話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

剛拳

「それでミンゴ。我に何用だ?また例の件についてか?」


「いやその件じゃないよ。別件さ、見てもらいたい奴がいるんだよ。それでイチに良かったら見てほしい」


 ミンゴはヨクについて、イチに説明した。冒険者としてそこそこだったこと。


「ふむふむ。そこそこか・・・。そいつを見て欲しいということだな。そして使えそうな奴ならあの計画にいれるのだな」


 ミンゴはイチの言葉に頷いた。


「それで、そいつはどこにいるんだ?早くしないと下手なこと喋ったりしてこれにやられちまうぜ」


 そう言って、イチは腕輪をさした。


「大丈夫だよ。腕輪の説明はしたから、後場所はいつものところだよ」


「了解だ」と言ってイチと呼ばれた男はミンゴとともにヨクがいるであろう場所に戻った。






 ヨクはミンゴに「待っていろ」と言われていたがただ待っているのは自分に合わない為、ミンゴを追ったが、ミンゴの後を追っていると不思議な感覚になった。


(なんだこれ?何か違和感を感じる。歩いているはずなのに全然進んでいないような。むしろ同じところに何度も辿り着いているような不思議な感覚。なんだこれ?)


 ヨクは不気味に感じたので素直にミンゴが来るのを待つことにした。






 やがてミンゴとイチはヨクのいる管理じょのある場所についた。


「お〜い。2人とも出てきてくれ」


 ミンゴがその場で呼ぶと、2人の男が現れた。


「よう。ナンバー12にナンバー80」


 ナンバー12と呼ばれた男はミンゴに報告した。


「大丈夫だ。変わりないよ、中にいるミンゴが連れてきた奴、ハチオの空間から出ようとしたけど気づいてないらしい。不気味がってはいたけど、なんかミンゴについてこうとしてたっぽいよ。見る限り」


「そうか。まぁ外部からの干渉がなくて良かった。もし俺たち4人の能力が使えることがバレるようなことがあれば抹殺しなければいけないからな」


「まぁ例え管理人が来ようとあいつくらいなら俺とハチオでどうにかなるさ。で中にいるあいつも計画にいれるのか?」


「そのつもりだよ」と言ったところでミンゴとハチオがしゃべっているのを1人遠くで見ている奴がいた。


「イチ。気づいたか?」


「ああ。今殺してくるからテンニ。空間用意しといてくれ」


 イチは走って、逃げた男を追いかけた。






 ミンゴたちの話をたまたま聞いて逃げている男はラッキーだと思っていた。


(奴らが何かを企ているならこれを報告すれば俺はオークションには必ず参加できる。なんとしてもこの情報を伝えないと・・・)


 男は後ろを見て誰も追ってきてないのを確認すると、前を見た。すると何かにぶつかった。


「いてぇな!気をつけろやボケ!」


 ぶつかったのは男よりでかい男で逃げていた男がそいつの顔を見るとなんとぶつかった男はイチだった。


「失せろ」


 パンッ!と顔面を拳で殴られて、逃げた男の顔面は木っ端微塵に消えていた。イチはその顔が無くなった男を背負って、ミンゴたちのもとに向かった。


「戻ったぞ。さぁハチオ空間を出せ」


 あっという間に片付けて死体を背負ってきてイチは言った。


「ほい」と言って、ハチオはイチの前に空間に繋がるの穴をだして、イチは死体をその穴へと放り込んだ。

「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く