話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

チリン救出作戦

「いよいよこの時がきた。チリンを救出する時を!」


 柳はやる気じゅうぶんのように叫けぶ。


「まぁ計画とか言ってるわりには普通にダーランマとかがいない間にさらっていくだけなんだけどね」


 ゼネラルは計画が結構普通のものだと感じていた。


「仕方ないだろ。情報によれば今はダーランマ、そしてアワリオがいないらしいじゃないか。今しかチャンスはあるまいよ。しかし今ダーランマが城を開けているというのは本当なんだろうなゼネラル。」


「ああ。今日はアワリオと共に城下から西の方にある奴隷オークションに向かうと言っていた。それを聞いて私はいち早くアワリオの設置した監視の映像機を全て細工してその映像がもしも見られることのないようアワリオの研究室も細工してきた。これならばいけるさ」


 彼ら、柳とゼネラルはアワリオとダーランマが奴隷オークションへと向かった時、作戦を決行することにし、ゼネラルがほとんど一人で細工し、今まさに城の牢屋へと向かうところであった。


「ありがとなゼネラル。こんなほとんど一人で色々させちまってよ。」


「構わないさ。これからお前が一人で城に突っ込むのに比べれば、では最終確認と行こうか。お前が一人で牢屋へと突っ込み、私は帝国の入り口でお前と共にきた秋月チリンを連れてガイアラン近くまで護衛する。これでいいな。」


「ああ。バッチリだ。だがもしものことがあれば俺はチリンだけでも逃す。その時は頼むぞ」


「まぁそのもしものことがないように祈るよ。そしてこれは借りだからな。いつか返してもらうからな。死ぬなよ」


 そう言って、二人はダーランマたちが奴隷オークションに行っている間に秋月チリン救出作戦を決行することにした。






「さてと、あいつと別れてから今のところは順調だが、これだと逆に不気味だな」


 柳は城に攻め、牢屋へと最短ルートで向かっていたが何事もなく順調に進めていた為、逆に不気味に感じていた。


「いくらゼネラルが小細工したからといってこんなにも簡単にいくとは思ってなかったが・・・。まぁいい慎重に行こう」


 城の中から地下の牢屋への階段を下り、もう少しで牢屋に着くところで。


「アイス・ブラスト!」


 氷の塊が柳の下に降ってくる!


「何もんだ!私を誰だと心得る!私はダーランマ様に仕えているものだぞ」


「いいや。やはりアワリオ様は正しかったな。ダーランマ様がいない時に何かをしようとしているのはわかっていたからな。そんな奴がダーランマ様に仕えているとか言うもんじゃないぜ」


「いいから姿を見せやがれ!」


ヒュ!と音がし、柳の肩を見るとかすかに切り傷ができていた。


「あまり騒がらないでもらおう。君は帝国に必要なものを脱獄させようとしたんだ。それは忠義にあたいしない。ここで君を殺してあげるよ」


「一体どこから攻撃してやがるんだ。軌道がよめねぇ。」


「冥土の土産に教えてあげよう。我が名はダーランマ様の7将が1人、切り裂き隊隊長ベルナだ」



「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く