話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

吸血鬼とヴラドリオ

「マリアルちゃん!ほらパパだよ?覚えていないのかい?」


 吸血鬼は「はぁ?」と思いながら聞くと


「私はマリアルなどと言う名前ではない!」


 吸血鬼は言うがヴラドリオは全く聞く耳を持たない


「かわいそうに。怖い目にあったからきっと一時的な記憶障害にでもなっているんだろ?そうしなきゃパパのこと忘れないよね?」


 抱きつこうとするヴラドリオに吸血鬼はイラつき


「気持ち悪いんだよ!いい加減にしやがれ!」


 杭をヴラドリオに向かって打ち込む。
 ヴラドリオは打ち込まれた杭を武器の薙刀槍で破壊する。


「マリアル!異能力が使えるようになったんだね!やはり我がバーラッシュ家に伝わる能力。杭の能力を等々使えるようになったんだね!」


 吸血鬼はバーラッシュ家と聞くとヴラドリオに尋ねる


「バーラッシュ?お前もバーラッシュの血筋のものか?」


「一から言わないとわからないかい?パパって言ってるんだからそうに決まってるだろ。ヴラドリオ・バーラッシュ。これで思い出したかい?」


 吸血鬼はヴラドリオの名を聞くと、歓喜し、ヴラドリオの身体まで近づく。


「そうか、バーラッシュの血筋なら話は早い、その身体いただくぞ!」


 そこまで吸血鬼は言い、ヴラドリオに襲いかかろうとするが、吸血鬼は急に頭を抑え始める。


「ぐ、ぐぬぉぉこ、こやつ。まだ意識が」


「ど、どうしたマリアルちゃん!」


 ヴラドリオは吸血鬼のもとまで近づこうとするが、吸血鬼は杭を地面に打ち込み、ヴラドリオに当たらないようにする。
 吸血鬼はさっきと違う様子で頭を抑えながら言う。


「と、とうさ、ん。に、にげ、て」


「マリアルちゃん!なんで!私はずっとお前だけを探してここまで来たのに。なぜ逃げなきゃ行けない!」


「それは嬉、しい、けどご、めん。今、私の、中には吸血鬼、とよば、れるまぞ、くが入って、いて、父さん、の身体、狙われてる、から早く、逃げて!」


「なぜ私の身体が狙われる?それに吸血鬼だって?そいつは大昔に滅んだはず・・・」


「いいから、早く逃げて!もう私じゃ抑えきれない!どうか遠くまで逃げて!こいつは、バーラッシュ家の祖先、魔族に魂を売ったやつだから!」


 そこまで言うとマリアルの意識はまた遠のき、吸血鬼の意識が表に出てくる。


「はぁはぁ。全く余計なことをベラベラと」


「お前、本当にマリアルじゃないのか?」


 吸血鬼は笑う。いまだに信じられないような顔でいたヴラドリオを見て大笑いしていた。


「はぁ笑えるよ。娘がせっかく逃げろと忠告してくれたのに。これじゃ娘さんが報われないな。なぁバーラッシュ」


 吸血鬼は言うとヴラドリオは薙刀槍を構える。


「マリアルから。うちの娘の身体から出て行け!」


「まぁまぁ。あんたの娘が少し頑張ってくれたんだから少しは待ちなよ。それよりなんで俺がお前の身体をもらおうとしたか、教えてやるよ。実は俺はバーラッシュの1番目の当主なんだよ」


 吸血鬼はヴラドリオに昔のことを喋り始めた。



「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く