内気なメイドさんはヒミツだらけ

差等キダイ

朝食

 翌日、自宅前にて俺は二人を見送った。
 二人はまるで、ちょっと近所に買い物にでも行くようなテンションだから、まったく実感が湧かない。

「じゃあ、霜月さん。幸人を頼んだよ」
「は、はい……」
「襲われそうになったら、程々に去勢していいからね」
「わかりました……程々に」
「おい」

 そこまで息子が信用できないか。てか、去勢に程々とかあるのか。あとあっさり了承しないでくれ。
 そんなツッコミをする間もなく、二人はさっさとタクシーに乗り込み、行ってしまった。
 車の音が完全に聞こえなくなると、家の中は普段よりしんとしていて、耳が疼くような静寂が訪れる。
 しかし、今はそんな静寂を寂しいと思う余裕はなかった。

「「…………」」

 さて、どうしたものか。
 こうなってしまった以上、俺の一存で帰ってもらうわけにもいかないし、とはいえ年頃の男女が一つ屋根の下というのも……。
 いや、勝負に負けた以上、そこばっかり気にしていても仕方がない。
 まずは話しかけて、少しずつ……

「あの……」
「わひゃいっ!」
「…………」
「あ、ご、ごめんなさい……いきなり話しかけられてびっくりしちゃって……」

 どうやらハードルは高そうだ。ていうか、こんなんでメイドとしての仕事は大丈夫なんだろうか?
 なんか掃除中に壺とか割りそうだし、塩と砂糖間違いそうなんだけど……。
 前途多難な共同生活に、不安いっぱいになっていると、霜月さんは「あの……」と口を開いた。

「お食事にしますか?お風呂にしますか?それとも……」

 それはメイドじゃなくて、新妻じゃないのか?しかも今は朝だぞ?
 ていうか、それとも……って、まさか……!
 思春期男子特有の邪な期待が膨らむのを感じながら続きを待つと……霜月さんは、言いづらそうに言った。

「また寝ますか?」
「いや、さっき起きたばかりなんですけど」

 二度寝を許してくれる優しさは評価しよう。寝ないけど。

「で、ですよね……では、朝御飯の支度をしますので、少々お待ちください」
「手伝おうか?」
「い、いえ、ご主人様にそのような真似はさせられませんっ」

 首をぶんぶん振りながら断った霜月さんは、パタパタと速歩きでキッチンへ向かう。
 その後ろ姿を見ていると、果たしてこんな状況に慣れる日が来るのかが疑わしく思えた。
 ……ま、まあいいや。とりあえず流れに身を任せよう。

 *******

 手伝いはいらないとのことだったので、自分の部屋で緊張しながら待っていると、割りとすぐに「できました」とドアをノックされた。
 果たして……どんな料理が並んでいるのだろう?
 覚悟を決め、リビングのドアをゆっくりと開ける。

「おお……」

 そこには、いかにも朝食という感じの料理がテーブルに並んでいた。
 ぷるっと半熟の目玉焼きに、カリカリのベーコン。ほうれん草のおひたしに、キャベツやトマトのサラダが並び、味噌汁がいい匂いで鼻腔をくすぐってくる。
 いや、待て。
 まだ味はわからないじゃないか。
 俺の怪訝そうな視線を見た霜月さんは、不安そうにあわあわしだした。

「あ、あの……苦手なものとかありましたか?」
「いや、大丈夫ですよ。好き嫌いとかないんで」
「ほっ……よかったです。事前に聞いた通りでした。じゃあ、冷めない内にどうぞ」
「あっ、はい……いただきます」

 その辺は聞いてるんだな……父さん、母さん。余計な事言ってないよな?
 両親の口の軽さに一抹の不安を感じながら、とりあえず味噌汁を啜る。
 すると、自然に感想が零れた。

「……めちゃくちゃ美味い」

 な、何だ、この味噌汁……今まで食べたどんな味噌汁より……いや、比べようのないくらい……うっかり服がはだけたり、周りの服をはだけさせたりするレベルの美味さ……!!
 俺の感想に、メイド服がはだける気配のないまま、霜月さんは頬を染めた。

「あ、ありがとうございます……」
「ていうか、本当に俺の好みの味とか聞いてるんですね」
「ええ。お母様から、ご主人様の情報はほとんど……身長や体重……学校の成績……お宝の隠し場所……」

 おっと不穏な単語が聞こえてきましたよ?
 俺はベーコンと白米を口の中に押し込み、ゆっくり咀嚼して飲み込み、気持ちを落ち着けてから口を開く。

「霜月さん。お宝の隠し場所っていうのは何の事でしょうか?」
「……ご主人様の……エッチな本、34冊の隠し場所です」

 冊数まで把握していやがる!あ、あの母親、いつの間に!ていうか、メイドさんに報告する必要あった!?ないよねぇ!?

「えっと、あとは……」
「もういいです!もういいですから!」

 何だ!あとは何なんだ!?
 聞きたいけど怖くて聞けない!身に覚えもないし!
 結局、自分の秘密やら何やらを頭の中で確認しながら、俺は美味い朝食をゆっくり味わう暇もなく、さっさと平らげた。

 *******

「ねえ、本当に大丈夫かしら?あの二人……」
「大丈夫だよ。幸人は僕達の子だ。あの子ならきっと彼女を……」

 *******

 時計を見ると、いつも家を出る時間を少し過ぎていた。そろそろ出ないとまずい。
 すぐに身支度を整え、靴を履いていると、霜月さんがリビングから出てきた。

「それじゃあ、いってきます」
「あっ、私も行きます」
「いや、さすがに学校まで来なくてもいいですけど」
「いえ、わ、私も今日からご主人様と同じ学校に通いますので」
「……は?」




「内気なメイドさんはヒミツだらけ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く