俺の結婚相手は、悪役令嬢?!~ゴリラ公爵に転生とか人生オワタ

御隠居村長

痩せようと思います!

 入ってきた30代くらいの執事長セパスにいろいろ話を聞いた。


□□わかったこと□□

 俺の名前は、ジョン・ヘルフォーク。

 15歳のときに両親が死去。

 成人年齢が、15歳だから、成人してすぐに公爵をつぐ。

 この体型かなりのデブは、10歳くらいの頃からずっと。

 両親は、美男美女らしいから、痩せれば、イケメンになるんじゃないかと思っている。


 ヘルフォーク公爵家は、パンラ帝国との交易で、栄えているらしい。ヘルフォーク公爵家は、ビール王国の西部辺境の地に領地を持っている。お金に困っているなんてことは、ない。



 ここに仕えているほとんどの使用人達は、ヘルフォーク公爵家に恩があるらしい。


 ちなみに、周りの貴族からは、「ゴリラ公爵」とかいわれているらしい。

 とは言っても、ヘルフォーク公爵家は、初代国王の唯一の弟が、祖。つまり、かなりの名家だ。



□□□

 これが、セパスの話だ。かなり、砕いてまとめてみた。


□□□

 つまり、俺は、あの乙女ゲームの「ゴリラ公爵」こと、ジョン・ヘルフォーク公爵に本当に転生してしまったらしい。


 そして、今現在の歳は、16歳。たしか、ゴリラ公爵は、悪役令嬢の1つ上だった。そして、悪役令嬢は、15歳の時にこの領地に追いやられる。今、まだ、家に悪役令嬢は、いないけど、もうすぐ来るのかもしれない。悪役令嬢は、かわいいんだよね。よし!!! 痩せとこ!


 そして、執事長セパスとわかれ、いま、とある部屋に向かっている。



~料理長と俺~


 俺は、今料理人の所に向かっている。俺は、どんどん塩とか砂糖とかいれる、馬鹿だったみたいだ。そして、一日6食取っていたとか、、、普通の人の倍の食事量だ。一日三食に必ず戻したい。あと、きちんと素材本来の味が出る料理を食べたい。最初は、食事量が、少なくて、苦痛だろうけど、それは我慢だ。


 そんな計画をたてていると、厨房に着いた。


「料理長。お願いがあります。」


 俺は、厨房に入り、そくこういった。


「お願いですか? まさか、後一食増やすととかですか? ジョン様。お願いですから、もう少し痩せて下さい。なくなった、先代にも顔向けができませんぞ。」


 いや、残念ながら、今日は、違うんだよ。


「一日三食にしようかと思ってね。」


「え! 一日三食ですか? 私は、感激です。」


 いやいや、泣くなよ。40代くらいのおじさんの涙なんて見たくない。


「あとさあ。塩とか砂糖とか入れまくるのやめてほしいんだよね。素材本来の味を食べたいから。」


「承知しました、ジョン様。私は、感激しています。まさか、ジョン様が、健康的な食事を取ろうと決心してくださるなど、、、」


 だから、泣くなよ。

 きょうからもう、普通の料理を出してくれる事だろう。



 普通の食事量にした後、俺がやらなければならないことは運動だな。 



~隊長と俺~

 ただ、食事量を減らして体重を減らすのは、健康に悪いということで、次は、運動だな。たしか、ヘルフォーク公爵家の騎士達は、目茶苦茶強いんだよね。だから、貴族達は、「ゴリラ公爵」と影で言っていても、表でそう言うことのできる人は、いない。王子、いや王様ですら、本人の前では、迂闊に馬鹿には、できない。そんな猛者が集う内の騎士達に剣わ習えば、俺は、最強になれるかも。最強になれなくても、かなり、強くなれるだろう。


 あと、魔法も少しくらいは、使えるようになりたい。この世界には、魔法もあるのだ。


 そんなことを考えていると、稽古部屋に着いた。


 そして、近くにいた20代くらいの男性に声をかけた。


「ジョン様。どうされたのですか? もしも、うざい相手がいるのであれば、第一隊の隊長である、私にお申しつけ下さい。その相手を地獄に落としてみせます。」


 こ、怖いな。。。

 というか、若いのに隊長なんだ。凄いな。まあ、若いといっても、俺よりは、年上なのだが。


「えっとね。稽古をしてもらおうかと、思ってね。」

「け、稽古ですか?」


 なんか、凄い驚かれている。

 もしかして、こんなデブは、剣の稽古の前に走りまくって、脂肪を減らさないとダメなのかもしれない。


「ダメか? ダメなら、、、」

「いいえ。ダメなんて、とんでもないです。まさか、ジョン様に、剣を握って頂けると思うと、、、。私が、以前提案させて頂いたときに、お断りになられていましたから、、、」


「やってくれるのか。ならば、頼む。」


 そして、第一隊の隊長による、ジョンのための、地獄よりもひどい稽古が始まったのである。


「俺の結婚相手は、悪役令嬢?!~ゴリラ公爵に転生とか人生オワタ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • パラミナス国王陛下

    隊長と料理長の名前は?

    1
  • 自称・THE BEATLES

    地獄より、厳しい、、、
    どんなのなんだ、、、
    想像できない、、、、、

    3
コメントを書く