話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

理人の能力解放!

「おらぁ!」


 クウは理人の剣を腕後となぎ払い、理人は体勢を崩す。


「うぐ!」


「今楽にしてやる!」


 クウは鋭利な爪を理人にむける。
 理人はまた瞬時に鏡パネルを出し、クウの攻撃を防ぐが、鏡パネルは破壊され威力はそらせたが、強力な攻撃をくらってまた壁に激突する。


「くっお!はぁはぁ。俺はまだ負けるわけには・・・。マリアルを守らなくちゃ」


「よくもまぁそんな無様な格好でそんなことが言えるな。いいだろう。そんなに死にたければ先に殺してやるよ」


 クウは壁に激突して倒れ込んでいる理人に攻撃する。


「先程からお前は本当に目障りだからな。とっとと死ね!」


「なん、の。この、程度、でぇ!」


 理人は鏡パネルを出し、またもクウの攻撃を鏡パネルで受け止める。


「さっきから本当にイラつくんだよ!何度も何度も私の攻撃を阻みやがって!」


「あ、たりまえ、だろ。お前の、こうげきな、んて、もろにくら、えば」


「お前ら人間は死ぬだろうな。だが悲観することはない。それが人間なのだからな」


 クウは笑いながら理人に言う。


「お前、も、もとは、人間、だろうがぁ」


「そうだな。私ももとは人間だ。だがな、我らが王は私たちを人間よりも強い存在。モンスター人間へと変えてくれた。そう、私は選ばれてこうなったのだよ!」


 クウは笑い続けていたが理人には全く理解出来なかった。


「人間より、強い存在か、そこで諦めたのがお前か」


 理人は少し回復し、立ち上がる。


「時間稼ぎかな?それで回復したつもりか?君はまだふらふらだぞ?」


 クウは理人の足を見ていい、理人の足は立ち上がるのがやっとくらいに震えていた。


「うるさい。今人間の可能性を見せてやる。そしてお前を倒してガイを探す!」


「ほぉ。それは見せてほしいものだな。まさかとは思うが私の後ろに回っている能力者の女が私を背後から能力を使い殺すとか残念な手ではないよな?」


 クウは背後にいるマリアルに気づき理人に言う。マリアルは気づかれているとは分からず、クウが喋り終えた後、異能力を放つ。


「ダメだマリアル!能力を使うな!」


「えっ!」


 すでにマリアルは異能力を使い、地面から杭が生え、クウへと放たれる。


「仕方ない。私の優しさを見せてあげよう」


 クウへと放たれた杭は、何故かクウには当たらず、理人に当たる。


「ご、っふ!」


「理人!」


 マリアルが理人の名前を呼んでいる好きに、クウはマリアルに近づき、マリアルの腹に蹴りを入れる。


「かは!」


「嬢ちゃんは寝る時間だぜ」


 マリアルは背を天井に向けて倒れる。
 理人はマリアルの杭を受けて気絶せずにまだ意識があった。


「マ、マリアル。がふっ」


「そらお前が私に人間の可能性とやらを見せてくれたらこいつは殺さず今回のことなかったことにしてやる。しかしお前が私の気にそえねばお前を殺し、こいつも殺す。さらにおまけでお前の頼みもひとつ聞いてやろうではないか」


「急に優しいじゃないか。どういう風の吹き回しだ?」


 クウは理人に興味を持ったのか急に人間の可能性を示せと言い始めた。

「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く