話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

遅れている2人

 ダーラスたちがガスタ一味と戦っている間、遅刻しているアルダスはまだ屋敷の中にいた。


「ぐー、ぐー」


 アルダスが部屋で寝ていると、アルム家に仕える執事がアルダスの部屋をノックする。


「アルダス様、起きておられますか?アルダス様〜」


 コンコンコン!
 執事はドアをノックするがアルダスは一向に起きようとしない。


「アルダス様〜。お客様がお見えになっておられますよ〜。アルダス様〜」


 ドアをノックして起きないアルダス。
 すると執事の連れてきた客人が


「執事さん、ありがとう。後はわたしがやるのでもとの業務に戻ってもらって構いませんよ」


 客人は執事に言うと、執事はお願いしますと一言言い、もとの業務に戻る。


「全く、闘将様がまさかの寝坊助さんとは。さてと、そいじゃ」


 ガチャ!
 ドアを開けてアルダスの部屋に入ると、客人は


「アルダス!いい加減に起きろ!もう夜だぞ、ダーラスの言ってた大事な戦い始まってるんじゃないのか?」


「んー、んーっあ。よく寝たー」


「よく寝たじゃないよ。もう夜だぞ、多分遅れてるぞ私ら」


「え、もう夜?そんな冗談はやめて・・・」


 アルダスは部屋の窓から外を見る。


「うお!マジで夜じゃねぇかよ!なんで今更起こしに来てるんだよ!」


「お前のスパルタな特訓のせいで私も起きたのはついさっきだよ!急いで準備して迎えにきてやったのになんなんだ君の態度は」


 アルダスの態度に腹を立てる弓道寺。


「うるさい、私のことをまだ闘将という貴様には強く言った方がいいだろう?そんなことより早く準備して向かうぞ」


 アルダスは急いで支度し、その間弓道寺は部屋の外で待つ。
 数分後ー


「よし、準備できた。早く行くぞ。俺たち完全に遅刻だろうぜ」


「多分そうだねー。急ごう!」


 アルダスと弓道寺は急いで屋敷を出て、ガイアラーの森の入り口前に向かおうとする。
 しかし、屋敷から出るとそこに1人の男がアルダスに声をかける。


「失礼。少しよろしいですか?」


「あ?誰だお前」


 アルダスが聞くと、男は


「私のことなどはどうでもよいのです。貴方は闘将、アルダス様でよろしいでしょうか?」


「違うな。今は闘将(仮)だ。名前はあっているぞ」


「左様ですか。でしたらアルダス様・・・」


 男の殺気を感じたのかアルダスは、近くで喋っていた男から距離をおく。


「おい、弓道寺。先に行け。私はこいつの相手をする」


「こいつって、アルダスの目の前にいるやつか」


「そうだ。どうやらこいつは俺に用があるらしい。だから先に行け」


 アルダスが言うと、弓道寺はアルダスに言う。


「・・・五体満足でこいよ」


「なぜそんな具体的なアドバイスかは知らないが出来るだけそうするさ。だから行け!」


 弓道寺はアルダスに言われると、ガイアラーの森、ダーラスたちのもとに向かい、アルダスは話しかけられた男の相手をすることになった。

「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く