話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

実里と帝国女王

理人とマリアルが奴隷管理場にいる間、実里は城の中に入るための準備をしていた。
 城に捕まっていると思われるカルナクを助けるために1人で行動していた。


「カルナク。あんたはこんなところで捕まっていい人間なんかじゃない。私たちレジスタンスは戦力はいないし弓道寺が倒れている今あんたまでかけたらレジスタンスはどうするのよ全くもう」


 アワルディア帝国城下町で仕度しながら一人で実里は言う。


「さてまず城に入り込むといってもどういこうか・・・。普通に入りたいが怪しまれるだろうし、裏口か何処か穴場を探して入るのもいいがそれで城の者に見つかったらどうしようもないからな。ただの兵士なら倒せると思うがアワルディア帝国の強戦力と会えばひとたまりもないからな。これは悩むな・・・」


 実里はどう城に入り込もうかと考える。


「うーん。やっぱり1人で城に乗り込むにはしんどいから一度理人を頼ろうかなー」


 実里は結局悩んだ末にまた理人がアワルディア帝国で借りた家に向かう。
 理人が借りている家に向かう途中見知った顔の男を見つけたので実里は声をかける。


「ガイじゃない〜。こんなところで何してるの?」


 実里が見つけた男は仲間のガイだった。


「お、実里じゃないか。今理人の家に向かっていたところなんだけどお前もか?」


「そうよー。でも理人は多分ガイを探すために娯楽エリアに向かったと思うんだけど」


「え?娯楽エリアには今日は行ってないぞ俺。それにそれが本当なら今俺たち理人の家に向かっても無駄じゃないか?」


 ガイは実里に言うが、実里は続けてガイに言う。


「理人はいないかもしれないけどマリアルはいると思うし、それに娯楽エリアを回ってあなたがいなければきっとすぐ帰ってくるでしょ。だから1日くらいは休もうかなと」


「そうか。ところでミノは理人に何か相談でもあるのか?俺は純粋に帰ろうとしただけだけど」


「私はこれからアワルディア城に乗り込もうとおもうのだけど私1人じゃ無理だとおもうから理人の手を借りようと思って。ガイも暇なら手伝ってほしいな」


「それなら今から2人で行かないか?俺が城の前で警備してる人を引きつけるからその間にミノは中に入るといい」


 ガイは実里に城に入る策を出すと、実里は首を横に振り


「それじゃあダメだよ。私が1人で乗り込むのに変わりがないから。2人で乗り込もうよせめて。警備員を気絶させて」


 実里がいうとガイは少し考え


「うーん。確かにそれの方がいいかもしれないな。ならもしもその警備員を気絶させるのに失敗すれば逃げようか」


 ガイがいうと実里はその策で納得する。


「なら今から城に向かおう。はいこれ変装セット」


 実里はあるものをガイに渡した。

「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く