俺 強制的に異世界でボッチにされました。

MONTA

始まりー1




_____________________________________________


冒頭(エピソード)

「ステータス!!」

名前    晴山 慎二

種族 人間

職業    元学生

レベル0

HP100/100

MP120/120

攻撃70

防御50

魔攻60

魔防60

知識180

精神150

運10

スキル

スキル想像
どんなスキルも制限なしで創ることができる。
ただ、スキルレベルは、1からである。

称号

ボッチ乙(笑)


うん とりあえず  称号に悪意しか感じない。
称号を入れた奴絶対に一発殴る!!

改めてステータスを見るとうん 低いな
こういう時チート主人公は、規格外なステータスだったりまたは、神からの加護を貰い相乗効果で制御しないと、ヤバい存在になったりするんだろうけど
俺の場合そもそも人 一人も居ないしそもそもここ弱肉強食の世界だし一歩間違えれば簡単に死ぬのに、
気を使う必要もない。

というか、レベル0の弱者だし

でも良かったチートスキルがあるから多少は、無理が出来る。

さてと、さっそく 《スキル創造 》を使って何ができるかな

【インベントリ】

【詳細鑑識】

【認識詐称】

【周辺探索】

【認識阻害】

【カスタマイズ】

【リペア】

【リストア】

【エアーコンディショナー】

【殺人強奪】

【獲得経験値倍増】
 
【スキル熟練度倍増】

【経験値量減少】

【マジックシールド】

【プロテス】

【シェル】

【身体強化】

【獲得HP倍増】

【HP自動回復】

【獲得MP倍増】

【MP自動回復】

【無詠唱】

【並列思考】

【多重詠唱】

【高速思考】

【ホーミング】

【自動拾得】

【音波遮断】

【魔力感知】

【魔力操作】

【ボディースキャン】

【アクア フロー】

【状態異常無効】

【魔糸】

【魔枷】

【念話】

【ナビゲーター】

こんなものかなでは、さっそく 【念話】
『 ナビ 聞こえる!』




失敗したかな

『・・・はいマスター?』
『ふぁっ? ナビ!聞こえてたんだね 何ですぐに返事くれなかったの?』

『そんなの恥ずかしいに決まっているじゃないですか!!』

『ナビの声ってお気に入りのヒロインの声に似てるね!』

『それは マスターのイメージ通りにしましたから。』

『俺 無意識にそんな事考えていたんだな。 ナビが恥ずかしがっているのも俺のイメージなのか。』

『イメージ通りです。マスター』

何か、ヤバいのできちゃたな 感情とかあるし?

『グスン・・・創るだけ 創ってすぐに捨てられる可哀想な私・・・』

げっ!!  思考も読めるのかよ  ちょっと待てよ  たしか24時間持続発動型だったよな

『マスターがそうイメージしたはずです。』

『俺のプライベートは?』

『マスターのプライベートもナビゲートします。ナビだけに。』

『上手いこと言ってないからね!  あと直リンクで
黒歴史(中二病)時代の痛い発言の数々を周回しないでくれー!!』

『取り敢えずマスターの記憶に強烈に残っているのを再生させました。』

『悪かった・・・だからやめてくれー!!』

自然って偉大ダナー  凄いなー  

しばらく放心状態(現実逃避とも言う。)

『ナビこれからよろしくな!』

『はい マスター!』








-----------------------------------------------------------------------



晴山が現実逃避した回でした。


















「俺 強制的に異世界でボッチにされました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く