話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

ガイリの単独潜入

「そんな、旦那が、旦那がアワルディア帝国に寝返ったなんか信じられない。俺は信じないぞ」


 ガイリはそう言いながらガイアラーの森を走り抜ける。
 この時、まだガイアラーの森には吸血鬼はおらず、理人たちもまだ森の中には入ってはいないときのことである。
 ガイリはアムライが敵に寝返ったことを知り、信じられないといいつつもアワルディア帝国に向かい真実を調べるため、ガイアラーの森をまっすぐ走り抜ける。


「キシャァァァァァ!」


 蛇のモンスターがガイリに襲いかかる。


「邪魔だ!」


 ガイリは異能力、岩を扱う能力を使い、片腕に拳を握りしめ、そこに岩をまとわせる。


「ロックパンチ!」


 ボゴォン!


「キシャァァァァァン!」


 蛇のモンスターは顔にロックパンチを直にくらい、そこで倒れる。
 ガイリは今一分一秒を無駄にしたくないために、倒れているのを見るとまだガイアラーの森を走り抜ける。


「はぁはぁ。もう少しでアワルディア帝国だ。待っててくれ旦那。もしも利用されているだけなら助けてみせる。それが俺があなたに返せる恩義だ」


 走り続けて、普通なら3日はかかる道のりを1日でアワルディア帝国城門までたどり着く。


「貴様怪しいやつ!何奴だ!」


 アワルディア帝国の帝都を前を警備していた護衛のものにガイリは聞かれる。


「お前みたいな小物に名乗っている時間はない!」


 岩の能力を使用する。


「ロックブラスト!」


 地面から土をくり抜き、それを岩に変え、反動をつけて、城門の護衛に岩の塊をぶつける。


「ぐ、ぐぴっ」


 城門に叩きつけられ、城門を護衛していた男は城門と岩の塊に潰され、肉体が地面に落ちる。


「な、なんだ!今外からすごい音がしたぞ!」


 ガタガタガタガタ!


 帝都の中からすごい足音が聞こえ始める。


「ちっ。わらわらと集まりやがて!うっとうしいんだよ!」


 城門が開かれる前にガイリは岩の塊を作り、城門が開いた瞬間、岩の塊を放つ!


「ロォークブラーストォ!」


 先程よりでかいロックブラストを放ち、帝国騎士たちは一気に帝都の中に吹っ飛んでいく。


「はぁはぁはぁ。城門は開いたし、攻めるならいまだな。はぁはぁ。しかし疲れたな。時間はないが少し休まないと。これでは旦那を救えない」


 ガイリが息を切らしながら独り言を帝都の中に入りつぶやいていると、奥から見える城の方から人が1人まっすぐこちらに向かって降りてくる。
 ガイリはその場で立って休憩しており、その男がこちらにまで完全に近づいてからアムライのことを聞こうとした。
 しかし、こちらに向かってくる男の顔を見て、


「な、何故お前までこちら側にいるんだ。テムルナ!」


 ガイリの前に現れたのは変わり果てたテムルナ・ガクであった。

「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く