話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

騎士団長と帝国女王の護衛

「交渉だと?私に交渉など無駄だと思わないか?なぁ騎士団長様よう」


 女はいう。護衛と言われていた女は上等な服装ではなく、どちらかというと身軽そうな格好をしており、動きに関しては素早さそうな格好をしていた。腹は出してあり、胸部は黒い布で巻いてあり、首にはスカーフを巻いていた。


「うるさいダルキリア。ダーランマに気に入られたいだけのクソ女が。お前如きにチリー様の護衛、指南など務まるものか。今も気まぐれでその地位にいるだけだろうが」


「あぁん?テメェ騎士団長如きが私に指図するのか?私がダーランマ様に媚びをうるのに何が悪い!私は彼を愛しているのだから当たり前だろう!」


 騎士団長にダルキリアと呼ばれた女は怒りをあらわにし、騎士団長に吠える!


「ふん。ダーランマは誰のことも愛さぬだろうよ。やつが欲しいのは利用できるやつと己のために役立つ者だけさ。そんなやつが1人の女に対して愛など抱くと思うのかお前は?え?」


 ダルキリアは騎士団長に言われると反抗し、


「何もわかってないのは貴様の方さ!逃げたお前にあのお方の、ダーランマ様の何がわかる!そんなやつと話すことなんてない。とっとと出て行きな!」


「交渉が無駄ならいいよ。お前など私からすれば弱者だからな。無理にでもチリー様に会いにいくさ」


 騎士団長はダルキリアを無視して女王に会いに行こうとするとダルキリアに肩を掴まれる。


「私を無視するとはいい度胸じゃない。それにあなたより弱い?それはおかしいわね。ダーランマ様の部下になったものはみなアワルディアのへぼ兵士どもよりは強いわよ!」


 ダルキリアは腰に下げていた小型のナイフで騎士団長の無防備な頰に傷を入れる。


「・・・気は済んだか?この程度、私はアワルディア帝国を平和にするためからもういかなる犠牲もいとわないと決めた。たとえ私が死のうと女王が、今のチリー様がこの帝国を変えてくださる。あのダーランマに変わって必ず。だから私はここで死のうと・・・」


 騎士団長は急に喋るのを辞めるのをやめ、呆然と立ち尽くす。


「お前は私の前で喋りすぎた。そして私の愛する男をバカにした。これ以上ない殺しの理由だ。この私の手に握りしめているもの、わかるか?」


 騎士団長はいきなり息が苦しいような声で喋る。


「そ、そんな、な、なぜ、わた、しの、心臓」


「よかったな。私が相手で。私も女王様の教育をしていて変わったんだよ。ダーランマ様に対する愛は変わらないけど、敵は一撃で仕留めるに限ると。そして騎士団長、あんたは運が悪すぎた。じゃあな」


 ブシュッ!
 ダルキリアは手に握りしめていたのを一気に握りつぶす。
 騎士団長はダルキリアに何かを潰された後、仰向けになり白目をむいて倒れる。


「そこのお前、その死体を片付けてさっさと去れ!」


 実里はダルキリアのやることが一瞬で、死体と言った意味も分からずに王の間から追い出されていた。

「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く