話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

弓道寺、劣勢

「ぐ、い、いてぇ。あの野郎こんな力をまだ残していたとは」


 吹っ飛ばされた弓道寺は森の木に背中を強打していた。


「く、ギアを上げる必要があるか。いや、まだこのギアでいける。まだ奴らに手の内を見せるわけには・・・」


 弓道寺が考えていると、音の咆哮がまた弓道寺のもとへと飛んでくる。


「うお!びっくりした!」


 弓道寺は横に移動し避けるが、後ろにあった先ほど弓道寺がぶつかった木は、折れて前に倒れていた。


「なんて威力だ。さっきのやつより多分威力は高いな。何せ木が折れるほどだからな、ここの木がそんな簡単に折れるはずが」


 弓道寺はブツブツ呟いていると、何度も音の咆哮が飛んでくる。先ほどのものとは違い、森の草などが揺れているため咆哮が飛んでくるのがわかった。


「見えないからって何度もうちやがって。いいだろう!お望み通り前に出てやるよ!」


 弓道寺は吹っ飛ばされた森の場所から移動し、テイクが見えるところまで向かう。






 その時、音の咆哮を放って弓道寺を煽っていたテイクは・・・


「さてと、これだけ放てばでてくるはずでやんすよ」


 テイクは笑いながらそう思っているとそれを見ていたガスタとアスレは


「なぁアスレ嬢」


「何リーダー?」


 ガスタはアスレに尋ねる。


「テイクってあんなに能力強力だったけ?」


「さぁ?私は最近自分のトレーニングばかりでテイクとは行動を一緒にすることがないからわからないわ。ハラサかタルムに聞いてみたら」


 アスレはハラサとタルムを指差す。
 ハラサがガスタの質問に答える。


「確かにテイクの様子はおかしい。あいつは俺たちの中では最弱。もちろんのこと能力も。今のやつはどう見ても俺より能力が強い。一体何が・・・」


「そうだよな。やはり僕の勘違いではないよな。もしかしたらあれを、あの時捨てろと言ったやつを持っていたんじゃ」


 ガスタが言うとハラサはテイクをかばうように言う。


「それはありえないよリーダー!あいつは弱いなりに俺たちの言うことは聞いていた。ましてやリーダーの言葉を聞かないなんてありえないよ!リーダー!あいつを信じよう」


「・・・そうだよな。僕はあいつを信じていいよな。何せ僕たちは完全な仲間だからな」


「そうだよ。リーダー!俺たち4人はリーダーに救われてリーダーの仲間になったんだから、あいつを信じよう!」


 ガスタはハラサに説得され、テイクを信じることにし、テイクの戦いを見守ることにした。
 ガスタたちが話している間に吹き飛ばされた弓道寺はテイクの見える距離にまで現れ、テイクは攻撃の準備をしていた。

「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く