話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

管理場の新ルール

その頃、オークション開催を会場で待っていたダーランマたちは・・・


「もうそろそろ始まっても良い頃だと思うんだが・・・。いつまで私を待たせるつもりなんだ。まだ仕事がたくさんあるというのに」


 ダーランマはオークションが始まるのが遅いことにより、かなり怒っていた。それを見かねたアワリオは


「ダーランマ様、私が今オークションのスタッフにいつ始まるか聞いて来ますので少々お待ちください」


 アワリオはダーランマにそう言って、先程話していたスタッフのもとへ向かった。
 アワリオはスタッフを見つけると、


「おい、貴様。いつになったら奴隷オークションが始まるんだ」


 スタッフにそう聞いたアワリオだったが、よくわからないがスタッフは皆てんわやんわな状態になっており、アワリオの話を聞くものは誰もおらずにいた。


「おい、私を無視するんじゃない!」


 アワリオは1人のスタッフの肩を掴み、スタッフを呼び止めた。


「今大変な状態でお客様に構っている暇はないんです。申し訳ございません」


「大変な状態だと?興味があるな。どれ私に話してみないか?」


 オークションのスタッフは対応に困り少しでも人手が欲しくアワリオに今起きていることを説明した。


「今オークション会場に来るはずだった奴隷たちの反乱によって、奴隷管理場の管理人は殺されて、今その反乱の主犯格となったものが管理場を納めており、これにどう対応しようか迷ってしまっています。とりあえずはなにもしないわけにはいかないので我々の中で腕の立つものを管理場に向かわせようと考えているのです」


 アワリオはその奴隷管理場を乗っ取った主犯格に興味を持ったのかはわからないが。


「その案件、私とダーランマ様に任せてはもらえないかスタッフ!悪いようにはしないから。とりあえず何かあれば連絡するから」


 そう言ってスタッフたちの返答も聞かずにダーランマのもとへと戻ったアワリオ。


「おう。戻ったかアワリオ。で状況は?」


「ダーランマ様。そんなことより耳寄りな情報を手に入れて来ましたよ。」


「ふむ。では聞かせてもらおうか。それだけ自信満々に言うならばつまらぬことなら許さぬぞ」


 自信満々にダーランマにいい報告だと伝えたアワリオ。
 アワリオは余程いい情報を持って来たようである。


「はい。もしかしたらはやくも魔王様率いる7将の血を飲まれても大丈夫な方かもしれません。」


「それは楽しみだな。ならば報告よりそいつのもとへといこう。その方が手っ取り早く済むからな。スタッフには言ったのか?こちらで対処すると?」


「はい。簡単にですが。こちらで対処すると伝えたので。では参りましょう。奴隷管理場へと」


 ダーランマはアワリオの報告よりも先に、その7将の血を受け入れられるものに会いにいく為、管理場に向かうことにした。

「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く