話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

復讐のパルディ

「くっ!貴様、我に武器を向ける意味がわかっているのか?皇国の王たる我に逆らう貴様はここで殺してくれる!大臣、貴様もだぞ」


 バイセンの攻撃をかわし、パルディは大臣とバイセンに言った。
 大臣はまだわかってないのかとあざ笑うかのようにパルディを見ていた。


「実はな、お前はここで死ぬというシナリオになっているんだよ。パルディ・ガイアラン王」


 パルディは大臣の言っている意味が分からず、狂ったのではないかと。そう思いたかったが、大臣は話を続け、バイセンは一度攻撃をやめ、大臣の隣でいつでも戦闘態勢に入れるよ姿勢でいた。


「パルディ王。私はこれでも一応皇国の大臣なんですよ。確信もできない勝ち方を私はしませんよ。あなたはもう我が皇国にはいりません。これからは新たな王として弟の方に立ち上がっていただきます!」


「ふざけるな!あいつにはまだ王は荷が重い。そんな勝手なことさせんぞ!」


 今度はパルディから構えていたバイセンに突っ込んだ。


「大臣殿。私は彼を倒すのではなく、捕えれば良いのですよね?」


「殺したいところだが、あいつは能力なしでも強いからな。だからどうにかして捕らえよバイセン!」


 バイセンは大臣の名に従い、パルディを捕らえようとする。


「はぁ?我を捕らえるなど愚の骨頂よ。なぜ時間の無駄だと分からぬ?大臣、お前は我と長く共に戦ってきたというのにそんなこともわからぬか?」


「はぁ?あんたこそ何回いったら分かるんだよ?私がそんなに間抜けかと思うか?イナハルならまだしも私はそこまで愚かではないよ。逆にお前こそ私の方を理解していないようだな」


 パルディは今の大臣の言葉に怒り、


「てめぇぇぇぇぇ!今日でクビだこのクソ大臣!今ぶっ殺してやるからそこ動くなや!」


 パルディは怒りのまま突っ込み、大臣を殺そうとしたが、そこにバイセンが入り。


「貴様さっきから邪魔なんだよ!雑魚は雑魚らしく消えやがれ!」


 パルディは大臣に向けて放つはずの拳をバイセンに放つ!バイセンはパルディの拳をまともにくらい、後方に吹き飛んだ。


「雑魚は寝ていればいいんだ。さて大臣今殺してやる。大丈夫だ、我からお前は戦死したと報告しておくよ。」


 パルディは拳を振り上げた。しかし、そこで謎の音がした。


「ジャリン!」


「!。何だこれは!」


 パルディは音のした方角、もとい振り上げた腕を見た。すると腕に何かが付着しており、それが謎の擬音を立てている。


「かはっ!あー痛かった。でもこれでお仕事終わったしこれでいいかな大臣?」


「終わったのなら早くしろ。このもと王はここに捨てていく。」


 パルディは「終わっただとぅ?」とバイセンに向かって振り向いた瞬間。


「拘束技・・・極縛り!」


 パルディの体は腕から中心に手に付着したチェーンのようなものが絡み付いていき、動けなかった。体全体がぐるぐる巻きであり、腕も強く縛られていて自慢の拳も使えないほどの状態だったら、


「これで動けまい。ではさらばだ王よ。私から王は討伐に行った際モンスターに食われたと報告しておくよ。いくぞバイセン」


 大臣は来た道を戻りガイアラン皇国に戻って行き、バイセンはついていく前に


「王様。その縛りは絶対ほどけないからね。誰かがその巻きついてるやつを破壊してくれるまでね。じゃぁ頑張って生きてね〜。バイバィ〜」


 バイセンも去っていく。


「おのれ!大臣、おのれバイセン・アクトー。この恨み忘れぬぞ。貴様らは我が絶対に殺してくれる!必ずだ!」


 パルディは縛られたまま放置され、数日後盗賊に見つかり、ガイアラン帝国に売られて、現在の管理場に入ることになった。

「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く