女勇者様が弱すぎるんだが

ふつ

序章 1〜勇者様との出会い

「やっとここまできたな。...…あれが魔王城か」

 両端に、2体の羽根が生え、赤い目をした怪物のような像を入口にして、古びた階段の上には濃い霧の中から聳え立つ大きな城、魔王城だけを覆うかのような闇色に包まれてる空を貫くかのように建てられたその城はどこか独特な雰囲気を出している。

「この私が 魔王を倒して平和を取り戻してみせる! っとその前にどこか休めるところがあればいいのだが...…ん? あれは? 教会...… か?」

 大きな湖を挟んで遠くに見える教会。長旅をし、疲労状態の炎の勇者はその教会に向かった。入口である2人の女神像の間を通り、広場に出た炎の勇者は花の世話をしている少年を見つけた。

「やあ少年ちょっといいかい?」

「え……? ゆ、ゆうしゃさま! どうしてここに?」

 少年は目を見開いて言う。

「ふふっ! すぐそこに魔王の城があるだろう? 最後の 休憩をしようと休める場所を探していたらこの教会をみつけたんだ。突然で 申し訳ないが泊めてもらってもいいかい?」

「い、いいとおといます! シスターにきいてきます!」

「頼んだよ」

 急ぎ足で教会に入っていく孤児ロレン。


----


「じゃあ...…魔王を倒しに行くよ。お世話になったね。」

「が、がんばって!」

「ああ、必ず倒してみせるよ!」

堂々と言う炎の勇者を、キラキラとした目で見る少年。

「あ、あの...…ゆうしゃさまはどうしてそんなにつよいのですか?」

「...…それはに『必殺技』を使えるからだよ。泊めてくれたお礼に一度だけ見せてあげよう。 ちょっと離れていたまえ。」

 その場を離れるロレンと剣を構える炎の勇者。

「必殺、炎一閃斬り!!」

 勇者が振った剣からは炎がゴッと吹き出し、目の前の地面に燃えながら亀裂がはいった。

「この技を毎日練習してみんなを守ってあげるんだ。そうすればキミも...…きっと強い勇者になれるよ。」

 目を輝かせ、その場で硬直するロレン。

「ぼくが、ゆうしゃに……わかりました! まいにちれんしゅうします」

「お、それじゃあサボってないか魔王を倒した後に確かめに来るよ!」

 そう言って炎の勇者は魔王討伐に向かった。

 しかしその勇者は帰ってくることは なかった...…
  

----


「ひっさつ、ほのおいっせんぎりー!」

 広場でロレンは炎の勇者の技を見よう見まねで真似ている。

「おお、魔王城の前にこんな所があるとは!」

 そこには重そうな鎧を着た怪力の勇者の姿。

「おい ボウズ、ここで少し休ませてくれないか?」


----


「ありがとな ボウズ、なにかお礼をしてやりたいんだが何がいい?」

「どうしてゆうしゃさまはそんなにつよいんですか? ぼくも つよくなりたいです!」

「そうかそうか! ボウズ強くなりたいんだな。それじゃあ お手本を見せてやるとするか。ボウズちょっと離れて見ておけよ」

 ロレンが離れたのを確認すると、勇者はその手に持った大きな剣を振りかぶった

「必殺、岩斬り!!」

 その剣を地面に振り下ろす。地面入る凄まじい亀裂。あたりは土煙で覆われた。

「どうだい ボウズ、こいつが俺の必殺技だ! 人を守るには力がいる...…圧倒的な力を身につけて弱い人に味方になるんだ。 そうすればボウズも強い勇者になれるぞっ!」

 そう言って怪力の勇者は魔王討伐に向かった

 だが彼も帰ってこなかった...…

---


「ひっさつらほのおいっせんぎりー! いわきりー!」

 ロレンが技の練習をしていると、そこに華やかな服をきた貴族の勇者がきた。

「ん...…キミは?」

 その後も様々な勇者が教会にやってきた。

 魔法剣が得意な勇者、雷を自在に操る勇者、深い知識を持つ老骨の勇者、どんな女性も落としてきた勇者、何を食べてもお腹を壊さない勇者、命短し恋する勇者。

 多くの勇者が教会にやってきて最後の休息をとり魔王城へ向かった。

 彼らから宿代をもらっていたらここは豪邸になっていたかもしれない。

 幾多の勇者が魔王に挑んだ。

 だが...…

 帰ってくる者は1人もいなかった...…


----



「はあああああ! ...…はっ!」

 すっかり男らしい顔立ちに成長したロレンは幾多の勇者の技を真似ている。

「ふっ...…今日は これくらいかな」

 その時

「キャーーーーーーーーーッ!!」

 教会の入口から少し離れ、森にかかる辺りから女の子の叫び声が聞こえてきた。

「悲鳴!?」

 驚いたロレンは急いで声の聞こえた方へと走って行く。そこには今にも襲いそうな半透明なスライムとそれに追い詰められている女の子の姿。












「女勇者様が弱すぎるんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く