話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

ダーラスのアムライ7監視任務

 ダーラスがアムライ7の監視をすることに決まったことで会議は幕を閉じた。


「待ってください。王!まだ他の国へと助力を頼む者を決めておりませぬよ!」


「構わない。それは私の方で手配するだから今回の決めたアムライ7の監視だけを行なってくれ。では私は執務に戻るので先に退出させていただく。では解散!」


 王は強制的に会議を終わらせ、会議室を出て行った。王の出て行った後の会議室では。


「アルダス。お前も大変だろうがしばらく耐えてくれ。きっと王はアムライの裏切りが結構こたえているらしいんだ。それにイナハルまで倒れていてわな。しばらくは王に整理の時間を与えてほしい」


「それぐらい俺だってわかっている。しかしあれ程までに親父の精鋭であるアムライ7を悪く言わないで欲しかったんだ。あいつらをかばう気はあまりないが少なくとも副リーダーのアルナラは皇国の為を思って行動してくれている。だからあまりみもしないで全否定しないで欲しいと、そう言いたかったのだが・・・。」


 ダーラスとアルダスは王のことを案じていた。   王は昔、アムライと共に旅をしたりした仲であったので裏切られたのが心底辛く、その分憤っていた。
 それによってアムライに仕えていたアムライ7のことも今までの功績などを無視してでも信用することができないでいた。


「一応私は王に命じられた通り、アムライ7の監視のためにお前の屋敷に行くが構わないか?」


「ああ。どうせ俺は今住んでいないしな。今住んでる理人にでも連れて行ってもらえばいいんじゃないか?」


「そうか。ならそうしようかな。アルダス、君は今王様に疑われているんだからあまりでしゃばらないようにね。君はこの皇国の武力でいえば最強なんだからね」


「了解」と言ってアルダスは会議室から出て行く。
 理人たちは・・・


「俺たちはどうするよガイ?下手をすれば俺たちも裏切り者扱いされるかもしれないぜ?」


「それはもう仕方ないよ。アムライ様が裏切ってしまったこは事実だからね。とりあえずアムライ7のアルナラ様やガイリ様、バーランは疑われないように俺たちで何とかしようぜ」


 理人はガイと今後のことを話す。
 カルナクとヴラドリオは・・・


「そうですか。ヴラドリオ様、とうとう皇国を去りますか。」


「ああ。アワルディア帝国に娘がいるかもしれないとわかった以上罠でも行くしかあるまいよ。それしか私には出来ぬからな。こんな私でも娘が助かるのならば命は惜しくない。そこでお前に頼みがあるのだが」


「何なりと、組織は違えど貴方には仕える程の義を感じています。貴方の命令になら信頼して実行できるので私にできることならば何でもご命じください」


 カルナクはヴラドリオに言う。
 ヴラドリオは娘がいるかもしれないであろうアワルディア帝国へ向かう決意をした。
 

「時間がある時でいいからある場所に訪れてある者を探して欲しい。」


 ヴラドリオはそっとカルナクに耳打ちをする。


「わかりました。時間ができたら必ず向かい、調べてみます。ヴラドリオ様どうか娘さんを無事に救えるよう祈っております。」


「ありがとう、ではな」


 そう言ってヴラドリオも会議室から立ち去る。
 会議室に残ったのはカルナク、理人、ガイ、ダーラスの4人だけとなった。

「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く