず黙ってデコピンをかます。

「あうっ」
「とりあえず軽く復習だけでもしていくぞ。学年77位の実力を見せてやる」
「えっ?ご、ご主人様……77位なんですか?……微妙」
「アンタ、本当に失礼だな!!」

 何なんだよ、このメイド!
 いや、まあ威張って人に教えるほどでもないのは自覚してるんだけどさ……。

「とりあえず始めようか」
「で、でも、ご主人様……お腹、空いてますよね。空いてますよね。空いてますよね?」
「え?いや、空いてませんけど、別に。昼は学食で結構がっつり食ったし。あとそんなに繰り返さなくとも」
「いえ、そ、そんは事は……」

 突然ぐぅ~~~~~っと間の抜けた音が響く。
 その音は哀愁漂う余韻を残し、教室内に残念な空気を生み出した。
 すべての発生源となった霜月さんは、顔を真っ赤にし、ふるふると震えながら、ぽそぽそと口を開いた。

「……ほら」
「…………」

 ほらじゃねえよ。さらっと人のせいにすんな。ここまで堂々と嘘つけるとかすごい。すごすぎてドン引き通り越して感心しちゃう。
 結局俺達はそのまま帰宅することになった。
 

「内気なメイドさんはヒミツだらけ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く