話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

アルディン・スラ

「ふっ。女を庇いながら戦おうとするか。私も舐められたものだな!」


 アルディンは剣で理人を突いてくる。
 理人はそれを横にかわし、アルディンの攻撃は空振りとなる。


「ガイを倒したからきっと強いんだろうが、俺だってガイと同じくらいには強いんだ!舐めるなよ!」


「笑わせてくれるな!やつと同じくらいなら私に勝てるわけないだろう!」


 アルディンは剣を振り回し、理人はアルディンの攻撃を避け続ける。


(あれ?こいつの剣さばきそんなにすごくない・・・。俺でも簡単にかわせる。本当にこいつがガイを倒したのか?)


 理人はアルディンの攻撃をかわしながら隙が出来たらいつでも攻撃できるようにしていた。
 アルディンはそうとはしらず、剣を振り回し続ける。


「ほらほら!私の剣さばき、かわすしかできないのか?」


 アルディンは剣を振り続け、かわしてしかいない理人を挑発する。
 前の理人ならこの挑発にのっていたかもしれないが今の理人は自分のことをわきまえていたので黙ってアルディンの攻撃を避けていた。


「黙りこくって挑発にはのらないか。面白くもない」


 アルディンはやがて剣を振る速度を下げ、理人はそこを狙った。
 

「隙を見せたな!いでよ!鏡パネル」


 理人の右肩の上に鏡パネルが出現する。


「ふん。何をする気かは知らないが、そんなパネルを出したところで何が出来る!」


 アルディンは更に理人に距離を詰め、理人の眼前にまで来る。


「隙を見せたなと言ったな。それはお前のようだな!これで終わりにしてやるよ!死ね!」


 アルディンは理人の首めがけて月を繰り出す。


「すでにお前は負けている。俺に近づこうが離れていようが油断した時点で。俺にパネルを出させた時点でもうお前は負けている」


 理人の出した鏡のパネルは太陽で反射し、反射した光がアルディンへと向けられ、アルディンは目を開けられずに、リヒトの首をつく前に剣を地面に落とす。


「き、貴様!目くらましとは卑怯な!」


「すまないな。俺は戦いには自信はないからな。もう多少は小賢しいてでも使わないといけないんだよ。まぁ殺さないからとりあえず寝とけ」


 理人はアルディンの腹めがけて剣の柄の部分を当てる。


「ぐへ」


 アルディンは軽く悲鳴をあげると地面に倒れ込む。


「さて俺はガイを探すけどマリアル。お前はどうする」


 少し遠くにいたマリアルに聞こえそうなくらいの声で理人は聞く。
 マリアルも聞き取れないでいたので近くにまで寄ってくる。


「聞こえ無かったからもう一回いって!」


 マリアルは理人の目の前で聞いた。

「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く