元暗殺者の神様だけど、なんか質問ある?

仁野久洋

死しても敗北とはならず

「そんなちゃっちい棒で、あのロックバイターと戦う気なのお? 頭悪い?」
「うるせえ」

 リンクルはけらけらと笑っている。仕方がねえだろ。こんなもんしか使えそうな物が無いんだ。素手よりはマシ。

「さあ、来いよ……ただでは喰われてやらねえぜ」

 俺はロックバイターの赤い瞳を真っ直ぐ睨んだ。気魄で負ければ戦う前に死が確定する。だが、死は敗北じゃあない。負けを認めた時が敗北なんだ。死んでも敗北だけは認めねえ!

「ぐるるるるる」

 ロックバイターが唸りを上げた。と、六本の脚が不思議な動きをし始めた。六本の脚を、互い違いに上下させ、体を左右に揺すっている。なんだ? 何をするつもりだ?

「あ。ヤバいよお、グレッド」

 それを見たリンクルが俺の肩をちょいちょいと突付いた。

「何がだ? ヤバいのはさっきからずっとだろう」

 集中を乱されるのが癇に障る。返答はつっけんどんにならざるを得ない。まあ、こいつに気を使う必要など無いが。

「なにっ?」
「ほらあ」

 リンクルからヤバい理由を説明してもらう手間は省けた。ロックバイターめ。

 体を、回転させ始めてやがる!

「なるほどな」

 俺は理解した。やつめ、大口を開けたまま回転する事で、自らを掘削ドリルと化したのだ!

「その棒、ますます役に立たなさそうになったねえ。きゃははははは」
「ああ、そうだな。はははははは」

 笑うしか無いな。体高2メートル、体長は5メートルはあろうかという牙を剥いた巨獣が、回転しながら襲ってくるわけだ。これに小枝1本でどう対抗しようと言うのか。我ながら客観的に見て滑稽だ。

 俺の視線から何かを感じ取ったのか。どうやらやつを本気にさせちまったみたいだ。

「だがな」
「んー? なあにい?」
「俺は諦めが悪いんだ」
「……!!」

 にやりと笑ってそう言う俺に、リンクルが目を見開いた。ふん、そんな顔も出来るのか。散々人を舐めくさっていたお前に、そんな顔をさせられただけでもロックバイターと戦う価値はある。

「……はっ! 来たよお!」

 うおおおおんと迫る咆哮で我に返ったリンクルが叫んだ。

「っし!」

 俺は腰を落としてロックバイターに対した。やつは回転している。俺のウエイトから成るモーメントでは、どう考えてもあいつのそれは止められん。左腕をくれてやる代わりに、この棒を耳から脳へ突き立ててやるつもりでいたが、それは絶対不可能となっている。

 では!

「ば! 馬鹿なのお!」

 リンクルがまた叫んだ。

「うるせえ!」

 俺はロックバイターの口を目掛けて棒を最速で突き出した。なんてでけえ口だ。この棒を無防備な喉の奥に刺すためには、俺の体の半分以上が口の中だ! こいつは勇気のいる作業だぜ!

「ギャウオオオオーーーン!」

 棒は喉の奥に届いた。そして刺さった。回転している分、棒はさらに深く突き刺さった。

「やっ、」

 た、と言おうとしたが、棒が喉の奥に突き立った痛みで闇雲に頭を振ったロックバイターに、俺は宙高く吹き飛ばされた。

「グレッドお!」

 空に浮いてたはずのリンクルの声が下から聞こえる。空と地面が目まぐるしく入れ替わる。俺の体はかなり激しく回転しているみたいだ。俺の三半規管は体勢を見失った。

 受け身を、取らなければ。このまま錐揉み落下すれば、間違い無く落命する!


「元暗殺者の神様だけど、なんか質問ある?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く