撃たれるまで

神田アキラ

悪夢

たまに、夢を見る。
女の子が撃たれている夢を。

何故か自分のせいだと感じ、子供の頃は悲鳴まであげて飛び起きた。

「撃たれるまで」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「推理」の人気作品

コメント

コメントを書く