灰色の書記 グレーリスト

ノベルバユーザー229214

第一話 白いメイド服

飛鳥「こんにちは。」 
私、亜霧飛鳥はメイドカフェでバイトをしている。 
店長「亜霧さん。待っていたわ。さっ、早く着替えて来て。」 
飛鳥「はい。」 
私は足を早める。私は友達に誘われ、バイトをする事になった。内心私はここが嫌いだった。何故なら非リア充の溜まり場の様に考えていたからだ。でもここでバイト友達が出来て、少し面白味を感じられる様になった。 
?「お願いします〜。」 
飛鳥「はい!って、え?」 
私は聞き覚えのある声に振り返るとそこに二人がいた。 
波流「やっぱりいた。後で連絡しとこう。」 
早兎「おい、それは良いが何故俺を呼んだ?」 
波流「良いじゃん。暇してたし。」 
早兎「確かに部活は休みだったが、、。」 
飛鳥「な、、何でここに?」 
波流「ある用事があってね♪ いやぁ、生徒会長さんがこんな所で働いているとは驚きだねぇ。メイド服は似合っているけど。」 
飛鳥「ちょっと裏出ろ。」 
波流「はいはい。大丈夫だよ。クラスのLINEに君の写真を載せる事は無いよ。ほら、早兎出ようか。」 
早兎「やっと出られる、、。」 
飛鳥「載せたら殺す。」 
何時の間にか私の声がドス黒くなり、周りの人の血の気が引いていた。 
私はバイトが終わり、家に帰る。 
?「お帰りなさいませ。飛鳥様。」 
飛鳥「うん。ただいま。和島さん。」
この人は和島京介。私の父親は多くの会社をまとめている。なので私の言うところのお嬢様なのだ。 
飛鳥「ただいま〜。」 
悟「お帰り。」 
波流「お帰り〜。」 
お父さんしかいない筈なのにそこにまたしても波流がいた。 
飛鳥「何でここにいるのよ!?」 
悟「ん?そういえば神凪君と飛鳥の学校は同じだったな。」 
波流「お邪魔してま〜す。では悟さん。報告は終わったので帰りますね。」 
悟「ご苦労だった。」
飛鳥「今すぐ説明して。」
悟「彼は暗部組織「リヴァイア」の頭目の波流君だよ。」
飛鳥「「リヴァイア」?」
悟「あらゆる組織に情報を売る集団だよ。今回は君の帰りが遅いから調べてもらったんだ。」
飛鳥「、、。」
悟「メイド喫茶で働いているらしいじゃないか。お小遣いならあげるのに、、。」
飛鳥「お金の問題じゃない!」
私は大声をだしてしまった。
飛鳥「お父さんに餌付けされてるみたいで嫌だったの。」
お父さんの驚いた顔を見て、溜息を吐いた。
飛鳥「ごめん。」
そう言って私は自分の部屋に戻る。お父さんの言葉に腹がたったからなのか私は二時間程寝ていた。



「灰色の書記 グレーリスト」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く