SS 創作小説

色鳥

『私はただ貴方の手を握って、貴方は黙った儘頷いて』

気付けば桜が葉桜になっていた。

ああ、私はすっかり大人になってしまった。
季節に過敏なあの頃を思いながら、今度はぼんやりと、これから訪れる緑の頃を思う。

「花見、し忘れたな」

後ろからした、掠れた声が全部知ってるみたいに長く伸びた髪を撫でた。

「おはよう」
「……はよ」

だから、良いのだ。
きらきらと輝くのは何も、少女の特権ではない。

こっそりと笑えば彼が目を細めた。
節くれだった指が私を撫でる。

こうやって私は、愛する事を知ってゆく。

<完>

「SS 創作小説」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く