話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

アワルディア帝国女王

「最近になって現れたのだ。どこから連れてきたかは分からぬが確かに幼少期の面影があったのだ。チリー様は」


「幼少期の面影?そんなはずはない秋月は、秋月チリンはここの世界の人間ではないのよ!私たちの世界の人間よ!」


 騎士団長は実里が何を言っているか意味がわからなかった。


「ここの世界の人間ではない?一体お前は何を言っているんだ?チリー様は幼少期行方不明になられて、なぜかは知らないがダーランマのやつが見つけて連れてきやがったんだ。昔私はあのお方の付き人をやっていたからわかる。あれは正真正銘チリー様だ」


「そんな、あり得ない!私は確かにまだ秋月のこと何も知らないけど過ごした時間は短いけどそんなこと一言も聞いたことない!」


 実里は憤りを隠せず騎士団長に向かって怒鳴る。騎士団長は現実を見せようと


「ならばチリー様に面会しに行くか?私ならばチリー様の護衛を黙らせられるしな」


 実里は騎士団長の提案に乗り、オミコとガイを騎士団長の部屋に残し、騎士団長、実里の2人で王の間へと向かう。


「今はダーランマはいないとは思うがもしもいた場合は死を覚悟した方がいいと思っておけ。私は剣術、武術、自分の身を守る格闘技なら自信はあるが魔法というやつに対しては何も耐性はないからな」


 騎士団長は自信がない風に実里にいうが、実里も魔法を打たれると何もできない。
 しかし、そんなことを言うと不安な状態の自分がさらに不安になるので声に出さずにいた。
 そして騎士団長は扉を開ける。


「チリー様!私です。騎士団長です。あなたに面会したいものがいるというものが訪ねてきたのでおとおししました。どうか会ってくださりませんか?」


 騎士団長は王の間に入ると大きな声で叫ぶ。
しかし出てきたのは、チリンではなかった。


「何だやはり秋月じゃないではないか」


「何を安心している。こいつはチリー様ではないぞ。こいつはダーランマの野郎につけられたチリー様の護衛と指南役だ」


 騎士団長は出てきた女を紹介すると、女は怒りながら


「アワルディア帝国の騎士団長様が女王様に何用かしらー。ダーランマ様から逃げた弱者如きがこの王の間にはいらないでほしいわ穢らわしい!」


 しっしっという手で追い払うような感じで実里たちを追い払う。
 実里はそんなに腹は立たずにいたが、騎士団長は手を見ると拳を握りしめていた。


「おい、拳を握りしめてどうした?大丈夫か?」


「大丈夫だ。私はこの程度で手を出したりはしない。ただ悔しいだけさ。チリー様の護衛がこいつになっていることがな」


 騎士団長は護衛の女に交渉を持ちかけた。

「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く