十番目の黄金胎児

タントンテン

センシのめざめ

 ゆっくりとまぶたを開く。
 最初に見えたのは天井。次に薄暗く汚れた部屋。最後は窓からの光。
 視覚の次は触覚でりかいする。自分がベッドのようなのに寝かされている事実を。

「なんで、私は……」

 ――アスラに倒されたはず。
 上体をいきおいよく起こし、彼女は自身の状態をかくにんする。鳥の特徴を持った肉体には怪人との戦いの傷はなく、身にまとう鎧の損傷もなくなっていた。

「気がついたか」

 突然の呼びかけに鳥人はからだを震わせ、恐る恐るそちらを向く。
 そこには彼女の防具と似たのをそうびした獅子の獣人がたっていた。

「あなたは?」
「同業者。もしくは仲間だな」
「仲間?」
「信用するかは自由だ。ただ、俺達はローケーシャに呼ばれて助けた。」
「どうしてその名前を……!」

 彼女は警戒しながら質問をすると、獅子頭は男性のようなひくい声で淡々と答えた。
 その返答に彼女はいぶかしげだ。しかし、獣人の一言により驚きへとかわった。

「気絶してるあんたの代わりに話をした。」
「……ならあなたが私達よりも早く活動していた先駆者、なんですね」
「先駆者?」

 話の内容に連動して彼女はうつむいていき、相手がかたり終えるとその場に沈黙がながれる。
 それを打ち破るように鳥人は下を向いたまま物々しく口をひらいた。

「あなたが居なくなってしまえば!」

 突如、彼女は何かを握りしめる。そのまま頭上に振り上げると刃が生えるかのように構築され、その手に剣が現れる。
 そして、獅子頭へと襲いかかった。
 虚を突く形で一気に近づき、鳥人は脳天をかち割ろうと武器を振りおろす。

 バシ!

 剣先は頭に触れるすんぜんで止まった。いや、止められた。剣の腹を獅子頭の両手が抑えたことによって。
 鳥人は押し込もうとするも微動だにしない。そうこうしてる間に獣人は彼女の持ち手を蹴り上げた。

「ああ!?」

 反撃でおもわず獲物をてばなしてしまい、彼女はひるんでしまう。
 そのスキを獅子頭は見逃さなかった。剣を捨て、鳥人の腕をねじりながらしめあげた。さらに足払いで地面に倒れさせ、押さえつける。

「離してください!」
「俺が消えればどうしたんだ?」

 彼女はもがくが逃れることはできない。むしろ、暴れるほどに拘束する力が強まるだけだった。
 そんな状況下で獅子頭はただ冷静に問いかける

「私だけ! 私だけになる! そうすればみんなの注目が……」
「一体どういう――」

 獅子頭はより拘束を強めて質問をするも、回答は彼女の背中から出現した白い羽だった。
 獣人は咄嗟に手を放して飛び退いた。
 自由になった鳥人は立ち上がるとおちていた剣を拾う。

「な、なんで……ローケーシャさん!」

 構えをとった瞬間、武器が消失した。何もない手のひらを震えた様子で彼女は見つめ、相棒の名をさけぶ。
 返事はない。
 助けが借りれないと悟り、拳を握りしめて獅子頭に殴りかかろうとする。しかし、それすらも許されなかった。

「あれ……」

 崩れ落ちるように前のめりに倒れ、じめんに激突する前に獅子頭が支えた。

「無茶するからだ。まだ横になってろ」
「あなたの指図なんか……」

 必死に彼女は動こうとするが体は動くことはない。獅子頭はかるがると持ち上げるとベッドに連れて行き、ねかせた。
 
「後は好きにしろ」

 それだけを言い残して獅子頭はドアを開けて出て行った。寝ている彼女は見送ることしかできない。
 
「……どうして、どうして邪魔したんですか。ローケーシャさん」

 自身しかいないこの空間で彼女は呼びかける。返事と共にそれは起きた。

「稗田 由季。君にバカなことさせないためケ」

 彼女の体に変化が起きた。鳥人から人間のような肉体に変化し始めたのだ。
 ついには完全に人になると、心臓の辺りからそれは排出される。木の棒の手足を持った30ぐらいのたまごが
 由季にローケーシャと呼ばれた物体は問いかけに答え、軽やかに飛び降りた。

「でも、いなくなれば!」
「意味はないキ。全く、意味はないキ」
「それでも……」
「それでもコ」

 必死に語るが卵は賛同しようとしない。そんな相手に彼女は苦虫を噛み潰し表情で顔を背け、目を閉じた。

「ん……」

 彼女がめざめた時には部屋は降りそそいでいた太陽光が消えて暗くなっていた

「動く……」

 スマホを取り出すと時間を調べる。時刻は高校生の彼女が外出したら怒られるぐらいだ。

「ローケーシャさん、居ます?」

 携帯をしまってから彼女は呼びかけた。それに反応して闇の中から浮かびあがってくるローケーシャ。

「帰るのかカ? 稗田 由季」
「はい」

 卵は彼女からの要件を受け入れると彼女の胸へジャンプ。そのまま体の中へ沈み込んでいく。

「商店街……けど明かりが……」

 鳥人に変身した彼女は外を確認した。見えるのは錆びれて哀愁を感じさせる建物が互いに向き合い、立っている。
 そのどれもがシャッターを閉めていた。そして、彼女は下を見て中央のとおりを眺めるが人はいない。

「貴方たちは捨てられたんですね」

 問題なしと判断した鳥人は降り、それから後ろを振り向く。
 彼女が出てきた二階にあたる所のまどが開いているのを除いて他はまわりと似た状態の建築物がそこにあった。
 役目を終えてほうちされたそれらを彼女は同類をみるような眼を向けた。

「……帰りましょう」

 翼を生やした彼女は高く、高く、高く、飛翔し、はるか上空に到達し周辺を確認する。沢山の光があるのを視認する。
 一回だけ彼女は真下を見てから飛んで行った。

「十番目の黄金胎児」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く